恋のなやみに効くメディア

思わせぶりな女ってどこにでもいる!男を勘違いさせる行動や心理的背景

東城 ゆずY.Tojo

目次

隠す

1:気のある素振りをする女にモヤモヤ…

好きな人に好意を持ってもらいたくて、アプローチすることは自然なこと。しかし、それが不特定多数の男性に同じような態度とっていたなら、どう思うでしょうか。

しかもその行動ひとつひとつは、「思わせぶりにして、周囲を引っ掻き回してやろう」と意図的にやっているわけではなく、あくまでナチュラル。そのせいで殊更に批判もできず、さらにモヤモヤしてしまうということもあるでしょう。

2:職場にもいる!思わせぶりな女性の行動5つ

思わせぶりな女性は、意外とすぐそばにいるのかもしれません。彼女たちがとりがちな行動を紹介しましょう。

(1)女らしさを前面に出してくる

思わせぶり女にとって、自分のもつ「女らしさ」は大きな武器。例えば、男性の前で、わざと腕で胸を寄せたり、ヒップラインが見て取れるようなファッションをしたり、“女らしさ”をアピールします。男性からすれば、特別視されていると感じるでしょう。誘惑されているわけだから、「僕のこと好きなのかな?」と思わざるを得なくなります。

(2)ふたりで会いたがる

大勢ではなく、自分だけが遊びに誘われたなら、ついつい「気があるのかな」と勘違いしますよね。思わせぶりな女性ほど、男性が勝手に勘違いしてくれることをよく理解しています。だからこそ、何かと「ふたりで」という言葉を使って近づいてきます。他にも親しい男性がいるのに「ふたりで会いたい」と言い始めたら、注意が必要ですね。

(3)距離感がやたらに近い

親しくもないのに、近距離で話されると、不快感やプレッシャーを感じさせる可能性があります。ある程度の距離を保って会話をするのが、社会のマナー。しかし、思わせぶりな女性は、パーソナルスペースにもずんずん入ってきて、近距離で話しかけてくるもの。これは、距離の近さを周囲に見せつけて、親密さをアピールしている可能性があるからです。

(4)頼ってくる

自分を女として見てもらうために、相手のことを「男として見てる」とアピールしたがる女性もいます。「さすが男性だね!」など、何かと男らしさを褒めるような発言があったら警戒すべき。自分を異性として見てもらいたいからこそ、自分が「弱い女」であるイメージをうえつけたいのかもしれません。

(5)見て取れる特別扱い

他の男性にはお土産はないのに、自分だけお土産をもらったとすれば、多くの男性は「僕のことを特別扱いしてくれる」と思います。そんな様子を見かねて周囲も「〇〇君のこと好きなんじゃない?」と騒ぐでしょう。

そうすると、特別扱いされた男性は、勝手に交際する妄想をします。思わせぶりな女性が、周りを気にしないでアプローチをするのは、「自分は本当に好意がある」と男性に信じさせるためです。

3:男性を勘違いさせる女性の「思わせぶりな発言」3つ

「俺のこと好きなのかな?」と思わせることが上手な思わせぶりな女性の、決めゼリフともいえる発言をまとめてみました。

(1)「デートに行こうよ」

ふたりで飲みに行く程度は、同僚や友人関係でもよくあること。しかし、そこに「デート」という言葉を使うあたりが、思わせぶりな女の真骨頂。誘われた男性としても、「ただの飲みかと思ったらデートだった」という気持ちになり、ついつい意識してしまうことも……。

(2)「〇〇くんしかいないの」

単なる悩み相談であっても、「こんなことを相談できるの、○○くんしかいない」など言われたなら、男性は「守ってあげたい」と思ってしまうもの。このように特別感や限定感を感じさせるような言葉選びが、感が違い男子をたくさん生み出してしまうのです

(3)「好き」

思わせぶりな女性は、どうでもいい人に対しても、「好き」と言うくらいは、大したことがないというのが本音。もちろん「あなたのことが好き」といえば、それは思わせぶりではなくガチ告白ですが、「○○くんのそういうところ、好きだな」となれば、これは「LIKEなの? それともLOVE?」とついつい考えてしまうもの。

4:なぜ?その気もないのに思わせぶりな態度をとる女性心理5つ

その気もないのに、なぜ思わせぶりな態度をとるのでしょうか。女性の心理を見てみましょう。

(1)モテたいだけ

人から好かれるというのは、気分がいいものです。自分がモテると自覚している女性は、男性から好意をもたれることを一種のステータスかのように捉えている場合も。また、そういう環境に慣れてしまうと、逆に関心をもたれなくなるのが怖くなり、思わせぶりな態度がエスカレートするケースも。

(2)気分屋

思わせぶりな女性ほど、自分がそのような行動をしていることに自覚がない場合もあります。その日によって気分が変わる、気分屋タイプなのかもしれません。気分次第で「今度デートしよっか」などと誘い出すくせに、翌日になると心変わりをすることも……。

(3)飽きっぽい

本当に相手のことが気になっていて、アプローチをしている可能性もありますが、一方で飽きっぽいところがあるのかもしれません。。その都度、本当に恋をしているつもりでも、少しでも嫌な一面を見てしまうと心変わりしてしまう、そんな恋多き乙女なところが、思わせぶりキャラを生んでいるのかも……。

(4)八方美人

誰かに評価されることによって自分の存在意義を見出している人は、人に嫌われるのを恐れるもの。そのため、自分にネガティブな感情を抱かれたくないという心理が、ついつい調子のいい行動に出てしまっているという可能性があります。

(5)ゲーム感覚で楽しんでいる

恋愛をゲーム感覚で捉えている人もいるでしょう。例えば、誰もが認めるイケメンのハートを射止めたとなれば、少なからず周囲に自慢できます。本当に好きじゃないくせにアプローチをして、恋に落ちるかどうかのスリルを味わっている可能性も。目的は「恋に落ちてもらうこと」なので、相手がその気になったら興味がなくなります。

5:「思わせぶり」はやりすぎ注意!

中途半端な気持ちで、人の心を弄ぶのは、恋愛においては大きなマナー違反。たったひと言の思わせぶりな発言を真摯に受け止め、真剣に悩んでしまうような真面目な男性もいるかもしれません。

上っ面の「好き」という言葉や、広く浅く求められる愛情より、相手を大切に思う気持ちを大事にできる女性でいたいものですね。