恋のなやみに効くメディア

ジムに出会いはある?気になる人にアプローチする方法

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:スポーツジムで出会いはある?

ジムに通っている人は、そもそも見た目に対する意識が高い人が多いですし、筋トレ好きな人は、筋トレ好きな人を好むという傾向も。つまり、そんな人たちが集うスポーツジムは、そもそも「お互いに“タイプ”な男女が多い」場所といえるのではないでしょうか。

とはいえ、基本的に「自分と向き合う場所」ですから、出会ってもその先に進むかどうかは謎ですよね。

そこで今回『MENJOY』では、スポーツジムに通ったことのある20~40代の男女176名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「スポーツジムで、異性との出会いを経験したことがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・50人(28%)

ない・・・126人(72%)

「ない」と答えた人が多数ながら、約3割の人は、何かしらの「出会い」を経験したことがあるようです。ということは、意外とチャンスはあるのかもしれませんね。

2:出会いの場としてジムはおすすめ?スポーツジム利用者の体験談5つ

スポーツジムを利用したことのある人に話を聞いてみました。

(1)プログラムによる

「筋トレやランニングなどのマシン系の場合、基本はひとりで黙々とトレーニングをしているので、いきなり声をかけるのは難しいです。あるとすれば、勤めている会社の近くにあるジムなどで、たまたま顔だけ知っているという人に会ったときに声をかけて……というケースかな。また、トレーニングの後、ちょっと1杯飲もうと入った店に、ジムで見かけた人がいて、軽く話しかける……みたいなこともありえます。

僕の場合、ヨガとかダンスとかのスタジオ系で、毎回同じクラスで会うことをきっかけに、クラスの前後に話すようになった……というのはあります」(Wさん・29歳男性/会社員)

(2)相手のスタンスによる

「スポーツジムとかにありがちなのが、お客さんの層の違いです。例えば、ガチで筋トレをやってる人は、もう出会いとか関係なく、いかにストイックに自分を追い込めるか、昨日の自分よりも成長できるかを目的にしているので、そういう人と仲良くなるには、自分もガチ勢の仲間入りをするしかありません。そして、筋肉の話をきっかけにして、少しづつ距離を縮めていくんです。

でも、そうじゃない人もけっこういて。そういう人は社交的だったりで、仲良くなりやすいと思います。特に初心者の人は、ジム内で心細い思いをしているので、声をかけてあげると割と仲良くなれますよ」(Tさん・32歳男性/インストラクター)

(3)インストラクターとの出会い

「知り合いに、スポーツジムのインストラクターと付き合った人がいます。でも、基本的にお客さんとの交際はダメっていうジムが多くて、公に交際はできないようです。

だから、そのルールを守って、お客さんとは付き合わないってインストラクターも多いみたい。もしもイケメンのインストラクターとの出会いを求めている人は、大手ジムはやめたほうがいいかもしれませんね」(Rさん・27歳女性/接客・販売)

(4)長期的に通うこと

「1か月や2か月通ったくらいでは、恋人はできないと思います。でも、2年くらい定期的に通っていると、店員さんとも仲良くなるし、常連のお客さんとも自然と仲良くなる……。だから、いかに長く通うかっていうのが重要だと思いますね。

あと、ジムの年齢層って意外と高いんですよ。30代以上が多いですし、いちばん多いのは暇なおばちゃんとおじいちゃん。そういう意味では、出会いを期待してジムに行くのはおすすめしません。お金を無駄にして終わると思います。

でも週に数回の頻度で通って、長く利用していると、たまに同世代の人に会えたりもして。そうすると、わりとすぐに仲良くなれます。年齢が近いってだけで仲間意識が生まれるんです。効率的に恋人を作りたいなら、合コンなどをしたほうがよっぽどいいですけど、真面目に通ってその副作用として恋人ができたらいいな~、くらいならちょうどいいのかも」(Wさん・26歳男性/システムエンジニア)

(5)結婚した人が何人もいる

「自分はクライミングジムでスタッフをしているんですけど、ジムで出会って付き合い始めたって人はけっこういますね。結婚したっていう人も、自分が知るだけで8組くらいいます。

クライミングジムって男性が多いから、女性が通い始めると、みんなが声をかけるんですよ。“そこはこうやって登るんだよ”的なアドバイスをして、自然に仲良くなります。

会員になって通い始めると、みんなで小さな大会に参加したり、夏にはバーベキューしたり、忘年会の飲み会が開催されたりして、イベントもけっこう多いです。あと、狭い業界だから、スタッフとお客さんが付き合い始めるパターンもありますね」(Tさん・32歳男性/インストラクター)

3:気になる人にはこう接する!ジムで気になる男性にアプローチする方法3つ

今度は、ジムで気になる人がいる場合のアプローチ方法をご紹介します。

(1)曜日を確認する

まずは気になる人が通う曜日を確認しましょう。1週間でルーティン化してジムに通っている人は多いです。例えば、月、水、金の20時とか。何曜日の何時の時間帯にはいるというのを把握して、その時間に通うんです。ちなみに、土日にジムにいる人は、恋人がいない可能性が割と高いかもしれません。

(2)挨拶をする

挨拶をするのは重要。コミュニケーションの入り口なので、スタッフや常連さん、気になる人に積極的に挨拶していきましょう。逆に挨拶をしない人は、黙々とトレーニングをしたい人と判断できます。「話しかけるな」というオーラが出ているかもしれません。そういう人には、「この器具ってどうやって使うんですか?」とか、「コツとかありますか?」というような感じで話しかけましょう。

何かしらの目的があって話しかけると、相手も警戒せず、仲良くなりやすいです。特に筋トレはフォームが重要なので、きっちりと教えてもらってください。

(3)雑談をしかける

気になる人と仲良くなれたら、雑談をするようにしましょう。「ジムにはどれくらいの頻度で来てるんですか?」や「何か他にスポーツされてるんですか?」など……。

ポイントは「お疲れさまです」や「こんにちは」など、挨拶から入ること。最初は1分程度の雑談を毎回行っていきましょう。それからしばらくしたら、「同じ世代の人がいないので、仲良くしてもらえると助かります」といった感じで、連絡先を交換する流れに持っていくことをおすすめします。

4:出会いを無駄にしない!ジムで気になる女性にアプローチする方法3つ

今度は気になる女性にアプローチする方法をご紹介します。

(1)さりげない挨拶を続ける

女性は警戒心が強いので、いきなり馴れ馴れしく話しかけても引かれてしまいます。なので、「こんばんは」とか「お疲れさまです」といった感じでさり気なく挨拶を行っていきましょう。これを1か月くらいずっと行っていくと、相手も警戒心を解いて、挨拶を返してくれるようになります。そうなるまで挨拶を続けることが大切です。

(2)アドバイス

挨拶を自然とできるようになったら、今度は話しかけてみましょう。男性の場合でもアプローチ方法はあまり変わりません。しかし、女性は、分からないことを聞くコミュニケーションだったのに対して、男性は教えるコミュニケーションが基本となります。

そのため、最初はアドバイスを行うような感じで接していきましょう。大切なことは、上から目線にならないようにすること。例えば、「よくトレーニングされていますよね。でも、そこはこうしたほうがもっといいですよ」といった感じです。

(3)デートに誘う

挨拶ができて、アドバイスを行うことができて、そしてそれを快く受け止めてもらえているという手応えがあったら、今度は雑談です。「スポーツされていたんですか?」とか、「よく来れられるんですか?」といった普通の会話をして、仲良くなっていきましょう。

女性からも雑談をしてくるような関係になったら、「今度、ご飯にでもいきませんか?」と言って、連絡先を交換してみてください。

5:出会い厨に要注意!初めてスポーツジムに通う若い女性の心得

初めてジムに通おうと思うと、いろいろと心配になることがあるでしょう。そこで、若い女性に対する心得を聞いてきました。

ジムのインストラクターをしていると、出会いを目的にジムを利用している男性を見かけることがあります。そういうお客さんもジム側からすると大切なお客さんのひとり。ですが、女性側からすると迷惑なこともあるでしょう。

トレーニングに集中したいのに粘着されるようでしたら、店員さんに「すみません」と声をかけて助けを求めてください。お客さんが注意するとお客さん同士でトラブルになってしまう危険性があるので、お店の人に事情を話して間に入ってもらいましょう。

6:まとめ

良くも悪くもジムでの出会いはあるようです。しかし、必ずしもいい出会いとは限りません。いい出会いがあったらラッキーくらいの気持ちで通うことをおすすめします。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。