恋のなやみに効くメディア

BBクリームの使い方は?プチプラでおすすめBBクリーム5選

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:「BBクリーム」とは?

(1)BBクリームとファンデーションの違いは?

BBクリームとは、美容液、保湿クリーム、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなどの役割をもったクリームのことを指します。すべての成分が入っているというよりは、これ1本で、化粧水のあとの工程が完了するというものです。

ファンデーションはお肌のアラを隠して表面を均一に整えてくれるものなので、BBクリームとは異なります。

(2)BBクリームのあとファンデーションはいらない?

基本的には、BBクリームのあとにファンデーションは不要。仕上がりがベタベタして気になってしまう人は、最後にルースパウダーを使って、表面をサラサラに仕上げてもOK。

(3)重ね付けはOK?BBクリームとファンデーションを併用すると…

BBクリームによっては「ファンデーションを併用してOK」というものもあります。しかし、BBクリームとリキッドファンデ-ションを併用すると、厚塗りになってしまったり、かえってヨレやすくなることもありますので、併用するときはファンデーションの量を調整しましょう。

2:BBクリームの正しい使い方6つ

BBクリームって一体どう使うの?と思っている人も多いものです。基本的には「塗るだけ」なのですが、塗る前の下地作りや丁寧な塗り方も、美しく仕上げるポイントになります。

(1)化粧水はしっかりと

美容液や保湿クリームの役割も果たすBBクリーム。洗顔の後、化粧水をつけたら、そのあとすぐにBBクリーム使ってOKです。ただし、BBクリームを塗る前のお肌がカサカサだと、きれいに塗り広げることができずムラにもなりやすいので、しっかりと化粧水をつけてお肌に十分な潤いを与えましょう。

(2)適量を手に取る

BBクリームは、一度、手の甲に出してから使いましょう。こうすることで塗りすぎを防ぐことができます。メーカーによっても多少の違いはありますが、基本的にはパール1粒分くらいがおおよその適量。少ないと感じたら、少しずつ足して使います。

(3)5点において、ムラなく伸ばす

BBクリームを指先にとったら、おでこ、左右の頬、鼻、アゴ先の5点に置いて広げていきます。それぞれの場所から、顔の外側へ向かって放射状にのばすようにしましょう。

(4)両手のひらで顔全体を包み込むようにプッシュ

BBクリームを顔全体に塗り広げたら、手のひらで一度、顔全体を包み込むようにして馴染ませます。あまり強く押すとヨレてしまうので、塗り広げたBBクリームを落ち着かせるような感覚で。

(5)スポンジで仕上げる

顔全体にBBクリームをなじませたら、細かい部分をスポンジで馴染ませていきます。小鼻のキワや鼻筋、目の周りなど凹凸のある部分は、スポンジの角を使ってポンポンと軽く叩くように。

(6)必要に応じてパウダーで仕上げる

BBクリームだけで仕上げると、表面のベタつきが気になったりヨレやすいと感じる場合も。必要であれば、ルースパウダーやプレストパウダーを使って仕上げて。

BBクリームだけで仕上げると、アイブロウやアイライナーなどの色がのりにくいと感じることがありますが、パウダーで仕上げることでそれらの使い勝手も良くなります。

パウダーは、パフよりもブラシ使いがおすすめ。ブラシのほうが均一につけることができるうえ、余分なパウダーを払い落とす役目もあります。

3:メンズ向けも!? プチプラでおすすめなBBクリーム5つ

筆者もBBクリームの愛用者。スキンケア〜ファンデーションをいくつも重ねる必要がないので、時短にもなっています。そこで、これまで筆者が実際に使った経験も踏まえ、おすすめのBBクリームをご紹介します。

(1)ラロッシュポゼ UVイデアXプロテクションBB

この投稿をInstagramで見る

 

LA ROCHE-POSAY JAPAN ラロッシュポゼ(@larocheposayjp)がシェアした投稿

筆者が数年愛用しているのがこのBBクリーム。BBクリームのしっかりとした塗り心地はあるものの、非常に伸びが良く、BBクリーム特有の膜感がないのが特徴。そのため、夕方まで大きなヨレも感じません。

カバー力は強いとはいえませんが、ひと塗りで肌表面をほんのり均一にカバーしてくれます。休日など、しっかりメイクが必要のない日は、このクリームがとても役立ちます。敏感肌用スキンケアブランドなので、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えます。

(2)キールズ DS UVディフェンス CCクリーム

この投稿をInstagramで見る

 

キールズ KIEHL’S SINCE 1851(@kiehlsjp)がシェアした投稿

調剤薬局から始まったキールズは、天然由来成分を配合したスキンケアアイテムが特徴のコスメブランド。肌の悩みを隠す目的のBBクリームよりも、さらに肌のことを考えたオールインワンコスメが、CCクリームです。

膜感は若干気になるところですが、しっかりと肌に密着し、乾燥などの外的刺激からブロックしてくれます。ファンデーションは使いたくないけれどトーンアップはしたい……という人に最適。

(3)ちふれ BBクリーム

この投稿をInstagramで見る

 

CHIFURE(@chifure_official)がシェアした投稿

コスパ抜群のBBクリームなら、ちふれがオススメ。ベタベタしがちなものが多い中、ちふれのBBクリームはサラッと乾いて、肌に密着します。少々の汗でも崩れにくいのがポイント。

カバー力はそれほど高いとはいえませんが、表面がサラッとするので気になる部分のみ、追加でコンシーラーを使っても良いかもしれません。

(4)キュレル BBミルク

敏感肌用スキンケアブランドのキュレルからは、ミルクタイプのBBクリームが登場しています。サラッとしたテクスチャーは伸びがよく、BBクリーム特有のもったりとした質感が苦手な人には最適。

薄づきでカバー力が弱いものの、肌のトーンアップは叶うので、カバーしたい部分はコンシーラーなどで補えばOK。

(5)UNO フェイスカラークリエイター

メンズスキンケアブランド『UNO』からも男性向けBBクリームが発売されています。こちらは、クマ、ニキビ跡、ひげの青み、黒い毛穴 、肌の赤味といった男性特有の悩みをカバーできるアイテム。

クリーム自体は白色ですが、塗布後に色が変化してお肌になじんでくれます。肌悩みがあるけれど、ファンデーションや女性用のBBクリームを買うことに抵抗がある人にはぜひオススメです!

5:BBクリームって本当に使える!

スキンケア、下地、ファンデーション、コンシーラー……と複雑なメイクがこれ一本で叶うBBクリーム。メイクが得意じゃない人や、メイクをお休みしたいけれど肌はきれいに見せたい!なんていうわがままも叶えてくれるBBクリーム。ぜひ手元に一本持っておきたいですね。