恋のなやみに効くメディア

大人の色気とは?年を重ねるごとにモテる大人の女性の特徴

椿 もにか

目次

隠す

1:大人の色気とは?

「色気」を辞書で調べてみると、下記のとおりです。

いろけ【色気】

1 色の加減。色の調子。色合い。「青の色気が薄い」

2 異性に対する関心や欲求。色情。「色気がつく」

3 人をひきつける性的魅力。「色気たっぷりの目つき」

4 愛嬌(あいきょう)。愛想。おもしろみ。風情。「色気のないあいさつ」

5 女性の存在。女っ気。「色気抜きの宴席」

6 社会的地位などに対する興味・関心。「大臣の椅子に色気を示す」

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ここで取り上げる色気とは、3の「人をひきつける性的魅力」。つまり、「大人の色気」とは、女性らしさを意識した、大人ならではの魅力のこと。そのように定義して、まずは特徴からみていきましょう。

2:落ち着きがポイント?色気のある大人の女性の特徴5つ

(1)ツヤと光沢感がたっぷりなメイク

色気のある女性になるためには、人の印象を大きく左右するメイクで、「なんだか色っぽいな」と思わせることが近道。アイシャドウをパール感のあるものにしたり、ファンデーションやハイライト、リップなどを選ぶ際に、ツヤ感を意識したりするようにしましょう。

大きな粒のラメを使うとゴージャスにはなりますが、品がない印象を与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

(2)サラサラとなびく暗髪ヘア

大人の色気をアピールするには、派手な色のヘアスタイルは避けたほうが無難です。大人っぽい印象とセクシーな印象を同時につけたい場合のキーワードは「しっとり暗髪」。暗めのカラーで、カールをする際も細めのコテではなく、できれば、32mm以上の大きめのカールができるコテを選ぶようにするといいでしょう。

ワックスはオイルタイプのものを使い、ほどよい濡れ感を演出するのがポイント。また枝毛や切れ毛のないように、丁寧にヘアケアすることも忘れずに。

(3)ふんわりと女性らしい体型

色気と聞くと、大抵の人はやはり「スタイルの良さ」をイメージしますよね。まさに女性らしいスタイルは、大人の色気の代名詞といえるでしょう。

余分な肉がなく、すらっとしているモデル体型や、引き締まったアスリート体型も魅力的ですが、色っぽい印象を与えたい場合は、「抱きしめたら気持ち良さそう(=太ってはないけど、ほどよい肉付き)」を意識して、体づくりをすることをおすすめします。

(4)清潔感といい女感の出る香り

人間の五感のひとつ、嗅覚。恋愛の世界では、「においが気になるようになったら、その関係は長く続かない」と言われるほど、人間の生理的な反応に深く関わる重要な感覚です。

逆にいえば、香りを利用すれば印象をつけやすくなるということ。まずは「清潔感」を意識して、さらに、男性人気の高いシャンプーや万人ウケするムスクの香りから挑戦してみるといいでしょう。ただ、強い香りが苦手な男性も多いので、つけすぎには気をつけましょう。

(5)ゆっくりとした話し方・仕草

すぐに外見を変えるのが難しいという人は、まず話し方や仕草から意識するようにしましょう。例えば、色っぽいイメージの芸能人を思い浮かべてみてください。彼女たちの話し方や仕草は、多くの場合、ゆったりとして余裕がありますよね。

早口で、まくしたてるように話してしまいがちな人や、慌てておっちょこちょいな行動を取ってしまいやすい人は、いつもよりゆっくりを意識して。それだけで、大人の色気に一歩近づけるはずです。

3:季節別・大人の色気コーデ

(1)春の大人の色気コーデ「透けON透け」

この投稿をInstagramで見る

Lily Brown/リリー ブラウン(@lily_brown_official)がシェアした投稿

この時期にしか挑戦できないのが、上下シースルーアイテムで合わせる透けON透けコーデです。シースルーのアイテムは、合わせるインナーによって全体の印象も変えやすく、大人の落ち着きと色気を手軽に演出できるアイテム。まずは、白やピンクなどの定番カラーからトライしてみましょう。

(2)夏の大人の色気コーデ「品良く背中見せ」

この投稿をInstagramで見る

SNIDEL/スナイデル(@snidel_official)がシェアした投稿

「大人の色気」コーデを目指すなら、「夏は無条件に露出!」の精神を捨てて、いかに品よく色っぽい雰囲気を作り出せるかを考えるようにしましょう。

おすすめは、全体的には露出が少なくて背中だけチラ見せできるアイテム。胸や足と違い、背中であれば、カーディガンでカバーすることもできます。TPOに合わせてコーデを楽しみたい女性にもぴったりです♡

(3)秋の大人の色気コーデ「ツヤ生地で勝負♡」

この投稿をInstagramで見る

Apuweiser-riche OFFICIAL(@apuweiser_official)がシェアした投稿

秋に近づくにつれ、露出を控えめにした落ち着きのあるコーデが主流になってきます。一度肌見せはお休みして、「生地」で勝負してみるのはいかがでしょうか。サテン生地やとろみのあるやわらかい生地は、女性らしい落ち着いた色気を演出しやすいアイテムです。

ただ全身サテン生地だと、パジャマのように見えてしまうこともあるので、写真のように一部使いに留めておくといいでしょう。

(4)冬の大人の色気コーデ「ニットアイテム×チラ肌」

この投稿をInstagramで見る

REDYAZEL(レディアゼル)(@redyazel)がシェアした投稿

男女関わらず、人間はギャップに惹かれる生き物ですよね。肌を守り、暖かい格好をする冬に少しの露出をプラスすることで、意外性のあるセクシーさをつくり出すことができます♡

ただ、露出しすぎると単に「寒そうな人」に見えてしまう可能性もあるので要注意。ニットコーデに鎖骨見せなど、控えめな肌の露出にすれば、大人の色気を引き立ててくれるでしょう。

5:まとめ

大人の色気を身につけたい場合は、外見や仕草、服装など総じて極端にやりすぎず、「ほんのりと色気を仕込む」意識が大切です。すぐに挑戦できるコツや心得もあるので、今日から色気のある大人の女性の仲間入りをしてしまいましょう♡