恋のなやみに効くメディア

ぶすかわいいってどんな顔?ぶすかわいい人の特徴5つ

EmaEma

目次

隠す

1:ぶすかわいい顔って?褒めてる?

「ぶすかわいい」って、褒め言葉なのでしょうか。それは、どんな意味で使われているかにもよりますし、その言葉が指すタイプもふたつに分かれるでしょう。

ひとつめは、ぶすだけどかわいいタイプ。顔立ちが整っているとはいえないけれど、どこか愛嬌があってかわいい、愛おしい。という雰囲気です。

そしてもうひとつは、かわいいけどぶすなタイプ。これは、あどけない表情をしたり、お茶目な仕草をした際に、愛情表現のひとつとして用いられることが多いでしょう。

褒め言葉になるかはハッキリわかりませんが、悪い感じはしないかもしれませんね。

 

2:ぶすかわいい人の特徴5つ

(1)小動物っぽい

目鼻立ちがハッキリしていたり、バランスよく配置されているのとは異なる、それでいてチャーミングな顔立ちは特徴のひとつ。よく、生まれたての動物に「ぶすかわいい」という表現を使いますよね。決して顔立ちが整っているとは言えないけれど、かわいくてかわいくてしかたがないことを示します。代表的な例はパグの赤ちゃんです。

(2)ぽっちゃりしてる

全体的にぽっちゃりしている人は、ぶすかわいいと言われがち。これは、日本独特の捉え方になりますが、ぽっちゃりイコールかわいいと表現したりしますよね。たくさん食べるぽっちゃり彼女のことを、「正直きれいとは言えないけど、ぶすかわいくて癖になる」と言う男性も多いです。

(3)目と目が離れている

目と目が離れているタイプもまた、ぶすかわいい顔の象徴です。このタイプの顔は、魚顔やカエル顔などとも言われ、イマドキのモテる顔立ちとして人気がありますよね。

(4)かわいいのに大口をあけて笑う

顔立ちはとってもきれいでかわいいのに、大口をあけて笑ったり、ヘン顔をしたり。ルックスとは異なるイメージの言動や表情をする場合に、ぶすかわいいと表現されることもあります。これは実際にはぶすではなく、相手を思いやり、愛があるからこそ出る言葉です。

(5)白目で寝る

かわいい顔の人が寝るときに白目になってしまう……。これぞ、ぶすかわいいの象徴です。あとは、いびきに近い寝息が発する音をぶすかわいいと言う人もいます。確かに、かわいい人がぐうぐう言いながら寝ていたら、小熊のようでかわいいですもんね。

 

3:ぶすかわいい女子に対する男性の本音5つ

(1)悪酔い美人社員

「会社の同僚で、すっごく美人で社内でも有名な女子社員がいて。よく同期みんなで飲みに行くんですけど、その子、酔っ払うと本当にひどいんですよ(笑)。

みんなに絡みまくって、いちゃもんつけたり、目も座っていたりして、完全にタチが悪いんですけど、そこがまたぶすかわいいって評判で。

付き合うと大変なのかなって思いますけど、同性から見ても、普通にかわいいと思います」(27歳女性/会社員)

(2)ぶすかわいいは最強

「彼女とは同棲して2年になりますが、とにかく寝てる姿がめっちゃぶす。でもそれがまた癒されるんですよね。特に仕事で疲れて帰ってきた日、その寝顔を見るだけで疲れを忘れられる。一緒にいる子は、どこか落ち着くかわいさがいちばんです。それがぶすかわいいなんじゃないですかね(笑)」(31歳男性/美容師)

(3)ナンバーワン

「自分は、ルックスが目鼻立ちの整ったスーパーかわいい子よりも、ちょっと目が離れ気味の子が好きです。なんでかって言われちゃうと難しいんですけど。完全にタイプなんだと思います。だから、よく周りからはB専だねとか言われますけど。自分の中では、それがいちばんかわいいです!」(29歳男性/自営業)

(4)イメージを壊さないで欲しい

「正直な意見ですが、かわいい人が変顔をしたり、口を開けて大の字で寝てるのを見るのは苦手です。イメージが覆されるのがイヤなんです。

でも、かわいい人に限ってそういうことを大胆にやるような気がします。それって気の緩みなのか、自信からきてるのかわかりませんが、幻滅してしまいます。僕はきっと、ぶすかわいいっていう概念は受け入れられないタイプなだと思います」(28歳男性/会社員)

(5)ちょいぶすってこと?

「ぶすかわいいって、つまりはぶすだけどちょっとかわいいってことですよね? たまに合コンとかで、ぶすかわいい子っていますけど。普通にかわいいほうが断然いいです。言い方変えれば、ちょいぶすって言ってるのと一緒じゃないですか。あえて、ちょいぶすと飲みたいとは思わないですね」(28歳男性/派遣)

 

4:ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』のタイトルが変わった理由は?

お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんの著書『ちょうどいいブスのススメ』。これがドラマ化されるにあたり、公表されたあとにタイトルが『人生が楽しくなる幸せの法則』に変更されました。

理由は、この「ちょうどいい」というのが男性目線で語られていたからのよう。「ちょうどいいブス」って女性蔑視じゃないか、卑下した言い方じゃないかという世間の批判を受けての改名でした。

この「ちょうどいいブス」は、ぶすかわいいとはまったく違うジャンルですよね。

 

5:まとめ

完璧にかわいかったり、美人すぎると、それはそれで仕上がっていて魅力的に見えなかったりするもの。どこか抜け感のある、「ぶすかわいい」と形容されるくらいが、今の世の中、ちょうどいいのかもしれませんね。