恋のなやみに効くメディア

よく寝る人は若いし健康?よく寝るメリットと眠りの質を高める方法

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:よく寝る人は若いってホント?

睡眠不足は、美容の大敵と聞いたことはありませんか。実際に、十分な睡眠をとっている人は、健康で若々しくいられるという研究結果もあるそうで、睡眠は健康や美容と大きく関係していると考えられます。

2:大人がよく寝るメリット5つ

(1)疲労回復

たっぷりと寝ることで得られるメリットとして、まず挙げられるのが疲労回復です。疲れたら自ずと眠くなるように、人間の体は眠ることで疲労を回復するようにできています。

十分な睡眠をとっていないままだと、翌日まで疲労が残って頭がスッキリしなかったり体が怠かったり、何をするにもやる気が出ないといったことが起こります。

(2)代謝アップ

睡眠中は基礎代謝が活発になり、脂肪の燃焼をはじめ体にさまざまな効果をもたらします。睡眠が十分にとれていないと、こうした代謝がうまく行われなくなり、太りやすくなるなどのデメリットが生じます。

(3)肌荒れ改善

睡眠中は、傷ついた細胞を修復したり新しい細胞を作り出したりする作用が働きます。肌荒れや肌トラブルの改善はもちろんのこと、筋肉や骨、また、つやつやで健康な髪を作り出す働きも。美肌や美髪には睡眠が欠かせないということですね。

(4)ストレス解消

質のよい睡眠をとることで自律神経の働きが整うため、蓄積されたストレスが解消されます。疲労回復による肉体的なストレスの解消にもつながるので、体がリラックスし、毎日健やかに過ごすことができます。

(5)集中力・パフォーマンスの向上

睡眠不足でスッキリしないまま仕事に行くと、作業を効率よく進められなかったりミスが続いたりするもの。質のよい睡眠は、記憶力や集中力を高め、勉強や仕事のパフォーマンスを向上させてくれます。

3:寝つきが悪い人もこれでぐっすり!大人がよく寝る方法5つ

(1)眠りやすい環境をつくる

就寝前には脳をクールダウンさせ、眠りにつきやすい状態をつくることが大切です。それにはまず眠る環境が大切。寝る2〜3時間前はカフェインやお酒などを控え、さらに30分〜1時間前には部屋を薄暗くしておきます。

スマホやPC、できればテレビも消すなどし、強い光を発するものを控えましょう。

(2)眠りやすいパジャマ・ナイトウエアを着る

睡眠時の服装も非常に重要。睡眠中快適に眠れるよう、夏は通気性がよく肌触りのいいものを、冬は適度に保温性があり汗をかいても蒸れにくいものを選びましょう。

特に冬は、寒くて靴下をはいて寝たくなるものですが、足先が蒸れて不快感を感じると睡眠が妨げられてしまうこともあります。なので、通気性のいい天然素材の靴下をはく、事前に部屋と布団を温めておいて靴下を脱いでも寝られるようにするなどの工夫をしましょう。

(3)季節にあった寝具を使う

オールシーズン同じ寝具で寝ているという人はいませんか。季節や気温に合わせた寝具を使うことも大切です。

夏、汗をかいて不快に感じるならタオル地のシーツやパットを、タオルケットだけでは肌寒いと感じるなら夏でも肌かけ布団を使いましょう。冬は毛布を重ねるなどして、眠りやすいよう調整をしてくださいね。

(4)体を温める

体をリラックスさせて眠りやすくするには、体を温めることも効果的です。

温かいお湯(白湯)やノンカフェインのお茶を飲んで、体を内側から温めたり、お風呂に入ったあとポカポカした状態が失われないうちに布団に入ったりするのもいいでしょう。

(5)アロマや音楽などリラックス効果のあるアイテムを使う

精神的にリラックスできるアイテムは良質な睡眠の味方。リラックスできるアロマの香りで部屋を満たしたり、落ち着いた音楽をかけてみるのも方法です。

刺激になるほど香りが強かったり、大きな音で音楽をかけると逆に眠れなくなってしまうので注意してくださいね。

4:大人は“睡眠の質”にこだわって

若いうちは寝るだけで疲れがとれていましたが、大人はそうはいきません。ただ長く寝るだけでなく“質”にもこだわって、良質な睡眠を手に入れてください。

紹介してきたように、睡眠の質にこだわるだけで実生活のさまざまな面が整います。ぜひ、今日から意識してみてくださいね。