恋のなやみに効くメディア

自然消滅するまでの期間ってどのくらい?フェードアウトを阻止する方法も

林舞花

©gettyimages

目次

隠す

1:自然消滅の期間とは?

彼から連絡が来ない。まさか、このまま自然消滅……そんな不安を抱えた経験はありますか? 付き合っている恋人と連絡が取れない期間がどれくらいになると「自然消滅」だと思うのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~30代未婚女性143人を対象に「連絡が取れなくなる期間がどのくらいだと自然消滅であると思いますか?」と聞いてみました。結果は以下のとおりです。

1週間・・・13人

2週間・・・8人

1か月・・・60人

2か月・・・12人

3か月・・・18人

6か月・・・11人

それ以上・・・10人

自然消滅とされる期間には定義がなく、人それぞれであることは間違いありませんが、パートナーと1か月連絡が取れなくなると自然消滅と認定するというのが、多数派の意見でした。

2:彼氏が自然消滅したくなる理由5つ

(1)会いたいときに会えない

会いたいと思っているときに会えない状況が続いてしまったり、遠距離恋愛だったりすると、気付いたときには心の距離まで遠くなってしまっていることも。

連絡しても、「会えない」と言われることが何度か続くと、最初は寂しい気持ちになりますが、次第に諦め「会いたい」とも思わなくなってしまいます。そのうちなんとなく連絡もしなくなり、自然消滅に……。

(2)彼女が受け身で疲れる

デートに誘うのも、電話をかけるのも、LINEをするのも、全て自分から……。「なんでもいいよ」ばかりで完全に受け身な彼女に、だんだん男性側からアクションを起こすのが面倒になってきてしまいます。

女性は、男性からのアクションを待ってしまうことも多いですが、受け身でいすぎると、男性が疲れてしまうことも。

(3)喧嘩したままお互い謝れない

何気ない喧嘩だったはずが、どちらも相手が悪いと思っていたり、素直になれなかったりして、謝れない状況が続くと、「このまま自然消滅でもいいか」と投げやりになってしまうケースも。

男性は、話し合いが苦手な人が多いので、喧嘩のあとの修羅場が面倒で解決から逃げてしまうことがあります。

(4)好きな気持ちが実感できない

彼女の自分に対する好きな気持ちが実感できない、想いが伝わって来ないと、「もう冷めてきているのかな」と思ってしまう男性もいます。

女性のように「私のこと好き?」と聞きづらいのが男心。「好き」と日頃から口にするのは恥ずかしいかもしれませんが、そういった意思表示も、付き合って行くうえでは大事なのかもしれません。

(5)仕事が忙しい

単純に仕事が忙しく、気付けば彼女のことよりも仕事を頑張りたいという気持ちが勝ってしまい、自然消滅を考える人もいるようです。

男性は、仕事によって自分の価値を見出す人もいるので、仕事での目標や夢に向かって一生懸命になるがあまり、彼女にまで気が回らなくなってしまうことも……。あとから大切さに気付いた、なんて話もあるあるですよね。

3:自然消滅を阻止する方法5つ

(1)会いたいと言われたときは優先する

男性のほうから「会いたい」と言うのは、意外とハードルが高いので、彼からの「会いたい」に、出来る限り優先して答えられるように努力しましょう。

仕事が落ち着いた、彼女が恋しくなったなど、彼のタイミングを理解して対応できれば、その気持ちに彼も応えてくれるようになるはずです。

(2)積極的に行動する日を作る

いつも受け身でいるばかりにならないように、「次のデートは私が考えるね」「今日はこのお店でこれが食べたいんだけどどうかな?」と積極的に行動する日を作るのがオススメです。

デートプランを提案してみたり、電話をかけてみたり、なにげないことからでもOKです。

(3)喧嘩は放置しない

小さなことでも、喧嘩を放置すると話がこじれたり、気持ちが離れてしったりすることがあります。できる限り喧嘩は放置せず、その場で解決するようにしましょう。

たった一言「ごめんね」と言えるかどうかで、彼との未来が決まるなら、そんなに難しいことではないのではないでしょうか。喧嘩でまたひとつお互いを理解しあえて、距離が縮まればよいですよね。

(4)「好き」を伝える

四六時中好き好き言う必要はありませんが、彼が不安そうなときや、愛情を感じたいという仕草をしたときなど、きちんと「好き」を態度や言葉で伝えることが大切です。

「わかってくれてるはず」と思っていると、いつの間にかすれ違うこともありますよね。そうなって後悔するよりも、ちゃんと伝えたほうがお互いに安心できますよね。

(5)仕事やプライベートについて聞いておく

彼と会ったときに、お互いの仕事やプライベートについて話をし合うことが大切です。会えるタイミングや、友達との遊ぶ時間についてもなんとなく聞いておくことで、連絡頻度も調節できると思います。

どんな距離感で接していくのがベストなのか理解しておけば、自然消滅を回避できるのではないでしょうか。

4:自然消滅から復縁する方法3つ

(1)焦らずに待ちながら普通をアピール

連絡が来なくなったところで焦って何度も連絡すると、余計に避けられてしまうこともあります。

リスクはありますが、焦らずに待ってみることも大切です。ただじっと「待っている」と思われるのもよくないので、SNSで普通に過ごしている様子をアップしてみたり、LINEのアイコン写真を変えてみたりするのも手です。

さり気なく存在をアピールしておくと、考え直した彼から連絡が来るかもしれません。

(2)自分磨きに徹する

一旦「復縁したい」と考えて悩むのはお休みして、自分磨きに徹してみましょう。

ランニングを始めたり、家で筋トレをしてみたり、メイクやファッションを変えてみたり……彼が「手放さなければよかった」と思うような自分になって、それからもう一度彼にアプローチしてみるのもいいと思います。

マイナスなイメージを取っ払って、自分に自信をもって意識を変えてみることが大切です。

(3)友達感覚で近況を聞く

彼に会う機会があったら、「最近仕事はどう?」「元気だった?」と普通に接して近況を聞いてみましょう。自然消滅になったことや、連絡がとれなかったことについて突っ込むのはNGです。

LINEで「○○はどうだった?」など前に話していたことについて近況を聞いてみるのもいいですね。余計なことは語らずに、大人の対応を心がけてみましょう。彼も落ち着いたあなたにグッと惹かれるかもしれませんよ。

5:まとめ

男性が自然消滅を考えるのには、「彼女との距離が縮まっていない」「信頼関係がない」「想いが伝わらない」という理由が隠されているのではないでしょうか。

日々の連絡の取り方や、会う頻度、何気ない言葉からお互いの愛情を感じ取ることができるので、自然消滅になってしまう前に、そんな彼との日常当たり前のことひとつひとつを、いま一度大切にしてみては。