恋のなやみに効くメディア

自信がない人はひと目でわかる?特徴と自信をつける方法

青木 エイミーA.Aoki

©gettyimages

目次

隠す

1:「自信がない」を英語で言うと?

「自信がない」を英語で表現したい場合は、どのようになるのでしょうか。「自信」とは英語で「confidence」。「私は自信がありません」と英語で伝える場合は、「I do not have confidence」と表現することができます。

2:自信がない男女は顔でわかる?自信がない人の特徴5つ

ビジネスの現場などでは、パッと見の印象だけでも、自信がないと判断されてしまうもの。自信がない人の特徴について、周囲に話を聞いてみました。

(1)目を合わせない

「人とあまり目を合わせず、会話していてもとにかくこちらを見ないような人は、自分に注目が集まってほしくないと思っているんだろうなと思います。

学校とかでも、“この問題、わかる人”って聞かれたとき、自分の答えに自信がない人は、先生と露骨に目を合わせなくなりますよね。無意識に、自分に注目させないようにしている気がします」(Gさん・35歳男性)

(2)オロオロしている

「挙動不審で、見るからにオロオロとして落ち着きのない人は自信がなく見えます。少し声をかけただけでもビクッとして、“なななななんですか”っていうような慌てた反応をする人は、よっぽど人とのコミュニケーションに自信がないんだなーと思ってしまいます」(Iさん・28歳男性)

(3)おとなしい

「おとなしい人が全員、自信がないというわけではないのですが……。相手がどう捉えるかとか、自分なんかが発言していいのかとか、いちいち気にしてしまうからこそ、自信のない人は静かにしている気がします。

“どう思う?”って聞かれた場合にも、“私個人の感想なので、間違っているかもしれませんが……”みたいな、ひたすら逃げ口上を使うと思います」(Aさん・24歳女性)

(4)ネガティブ思考

「自信がないと、ネガティブなことを考えていて、“どうせ自分は……”ってすぐに諦めてしまいがちに思います。

せっかくいいところや、その人の強みをほめても“そんなことありません”と、否定から入ってしまうので、もったいないと思います。いろいろとチャンスを逃しているんじゃないかな」(Aさん・22歳女性)

(5)人の意見に流されやすい

「せっかくいい意見を持っていても、他の人が“え〜、こっちがいいじゃん”とか言おうものなら、自分の考えはさておいて、一気に流されてしまうイメージ。なんだか、軸がないような気がして、見ていてイラっとしてしまうことがあるんですよね……」(Mさん・23歳男性)

3:自信がない人は嫌われる?自信がない人のデメリット3つ

自信がない人にはどんなデメリットがあるのでしょうか。自信がないから人から嫌われてしまうこともあるのでしょうか。

(1)ストレスが溜まる

自己否定やネガティブ思考がストレスになるのはもちろんのこと、周りに合わせすぎて疲れてしまいがち。我慢の限界がきて爆発してしまったり、心身のバランスを崩してしまったりしやすいでしょう。

(2)幸せを感じにくい

自分の魅力などポジティブなことに鈍いため、必然的に幸せを感じにくい傾向も。そうなると、人生そのものが辛くなってしまいがちです。

人は幸せになると自信に満ちあふれ、ちょっとしたことでは折れない心を得ることができるもの。逆にそれがない場合は、負のスパイラルに陥ることが考えられます。

(3)周りをイライラさせる

頼みごとをしたときに、自信がないと「自分には無理」と言ってしまいがちです。しかし周りの人は「自分にできません」という言葉を聞きたいわけではありません。あなたにならできると思っているからこそ、頼んでいるのです。

無駄に説得に時間がかかってしまったり、回りくどい言い訳を聞かなくてはいけなくなったりして、イライラとさせてしまうことが多いと言えるでしょう。

4:恋愛や仕事にも自信が持てない…自信がない自分を変える方法5つ

「自信がない人」について解説してきましたが、最後に「自信がない人」が自信をつける方法について紹介します。心当たりのある人はぜひ試してみてください。

(1)客観的になってみる

自信のない人は、自分の悪い面ばかり見てしまいがち。しかし、意外と自分が思っているほど、自分はダメな人ではないことも多いもの。客観的に良い面を洗い出してみたり、周りからほめられたり喜ばれたことを思い出してみましょう。さらにそれをノートに書き留めるようにすると見える化されますし、あとで読みかえせるので、試してみるといいかもしれません。

(2)うれしかったことをまとめる

先述しましたが、幸福を感じにくいと、ますます悲観的になってしまいがちです。そこでうれしかったことなど、ポジティブなことを考える習慣をつけましょう。先ほどのようにノートにまとめるのもいいですし、スマホのメモ帳機能でまとめてみるのもおすすめです。

(3)笑顔を心がける

人は笑えば笑うほどに、幸せな気持ちに満たされていき、ネガティブ思考から抜け出すと言われています。ハッピーな気持ちになれば、根拠のない自信がみなぎってくることもあるでしょう。まずは形からということで、笑顔を心がける習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

(4)準備を万全にしておく

自信のない人は、「もしこうなったらどうしよう」と悪いことを想像するのが得意です。万全な準備をして、「もし失敗したら」と自分が想定しうる可能性をなくしてみるのもひとつの方法です。

(5)知識を増やす

自分の考えが合っているかわからないからこそ言い出せない場合は、あらゆる場面でその理屈を説明できるよう、知識を増やしていきましょう。自分の発言を後押ししてくれる知識は、心強い味方になり自信につながるはずです。

5:まとめ

自信がないと、さまざまな場面で損をしてしまいがちです。例えば仕事上の話であれば「あなたに自信がないなら私がやります」と巡ってきたチャンスを誰かに奪われてしまう可能性も……。

自分の人生をより良いものにするためにも、少しずつ自信をつけるようにしていきたいものですね。