恋のなやみに効くメディア

エロいLINEに興味あり!彼氏をLINEエッチに誘導する方法と気を付けること

桃倉ももM.Momokura

目次

隠す

1:エロいLINEのやり方がわからない

エロいLINEのやりとりしたことはありますか? ひとりで寂しい夜などに、恋人とエッチなLINEができたら心身共に満たされて、ぐっすり眠れることでしょう。

新型コロナウイルス感染予防のための緊急事態宣言は解除されたものの、恋人と会うのにも慎重にならざるを得ない今。エッチなLINEは、恋人同士の重要なコミュニケーションになっています。相手からのお誘いもジュワッとしますが、女子からエッチなLINEに誘ったっていいんです。

ということで今回は、どのくらいの恋人同士がエッチなLINEをしているのか、またどのようにエッチなLINEへ繋がる雰囲気を作っているのかを調べてみました。

2:みんなはどう?エロいLINEをするカップルの実態

いったいどのくらいのカップルがエッチなLINEをしたことがあるのでしょうか。そこで今回『MENJOY』では、20~40代未婚男女476名に独自のアンケート調査を実施。「恋人など異性とエッチなやり取りをしたことがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・109人(23%)

ない・・・367人(77%)

全体の2割以上がLINEで、何らかのエッチなLINEのやり取りをしたことがあるという結果になりました。また「ない」と答えた人の中にも、興味はあるけど抵抗がある、やり方がわからないといった真意が隠されているかもしれません。

3:彼をLINEエッチに誘導する方法5つ

どのようにして相手をエロいLINEに誘えばいいのか、こちらから仕掛ける方法をご紹介します。

(1)露出の多い写真を送る

肌の露出多めの写真を送り、彼のエッチなスイッチをONにしてみましょう。とはいえ、お風呂上りのヌードなど、露出度が高すぎるのはNG。太ももがチラ見えしたり、キャミソールの部屋着程度で十分です。相手の写真をおねだりしてみたりするのもいいですね。

(2)過去のエッチの回想

相手との過去のエッチについて話ていると、相手もどんどんエッチな気分になっていきます。「この前、目隠ししてやったとき、すごく気持ちよかった」など、過去のセックスについて回想していき、何がよかったか、もっとどうしてほしいとか、相手がリアルに状況を妄想できるように仕掛けていきましょう。

(3)エロワードでスイッチオン

普段なら使わないようなエッチな単語で彼を誘惑するのもテク。例えば「○○くんってひとりエッチとかするの?」「ひとりエッチって気持ちいの?」などと、思わず赤面しちゃうような単語を連呼するのです。

(4)実況系

「なんかすごくムラムラしてきちゃって、ひとりで乳首触ってる」などの、実況系のエッチなLINEもまた、男性の大好物です。「○○くんは?」と相手に聞き返すことにより、LINEエッチがスタートするという流れ。

「はぁ、すごい濡れてきちゃった」などと、具体的に状況を伝え合うことで、会えなくてもエッチを楽しむことができるでしょう。

(5)ありえないシチュエーションに

「今オフィスなのにムラムラしてきた」「隣に家族がいるのに、こないだのエッチ思い出しちゃった」など、実際にはありえないシチュエーションで相手を誘うのもひとつの手。ありえないシチュエーションでのお誘いに男性は興奮して「悪い子だなぁ」「お仕置きが必要だ」といったLINEエッチにもって行きやすいです。

実際にセックスするわけではないけれど、誰かがいる空間でエッチなやり取りをするのは、かなり興奮します。我慢できなくなったら、トイレや自分の部屋に駆け込んで。

4:自分を守ろう!エロいLINEをするときに気を付けるべきこと5つ

楽しいエロいLINEですが、リスクも伴います。そこで、エッチなLINEでの注意点をまとめみました。

(1)本当に信頼できる相手とだけ

エッチな内容をスクショされ、拡散されてしまえば大変です。なので、そんなことがないように、本当に信頼できる相手とだけするようにしましょう。

(2)極力顔が移らないように

写真を送り合うことは、互いの興奮度を高める上で有効ですが、これももしものときに備えて、自分の顔がはっきりと映っているものは送らないように。体だけであれば、最悪ネットにばらまかれても特定は困難です。

(3)終わったあとはふたりで送信取り消し

お互いのためにも、証拠が残らないように、エッチなLINEをしたあとは、送信取り消しをしあうなど決まりを作ることも大事です。

(4)誤送信に注意

誤送信にも注意が必要。間違って送ってしまったら、取り返しのつかないことになってしまうかもしれないですから。

(5)送りすぎには注意

いつでもできるLINEエッチですが、エッチな内容の送りすぎにも要注意。相手が乗り気であると確信できたときだけにしましょう。調子に乗ると、男性に引かれてしまうかも。

5:まとめ

安易な接触には十分に配慮しなければならない昨今、エッチな内容を送り合うエロいLINEも、新しい生活様式のひとつだと思います。

しかし同時に、LINEエッチはリスクも伴うこと、そして誰とでもしていいわけではないことをしっかりと頭に入れておいてください。