恋のなやみに効くメディア

マーブルのジェルネイルをかわいく♪おすすめの色の組み合わせは?画像で紹介!

月野 はるH.Tsukino

目次

隠す

1:ジェルネイルのマーブルがかわいい!

ジェルネイルのマーブルとは、筆先でカラージェル同士を混ぜて作るネイルアートのこと。混ざり合った部分の色が重なり合って溶けあうので、なんとも絶妙なデザインに仕上がります。

また、色の組み合わせによって印象はさまざま。今回は、そんなマーブルのジェルネイルにぴったりの配色を見ていきましょう。

2:マネしたい!マーブルネイルにぴったりな色の組み合わせ

マーブルネイルのおすすめ配色をチェックしていきましょう。

(1)ターコイズのグラデーション

この投稿をInstagramで見る

 

BijouFleurNail ビジューフルールネイル 川口(@bijoufleur.nail)がシェアした投稿


爽やかな色合いで、南の島へのバカンスのネイルやペディキュアとしても人気のターコイズ。グリーンやブルーなどと合わせて、グラデーションのように見せると、深海のような神秘的な印象に。ゴールドをポイントに入れると、ゴージャス感も演出できます。

(2)ビタミンカラー

レッド・オレンジ・ホワイトをミックスしたビタミンカラーのネイルは元気いっぱい夏はこれにグリーンを加えて、ナチュラルな雰囲気や、アクティブな印象をアップすることも可能です。

(3)ミルクティー

ブラウンとホワイトを使った落ち着いた色合いのマーブルは、大人っぽくまとめたいときや、優しく女性らしい印象を強めたいときなどにおすすめです。

(4)モード系

この投稿をInstagramで見る

 

Rei(@nailsby_rei)がシェアした投稿


レッド・オレンジ・ホワイト・ブラックを組み合わせた、かっこいい配色のマーブル。配色次第でアートが主張しすぎないために、オフィスシーンでも対応可能に。できる女性のイメージにぴったり!

(5)タイダイカラー

この投稿をInstagramで見る

 

池袋プライベートネイルサロンAchaNail(@achanail)がシェアした投稿

パープルにピンクを効かせたタイダイ染めのようなカラーは、マーブルネイルでしか表現できないアート。こちらも夏らしい印象になるので、暖かくなってくるこれからの季節にぴったりですね。

3:ラップや爪楊枝が使える!せフルネイルでマーブルを作る方法

マーブルのジェルネイルは、セルフネイルでも作ることが可能です。自分でネイルするからこそ、微妙な色合いや角度など、細かい部分までこだわりぬくことができて楽しいですよ。

ラップや爪楊枝など、家にあるグッズで作る方法をご紹介します。

(1)ベースカラーを決めて一度塗りする

まずはベースカラーを決めましょう。ジェルネイルを爪に塗り、硬化させます。

(2)もう一度ベースカラーを塗る

(1)の上に、さらにベースカラーを塗ります。今回は硬化は不要。さらに重ねる次のネイルの色と混ぜ合わせてマーブルを作るためのものです。

(3)2色目、3色目を点々と置く

ここから、混ぜたいカラーを点々と置いていきます。

(4)マーブルをつくる

爪楊枝などを使って、斜めにスッスッと線を引くようにしながら色を混ぜ合わせ、マーブル模様をつくります。そのあと、硬化させれば完成です。

(5)ぶきっちょさんはラップを使って

爪楊枝での柄づくりが難しいという場合は、ラップを使うのが簡単です。

ラップを適度な大きさに切ってくしゃくしゃに丸め、そのシワになった部分でネイルカラーの点々が重なった部分を優しくポンポンと叩いていくだけでOK。

つぶし過ぎないよう、また混ぜすぎて色が馴染んでしまわないようにするのがポイントです。

4:まとめ

マーブルネイルは爪先を鮮やかに彩ってくれるので、気分をグッと上げてくれます。セルフネイルで仕上げると愛情も入って愛しさ抜群。見るたびに幸せな気分になれます。

セルフでも慣れるとマスターしやすいので、ぜひ挑戦してみてください。