恋のなやみに効くメディア

彼氏との別れ方の正解はコレ!みんなの別れたい瞬間と上手な別れ方

EmaEma

目次

隠す

1:彼氏に別れたいと言えない…経験ある?

付き合っている彼氏と別れたいと思っていても、情が残っていたり、まだ相手のことは好きだけど裏切られてしまったり、ケンカばかりでうまくいかなくなってしまったりなどで、別れたいとなかなか言えないのもよく聞く話。

では実際に、そんな経験をした人はどれくらいいるのでしょうか。そこで今回『MENJOY』では、20〜30代の女性318名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「恋人と別れたいのに言えなかった経験はありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・ 138人(43%)

ない・・・ 180人(57%)

「ない」と答えた人の割合が多かったものの、その差はわずか。お互いの性格にもよるでしょうし、付き合っている長さや別れたい原因など、ケースバイケースというのが実情でしょう。

2:理由がないときも…彼氏と別れたいと思う瞬間5つ

では、どんなときに別れたいと思うのか、その分析から始めていきましょう。話を聞いてきました。

(1)周囲と自分を比べてしまうとき

「彼氏のことは大好きだし、いい関係を築いているのですが、いかんせんお金がない……。ときどきインスタで、友達が素敵なプレゼントをもらって誕生日を祝ってもらってるのとかを見ると、もっといい人いるのかなとと、ふと思う瞬間があります」(Mさん・24歳女性/飲食業)

(2)平凡すぎる日々

「彼氏と同棲して2年。ケンカもないけど、大好きな時期も過ぎ去り、すっかり家族のような存在に。空気のようで、いてもいなくても、そんなに変わらない。なのに、何で一緒にいるんだろう? このままで本当にいいのかなぁって思うときがあります」(Uさん・26歳女性/会社員)

(3)結婚してくれない

「周りの子はどんどん結婚してるのに、私の彼氏は全然結婚したい意思が見えません。何度か聞いてみましたが、あと5年は結婚する気はないと言われてしまいました。それでも、彼のことが好きだから別れないでいますが、やっぱり結婚したい……」(Kさん・28歳女性/航空関係)

(4)だらしないなと感じるとき

「彼氏が飲みに行って帰ってこない日や、やけに散財しているのを目にした日は、この人と一緒にいても幸せにはなれないと感じます。早く別れて幸せな恋愛をしたいと心から思いますね。でも、数日後にはやっぱり彼と一緒にいたい気持ちが勝ってしまいます」(Yさん・24歳女性/美容関係)

(5)存在が嫌になるとき

「私はもっと外でデートしたり、カップルっぽいことをしたりしたいのに、彼はめっきりインドア派で……。一緒に家にいるときにだらーっとテレビを観ている姿を見ると、存在自体が嫌になるときがありますね」(Sさん・26歳女性/会社員)

3:上手に別れるには?大人の別れ方3つ

(1)感情的より論理的に

相手に別れたいという意思を伝えたとしても、理解してくれなかったり、感情的になったりして、思ったような会話が成立できるとは限りません。論理的に淡々と話をすることが大切です。

(2)相手の気持ちも言葉にする

自分の気持ちだけを一方的に伝えるのではなく、「あなたはこう思っているかもしれないけど、私はこう思っているの」というように、わかりきっていることだとしても、相手の気持ちをあらためて言葉にしてあげると、相手も冷静に話ができます。

(3)未練があっても表に出さない

相手に対して未練があると、それが会話の節々に出てしまうことも。別れをこちらから切り出す場合、別れをする決心がついているのはこちらだけ。そんな状態だからこそ、相手に少しでも可能性があるように見せてしまうのは酷。未練があっても、それを表に出さないようにしましょう。

4:女性が彼氏と別れたいときに出すサイン3つ

(1)連絡のペースが減る

だんだんとフェードアウトをしていくために、自然と連絡のペースは減りってくるもの。これは、「日常にこれ以上入りこんでこないでください」という気持ちの表れといえるでしょう。

(2)顔をあまり見なくなる

別れたいとき、相手の顔をあまり見なくなったり、目を合わせなかったりすることも多いようです。それは後ろめたい気持ちからなのか、それくらい嫌いになってしまったのか、状況はそれぞれでしょう。

(3)他の人と一緒にいる時間が楽しそう

彼氏に気持ちがなくなれば、これまでのような幸せな時間を送ることはできません。彼氏がいないほうが、充実していて楽しいという事態に。そうなってしまったら、彼氏の出番はもうなくなってしまったということです。

5:長く付き合った彼氏と別れたいときの注意点

長く付き合っていた彼氏と別れたいときは、その長い時間をネガティブに捉えないことが大切。今は「別れ」という選択肢に向かっているけれど、それでも一度は好き同士で、お互いが幸せな時間を一緒に過ごしたことのある関係です。なので、そのことを思い出し、感謝の気持ちで別れられるのが理想的です。

6:まとめ

どれくらいの期間付き合ったにしろ、大好きな彼との別れはとってもつらいもの。それは恋人関係に限らず、夫婦関係にもいえること。どうせつらい思いをするのであれば、せめて良い形で終われるように、なるべくいい別れ方を選択したいものですよね。