恋のなやみに効くメディア

フェラが下手…どうすればいい?男が感じる方法と嫌いなときの対処法

桃倉ももM.Momokura

目次

隠す

1:私ってフェラチオ下手かも…

好きな人にお口エッチをしてあげるとき、ちゃんと気持ちいいと感じているのか、不安になるときはありませんか?。

まずは、どのくらいの女性が自分のお口エッチに悩んでいるか調べるために、『MENJOY』が独自に、20~30代の女性188名を対象にしたアンケート調査を実施。そこで「自分はお口エッチが下手だと思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

思う・・・112人(60%)

思わない・・・76人(40%)

なかなか普段は聞くことができない意識調査ですが、結果として、全体の6割近い人が自分のお口エッチに自信がない様子。では、どうしたらもっと上手になれるのか、その方法を見ていきましょう。

2:フェラチオが下手な原因3つ

まずは、お口エッチがどうもうまくいかない理由を探ってみましょう。

(1)力が強すぎる

お口エッチが下手な理由として多いのが、力の調整がうまくできていないこと。男性のアソコは女性が思う以上にデリケートなもので、少しの刺激で痛みを感じます。これくらいの力なら大丈夫と思っていても、男性にとっては痛いこともあります。

(2)口が小さい

口が小さい人というのは、お口エッチがやりづらいもの。なめるだけなら問題ないでしょうが、くわえるとなるとひと苦労。しかし口というのは、努力して大きくすることはできません。唇や手の使い方を工夫するなど、くわえる動作以外のところに注力しましょう。

(3)顎の筋肉が弱い

お口エッチというのは、顎の筋肉を使います。すぐに顎が疲れてしまい、思うようにいかないことも。スルメなどの固いものを噛むなどして、顎の筋肉を強めるように意識すると、多少は改善されるかもしれません。

3:フェラチオが上手くなる方法3つ

続いては、お口エッチが上手になる方法をいくつかご紹介します。自分に合う方法を探してみましょう。

(1)とにかく優しく

ポイントさえ押さえれば、少しの刺激であっても、男性にとっては敏感に感じることができるもの。逆に強い刺激を与えると、それは痛みを伴いかねません。慣れてくるとつい力を入れてしまいがちですが、相手の反応を見ながら力の調節を行いましょう。

(2)気持ちいいポイントを攻める

ただ何も考えずにするのではなく、相手がより感じやすい部位を見つけて、そこを集中的に攻めるようにしましょう。ポイントは人によって異なりますが、意識を集中すれば、反応でわかるもの。ちょっとしたSっ気を出して、開発するつもりでやってみてください。

(3)下のほうも触る

アソコ以外にも、タマのほうが性感帯である男性は少なくありません。なのでアソコとともに、下のほうを攻めるのもテクニックのひとつでしょう。ただし、ここも繊細な部分なので、強く握ったり引っ張ったりしないように気をつけてください。

4:フェラチオが嫌いなときの対処法3つ

お口エッチが苦手だという人も多いと思います。もしも嫌いな場合、どうしたらいいのでしょうか。

(1)お風呂の中で

アソコの臭いが気になって、お口エッチに前向きになれないという女性は多いはず。しかし本人に「臭い」というのはさすがに言いにくいもの。ならば、一緒にお風呂に入り、彼のアソコをきれいにしてあげてからなめてあげると、改善されるかもしれません。臭いが気になる人は自らお風呂に誘うのがおすすめです。

(2)なるべく口呼吸で

また、してあげている最中になるべく口呼吸をするという方法もあります。彼のアソコをくわえながら口呼吸をするのは大変かもしれませんが、慣れればできるようになるもの。口呼吸を意識するだけで、臭いだけではなく味覚も感じにくくなるのでおすすめです。

(3)お酒を飲みながら

どうしても苦手な人は、お酒を飲んで、感覚が鈍ったときに行為に及ぶのもいいでしょう。恥ずかしくて苦手だという人も、それで緩和される可能性も。ただし、飲みすぎた状態は、あまりおすすめできません。深くくわえることで気持ち悪くなることもあります。

5:まとめ

お口エッチに自信がない女性は多いようですね。しかしお口エッチが下手でも、それほど気にしなくても大丈夫だと筆者は思います。男性というのは、下手あっても頑張っている姿を愛おしいと感じるものですから。