恋のなやみに効くメディア

ハウツーって意味あるの?恋愛ハウツーが無意味な理由と上手な取り入れ方

大船くじら

目次

隠す

1:ハウツーとは?

「ハウツー」という言葉。意味がイマイチわからないという人もいるのではないでしょうか。辞書で正しい意味を調べてみました。

ハウ‐ツー【how‐to】

《どのように・・・するか、の意》やり方。方法。特に、実用的な方面でも方法や技術

出典:デジタル大辞泉(小学館)

例えば「恋愛ハウツー」なら、どうやって恋愛するかの実用的な方法という意味。恋愛ハウツー本といえば、恋愛のやり方を教えてくれる恋愛の攻略本というような意味です。

2:恋愛ハウツー本がたくさん出ている理由3つ

(1)恋愛はいつの時代も需要が高い

人類があるかぎり、人が人に恋をするという感情はなくならないでしょう。それゆえいに、恋愛ハウツーを指南してくれる存在というのは、いつの時代も需要が高いのです。楽しんだり、悩んだり、恋愛中にはいろいろな感情に振り回されるもの。

恋愛ハウツー本は、恋愛中に自分ひとりでは抱えきれない気持ちに寄り添い、励ましてくれる存在になってくれます。

(2)恋愛迷子が多い

「人を好きになるってどんな気持ち?」「好きな人がいるけどアプローチの方法がわからない」など、恋愛がうまくいかない恋愛迷子に陥ってしまっている人は少なくありません。

「恋愛のことなら何でもお任せ」的な恋愛マスターが知り合いにいれば相談もできますが、なかなかそんな人はいませんよね。ハウツー本は悩める恋愛迷子のガイド役になるのです。

(3)異性の心理を知りたい

気になる人ができたとき、相手の発言や行動、しぐさなどいろいろと気になりますよね。彼の言動を思い出して「アレには意味があったのかな」と考えてしまうもの。逆に自分がしたことが相手にどう思われるかも、心配になることもあります。

恋愛ハウツー本には、心理学や行動学などに基づいた本もあり、好きな人の心理を知りたいときに、手を伸ばす人も多いです。

3:恋愛ハウツーって意味あるの?無意味になりがちなワケ5つ

(1)自分に合わない

恋愛ハウツーは性別や年代など、ある程度は限定して設定されているものですが、それでも不特定多数の人に発信されているもの。そのハウツーが、自分が置かれている状況と当てはまらない場合もあります。

例えば、年下男子を落とす方法といっても、草食系もいれば肉食系もいます。しかも、3歳年下と10歳年下でも違うもの。なかなかぴったりのシチュエーションはないですよね。

(2)ハウツーにこだわりすぎて失敗する

恋愛ハウツーとは、つまるところ、恋愛のマニュアルということ。恋愛にかぎらずマニュアルどおりにやろうとして、うまくいかなくなる人もいますよね。

例えば、恋愛ハウツーの定番で、余裕を見せるためにLINEはすぐに返さないというのがあります。至急返信がほしいときに、時間をかけて返信なんてしてしまうと、逆に大失敗になってしまう場合もあるでしょう。

(3)その場しのぎになりがち

恋愛ハウツーには、異性に好かれるさまざまなテクニックが書かれています。たしかに納得できる部分もあり、効果を発揮することもあるでしょう。

しかし、それで相手の心をつかんでも、それはハウツーのおかげ。本当の自分を見せたときにも、愛され続けるかはわかりません。その場では結ばれても、継続できるかは自分次第です。

(4)恋愛にルールはない

恋愛に対するスタンスは人それぞれで「こうしないと絶対ダメ」なんていうルールはありません。LINEをもらって嬉しかったら、すぐに返信したっていいですし、甘えるのが苦手なのに無理して甘えてストレスが溜まるなら少し考えもの。

恋愛ハウツーはあくまで発信者の経験則や、心理学的な傾向から人間の行動を分析したもの。それに縛られる必要はありません。

(5)ハウツー嫌いの人には逆効果

恋愛ハウツーに強い拒否感を持っている人がいます。好きになった相手が、ハウツー否定派の人であった場合、ハウツーにならった行動は逆効果になることも。

気を引くために別の男性と仲良くする。男性を惑わせるような思わせぶりな発言。かわいく見せるためのしぐさ。そんな恋愛テクニックを「あざとい」と感じるのです。

4:ハウツー本やハウツー動画を活用するには?上手な取り入れ方5つ

(1)ハウツーそのままの行動はしない

ハウツー本や動画でいわれていることを、そのまま完全にコピーするような行動は、やめておいたほうが無難でしょう。現実はハウツーどおりにはいかないもの。自分の恋愛に活用できそうな部分だけを抽出して活用するのがおすすめです。

恋愛ハウツーが教えてくれるのは、恋愛にありがちな状況に対する攻略法ですが、すべてを網羅するものではありません。

(2)ひとつの意見として受け止める

先輩や友人など信頼できる人に恋愛相談をすることがあると思います。そんなときに悩みに共感してもらったり、アドバイスをもらったりすると気持ちも晴れますよね。恋愛ハウツーの本や動画も似たようなものです。

恋に悩む人に寄り添い、共感してアドバイスをしてくれる……それが恋愛ハウツーです。軽く相談する気分で活用してみましょう。

(3)エンタメとして楽しむ

中には到底受け入れられないことを推奨するハウツー本や動画と出会うこともありますよね。でもそんなとき、腹を立てて本やスマホを閉じないで、ひとつのエンタメとして楽しみましょう。

ドラマや映画などでも、ストーリーや演出が破綻しているトンデモナイ作品をあえて楽しむ人もいます。ハウツーも笑い話だと思って接してみましょう。

(4)頭ごなしに否定しない

ハウツー本や動画を見てみると、自分の考えとはズレていて「こんなのくだらない」なんて気持ちになることもあると思います。特に初めからハウツーに対して否定的な気持ちを持っていると、陥りがちな心理でしょう。

どんなことにも当てはまりますが、否定的な気持ちを抱きながらだと、何も頭に入ってきません。まずは力を抜いて向かい合ってみてください。

(5)異性のハウツーを見るのもあり

あえて男性向けのハウツーを見るのもおすすめです。ハウツー否定派もいますが、ハウツーを頼りにしている人もいます。男性がどんなハウツーを見ているのか知ることで、逆に、相手の手の内がわかるかも。

男性が女性のどんな行動から脈アリかどうかの判断をしているのか、どんなアプローチをすれば女性を落とせると思っているのか……。男性向け恋愛ハウツーにはそれが記されています。

5:ハウツーは使い方次第

恋愛ハウツー本や動画は、必ずしも自分のシチュエーションに当てはまるわけではないので、無意味に感じる場合もあると思います。しかし、役に立つかどうかは、あなた次第。有効な使い方を見つけてくださいね。