恋のなやみに効くメディア

既読スルーが脈なしとは限らない?既読無視の理由と脈なしの判断ポイント

林舞花

目次

隠す

1:既読スルーは脈なしだから?それとも…

送ったLINEが既読にならないと、ついついアレコレ考えすぎてしまい、やきもきしてしまうこともあるでしょう。「これってもしかして既読スルー?」なんて考えてしまうものです。

もしも好きな人から既読スルーされている場合、返事を待ったほうがいいのか、それとも何らかのアクションを起こすべきなのか、迷いますよね。そこで今回は、なぜ既読スルーしているのか、それはいったいどんな心理なのか、その核心に迫ります。

2:好きな人にも既読無視する?既読スルーする男女の理由3つ

(1)返信するのを忘れている

外出していて返信するのを忘れているだけだったり、仕事で忙しくてタイミングを逃してしまったりすることは、誰にでもありますよね。既読スルーしているという感覚はなく、無意識に返信を忘れているだけかもしれません。

また、「メールより電話派」という人は、ついついLINEの返信をおそろかにしがち。相手が好きな人でも、たとえ恋人からでも、後からふと返信していないことに気づいて「忘れてた!」なんていうことも。

(2)返信する内容を考えている

相手に気持ちがあればあるほど。適当な返信をしたくない、返信する内容を考えてから送りたい、と考える人もいます。

本当は今すぐにでも返信したい……。だけど「こんなことを送ったら嫌われるかも?」「今これを言っていいのかな?」と、相手に失礼がないかどうかを考えてLINEを送るのを躊躇すること、ありますよね。

直接顔を合わせてのやりとりとは違って、文章でのやりとりは誤解をうみやすいので、自分の気持ちがきちんと伝わるような返信をするために考えているのかもしれませんよ。

(3)返信を遅らせて相手の反応を知りたいから

好きな人からのLINEなら、今すぐにでも返信したくなりますが、それをグッとこらえて、あえて返信を遅らせるという人もいます。

返信を少し焦らして、相手からどんな反応がくるのか知りたいと思っているのかもしれません。「待ちきれずに電話して来ないかな?」と電話をかけてくるのを期待して既読スルーする人もいます。

この他にも『MENJOY』過去記事「好きな人から既読無視!既読スルーは脈なし?それとも駆け引き?」に、既読無視する男性心理について説明しているので、詳しく知りたい人はぜひ読んでみてください。

3:さっきまで返信が来ていたのに…急に既読スルーする男女の心理3つ

(1)駆け引きしている

男女ともに、最近では、LINEでの告白や、やりとりをしていくうちに親密になることが増えています。そんな中で、返信のスピードは駆け引きのひとつになります。

既読スルーされていることによって、「あ、この人のこと好きなんだ」と、初めて自分の気持ちに気づくこともありますよね。「既読しているはずなのに……」と相手を不安にさせることで、相手の恋愛感情が加速するのを待っているのです。

待つほうはちょっと寂しいかもしれません。ですが、待たせる側も慎重になっているからこその既読スルー、ということもあります。

(2)会話が完結したと思っている

例えば、話の流れで「この前の〇〇楽しかったね、また行こうね」「うん、ありがとう♪」というような当たり障りのない内容に、もう話が完結したと思って、そのあとの返信をしない人もいます。

「え、次のお誘いは?」と期待したり、「そこからが重要なのに!」とやきもきすると思いますが、相手からすると、それ以上返信する必要がないと思っているのです。しかし、他の話でまたLINEがくれば、返信はかえってくるでしょう。あまり深く気にする必要はないのかもしれません。

(3)返しづらい内容だったから

返しづらい質問をされたり、触れられたくない、またはそれ以上話す必要がないと判断した場合に、既読スルー……というパターンがあります。また「うん」「そうなんだ」という返事に、それ以上の話題が見つからずに返信しづらくなることも。

4:既読スルーからの返信はどういう意味?質問の返信は何日まで待つべき?

既読スルーされていたのに、しばらくして返信がきた。それって「どういう意味?」と気になることありますよね。

単純に返信したと思っていて送れていなかった、忘れていたということも考えられます。遅れたとしても返信しているわけですから、あまり深く追求したり、深読みしすぎないほうがいいかもしれません。

何か質問をしているのに、既読スルーされている場合は、答えにくいか、返信を考えている可能性があります。1週間待ってみて返信が来ない場合は、ほかの内容でLINEしてみるか、電話するなど別のツールを使ってコンタクトをとることをおすすめします。

5:既読スルーが脈なしかどうか判断するポイント3つ

(1)やりとりが淡白

既読スルーされる前のやりとりが、「へぇ」「いいね」などそっけなく淡白な場合、会話自体に興味がない場合があります。そのまま既読スルーされた場合、脈なしとみていいかもしれません。

「どうでもいい」「面倒くさい」とあまり相手のことを深く考えずに既読スルーしている人も多いので、よほどその人が好きで「諦めたくない!」というわけじゃなければ、そのままにして、他の人に切り替えましょう。

(2)心配してみる

既読スルーされていたことや、その前の質問ややりとりについて聞くのではなく、「何かあった?」「大丈夫?」と心配の言葉を入れてみましょう。

その上で、さらに既読スルーされたり、または「うん」などそっけなくされたりする場合は、脈なしと見なしていいでしょう。「ごめん遅れちゃって」「忙しかったんだ」と何か謝罪の意味を含めた返信がくる場合は、「寂しかった〜」「返信ないから心配したよ」とさりげなく気にかけていたことをアピールしておくのがいいかも。

(3)スタンプを送ってみる

「グスン」「しょぼん」など重めなスタンプよりも、「お疲れさま」などふと見たときに癒されるようなスタンプ、またはクスッと笑えるようなスタンプを1回だけ送って、様子を見る方法も。それでも既読スルーされたり、未読のまま何日も経ってしまったりするようなら脈なしかも。

スタンプが返ってきたら、そのまま返信を続けてみましょう。またやりとりが復活するかもしれません。スタンプでもしつこく送ると逆効果なので1回だけで、見極めるのがポイントです。

6:まとめ

忘れてしまっていたり、内容を考えていたり、困っていたり……と既読スルーの理由は必ずしもネガティブなことばかりではなさそうです。脈なしと判断する3つのポイントをふまえて、後悔のないように、アクションを起こしていきましょう。