恋のなやみに効くメディア

婚活サイトの写真は重要!出会える写真の撮り方とは

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:婚活サイトは写真が勝負をわける!

婚活パーティや知り合いの紹介、はたまたお見合いといった婚活と、婚活サイトを通じた婚活とで、決定的に違うのは、直接会うまでのハードルの高さ。

サイトを通じての婚活は、同じように婚活をしているたくさんの競争相手の中から、「この人になら会ってみたい」と思わせるというハードルが存在しています。つまり「会ってみたら、見た目は好みじゃないけどいい人」という枠がないのです。

そして、それを決定づけるいちばんの要素が「写真」。これは見た目がいいかどうかだけではありません。写真によって、その人の人となりやセンス、さらには婚活に対する熱心度さえ、見えてしまうのです。

そんな重要な写真選びについて、今回は解説していきます。

2:悪用されない?自撮りでもOK?婚活サイトの写真に関する疑問5つ

(1)写真を載せてしまったら、悪用されない?

婚活サイトは、不特定多数から見られる可能性があるため、「写真を載せたら、勝手に悪用されそうで怖い……」とも思いますよね。

しかし、最近の婚活サイトはセキュリティがしていて、写真の悪用にも運営が監視を強めています。きちんとパトロールをしているので、絶対にないとは言い切れませんが、ある程度は安心してもいいでしょう。

(2)自撮り写真でもいいの?

婚活サイトに写真を掲載する写真は、プロに撮ってもらったものでなければいけないわけではありません。むしろ、自撮りで好感度の高い写真が撮れれば、プロに依頼した写真よりも自然な雰囲気を出しやすいメリットも考えられます。

(3)写真を載せないと出会いがないの?

婚活サイトの中では、写真を載せなくてもサービスを利用できるものもあります。しかし、逆の立場になって考えてみましょう。写真を載せている人といない人がいて、いないほうを狙って選ぶ人は少ないのではないでしょうか。やはり写真を載せたほうが、より信頼を得やすく、出会いの幅が広がるのが実情でしょう。

(4)友達にバレない?

婚活サイトへの登録を周囲に内緒でしていたり、または現実の知り合いに写真や婚活プロフィールを見られるのが恥ずかしいと思っていたりする場合、「写真を載せたら、友達に即バレしそう!」と不安ですよね。

友人が同じ婚活サイトに登録していれば、バレる可能性はゼロではないでしょう。ただし、一部の婚活サイトには、FacebookなどのSNSと連動していて、友人には表示されないよう設定できる場合もあります。こういったサービスを選ぶのも方法です。

(5)盛りすぎた写真は逆効果?

自分のことをよく見せたい婚活の写真。多少の「盛り」であれば、それは自分をより魅力的に見せるための方法として、許容されると考えられます。

しかしあまりにも盛りすぎてしまうと、実際に会ったときに幻滅させてしまうことも。また、不自然な「盛り」は写真を見てもわかってしまうもの。そういう人は、逆に「自分に自信がないんだな」「見た目に対するこだわりが強いんだな」という印象を与えてしまいます。

3:婚活サイトに写真を載せたほうがいい理由3つ

(1)インスピレーションによって相性を判断できる

 

人間同士の相性というのは、理屈や好みだけではなく、直感が働く面も大きいもの。写真を掲載することによって、実際に会う前に、ある程度「雰囲気が合いそう」「相性が良さそう」などの目星を付ける目安になるのは、大きなメリットといえます。

(2)相手に安心感を与えられる

写真を掲載している人としていない人が、まったく同じようなプロフィールを掲載していた場合、写真を載せている人のほうが、より信頼されやすいです。ちゃんと自分を表現している写真があることで、相手に安心感を与えられるでしょう。

(3)出会いの質が上がる

どんな雰囲気の人かわからないままにメッセージのやり取りをし、実際にデートするまで相手の容姿がわからない……となるよりも、最初から写真によってある程度の相性を見極められたほうが、効率的に出会いを見つけやすく、時間をかけずに高相性な相手と巡り会いやすいのもメリットでしょう。

4:婚活サイトの写真の撮り方のポイント5つ

(1)ひとりで写っている写真を撮る

婚活サイトに載せる写真は、自分ひとりで写っている写真を選ぶのがベター。女友達やグループで撮影した写真だと、婚活している本人が誰かわからなくなってしまいます。それにグループでの写真は得てして、ベストな写りとはいかないもの。

ひとりで写真を撮る機会が少ないという人も、婚活サイトの写真として考えるなら、自分だけのいちばんのカットを追求してみてください。

(2)過度な加工写真は避ける

少し肌を明るく見せる、ちょっとだけ小顔補正する……など、ほんの少しの加工であれば、そこまで現実との乖離はしないもの。しかし削ったり、バランスを変えたりするような加工は別人レベル。

実際に会ったときに相手が幻滅してしまったら、いい出会いも逃してしまいます。

(3)笑顔で撮る

婚活用の写真を撮るときは緊張するものですが、できるだけ自然な笑顔で撮るのが成功率を上げるポイントです。

仏頂面や無表情、真顔などの写真は、その写真を見た人が「暗そう」「怖そう」といったネガティブな感想を抱くリスクが大きいでしょう。

(4)自然光で撮る

写真を撮るときに、LEDライトなどを当てて明るくすることもできますが、より自然な写真を撮影するならば、断然に自然光です。

晴れた日の屋外や、日差しがよく入る窓辺など、自然光だけで明るい写真が撮れる日に撮影するのがオススメです。

(5)背景はシンプルに

婚活写真は「私はこんな人です」を示すための写真。背景はシンプルなほうが見やすいでしょう。遊びに行った場所での写真でも問題ありませんが、例えばいかにも「話題のインスタスポット」という感じの写真だと、「ミーハーなんだな」という印象を与えるため、そういう雰囲気が苦手な人からは敬遠されてしまうリスクもあります。

5:婚活サイトは掲載する写真次第で成果が変わる

極論をいえば、婚活サイトの写真というのは、「見た目が整っているかどうか」を見るものではありません。その人の飾り気のない魅力、婚活に対する本気度、もしも会ってみても悪い時間にはならなさそうな性格のよさ……そういったものを写真から演出できれば、まずはOKなのです。

そのためには、斜に構えず、恥ずかしがらずに、ちゃんと自分を出せる写真を選ぶこと。これ以外に正解はありません。