恋のなやみに効くメディア

洗顔の回数の正解は?男女に「1日何回洗顔しますか」と聞いてみた

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:男女に聞く!あなたの洗顔の回数は?

いきなりですが、みなさんは、1日に何回くらい洗顔をしていますか? また、他の人が1日にどのくらい洗顔をしているか気になりませんか。そこで今回『MENJOY』では、男性476名、女性394名に、「1日の洗顔回数」についてアンケートを実施しました。

結果は以下のとおりです。

【男性】

1回・・・127人(32%)

2回・・・251人(64%)

3回・・・10人(3%)

それ以上・・・6人(1%)

【女性】

1回・・・240人(50%)

2回・・・200人(42%)

3回・・・22人(5%)

それ以上・・・14人(3%)

男性の6割以上が1日2回洗顔しているのに対し、女性は1回と2回の人がほぼ同じ数になりました。男性が朝晩の洗顔を習慣にしているのに対して、女性は洗いすぎで突っ張ることなどを懸念しているのかもしれません。

2:ニキビがあるときの洗顔の回数は?

ニキビができたときは、洗顔で皮脂や汚れを洗い落とし、肌を清潔に保つことが必要です。しかし、皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビに対して、大人ニキビの主な原因は乾燥や潤い不足。そのため、洗いすぎにも注意が必要です。

洗顔回数は?

洗顔回数は朝晩2回が基本。必要以上に洗顔をすると、肌に必要な潤いまで洗い流してしまい、かえってニキビが増えたり悪化したりすることも。一方で洗顔回数が少ないと、肌表面の汚れや老廃物によって雑菌が増え、こちらもニキビが増える原因となります。

洗顔料はどんなものがいい?

洗顔回数以上に気をつけたいのが洗顔料の成分。ニキビなどの肌トラブルを抱えている場合は、肌への刺激となるような成分の含まれていないものを選び、モコモコの泡で肌全体を優しくなでるように洗います。

洗浄力の強いものやスクラブ入りの洗顔料などは、肌への刺激となり、バリア機能を低下させてしまうこともあります。マイルドな洗浄力の洗顔料を使うことがベストです。

3:オイリー肌におすすめの洗顔の回数は?

脂っぽさが気になるオイリー肌さんも、実は乾燥が原因で皮脂が多く分泌されている可能性があります。

オイリー肌の原因は?

肌を保護するために、適度な皮脂を分泌する機能があります。しかし、何らかの原因で肌が乾燥すると、肌を守るために過剰に皮脂を分泌してしまいます。

しかし、皮脂が多い原因が乾燥にあることに気づかずに、洗浄力の高い洗顔料で頻繁に洗い流したり、さっぱりタイプのスキンケアを使用し続けていたりすると、肌の乾燥がますます進んで皮脂が過剰に分泌され続ける……といった悪循環に。まずは「オイリー肌=皮脂を取り除く」という考えを一旦捨てて、適度な保湿を心がけましょう。

洗顔回数は?

皮脂でベタベタすると不快感もあるかもしれませんが、適正な洗顔回数は、メイクを落としたあとと朝起きたときの1日2回。あまりにもベタベタしている場合や汗をかいたときは、朝晩の洗顔に加え、もう1回くらい洗顔をしてもOKです。

熱いお湯で洗い流すとさっぱりはしますが、体温より高い温度のお湯は必要な皮脂も溶かし、流れてしまいます。洗顔時のお湯の温度は、人肌程度のぬるま湯がベスト。お湯や水だけの洗顔では汚れを十分に落としきれないので、必ず洗顔料を使った洗顔を行うようにしてください。

4:乾燥肌におすすめの洗顔の回数は?

乾燥肌さんの洗顔にも、注意が必要です。洗顔を頻繁に行うと、肌に必要な潤いまで洗い流してしまい、乾燥が悪化する恐れがあります。かといって洗顔が少ないと、汚れや老廃物が肌に残って新たな肌トラブルの原因にもなってしまうことも。

洗顔回数は?

乾燥肌さんの洗顔回数は、オイリー肌やニキビ肌と同様、朝晩2回が基本です。朝は寝ている間に肌に付着した汚れや皮脂を落とすため、夜はメイク汚れや肌に残ったクレンジング剤を洗い流すためです。それ以上の洗顔は、肌の乾燥を悪化させてしまうので控えましょう。

おすすめの洗顔料

洗顔料には汚れを落としやすくする働きのある「界面活性剤」が含まれていますが、フォームタイプの洗顔料には、汚れを効率よく落とす目的や油分と水分を混ぜてペースト状にしておくために、化学的に生成された「合成界面活性剤」が含まれているケースも。

この合成界面活性剤の入った洗顔料を使い続けると、肌のバリア機能を低下させてしまうため、乾燥や肌トラブルが悪化する原因になります。おすすめは固形洗顔。シンプルな成分でつくられ、固形洗顔に含まれる界面活性剤は天然由来のものが多いので、合成界面活性剤に比べて肌への刺激がマイルドです。

5:洗顔回数や洗顔方法を見直して!

なぜか肌の調子が良くない、肌に合ったスキンケアアイテムを使っているはずなのにトラブルがある。そんな人は洗顔の方法を見直してみましょう。

スキンケアの基本である洗顔を正しく行えば、次に使うアイテムの効果も高まり、肌をよりきれいに保つことができますよ!