恋のなやみに効くメディア

笑顔の効果とは?恋愛やビジネスにもたらす笑顔の効果7つ

番長みるくM.Bancho

©gettyimages

目次

隠す

1:笑顔には引き寄せ効果がある?

いつも笑顔でいる人って、幸運が舞い込んできそうな印象を与えますよね。一緒にいる人までも幸せにしてくれそうな雰囲気があります。

昔から「笑う門には福来る」と言われていますが、これはまさに「引き寄せの法則」そのもの。笑顔のもたらすパワーは、ずっと昔から存在しているのです。

では笑顔には、具体的にどんな効果があるのでしょうか。

 

2:ビジネスでも恋愛でも!笑顔のすごい効果7つ

ここからは、実際に笑顔の効果を実感したという人に、その体験を聞いてみました。

(1)モテる

「合コンや婚活パーティーなどの出会いがある場に行くときには、必ず笑顔にするように心がけています。自己紹介のときや目が合ったときににっこりほほえむと、それだけで魅力的に映るみたいです。

実際に、合コンで出会ったイケメン男性とお付き合いしているのですが、あとから聞いたら、笑顔でいる私が印象的だったのだそうです」(Yさん・27歳女性)

(2)信頼感を与える

「仕事のときには、なるべく笑顔でいるように意識しています。営業という職業柄、人と接することが多いのですが、笑顔でいるほうが信頼感が増しますし、契約も取りやすいですね。お客さまと信頼関係もすんなり築けますし、安心してもらえるところも。時間があれば、笑顔の練習をしています」(Cさん・25歳男性)

(3)好印象を与える

「普段から口角を上げて、笑顔を忘れないようにしています。無理な笑顔は逆効果ですが、自然な笑顔は好印象を与えると思うので。愚痴っぽく批判的なことばかりいう人は、口角が下がってマイナスなオーラを放っているように感じます。笑顔でいることで、良い人そうだと思ってもらえる気がします」(Fさん・31歳女性)

(4)心を開いてくれる

「いつも笑顔でいるようにしたら、人間関係が円滑になりました。笑顔だと話しかけやすいし、心を開いてもらいやすいみたいです。“なんでも肯定してくれそうな空気感が漂っている”っていわれることもあります。友達や職場の同僚から相談されることも多いので、笑顔を意識しているおかげで、頼りにされているのかもしれません」(Hさん・25歳男性)

(5)若く見られる

「私が実年齢より若く見られるのは、笑顔のおかげかも。笑顔になると目元や口元、ほっぺも上がり、全体に若々しい印象を与えるんじゃないかなって思います。若く見られると嬉しくて、また笑顔でいることが増えちゃいます」(Sさん・38歳女性)

(6)ストレス解消になる

「仕事がハードなので、ストレスを感じることも多いですが、それでもなるべく笑顔でいるようにしています。楽しい動画を見て、思わず笑顔になると、それだけでストレス発散に。つらいときや思い悩んだときほど、笑顔でいるようにしています。そのほうがストレスが溜まりにくいですね」(Hさん・25歳女性)

(7)ポジティブな空気感になる

「いつも笑顔でいる友達の周りは、明るくて温かい空気感があります。嫌なことがあっても、その友達と話すと笑顔で肯定してくれるし、和みます。大した内容を言われているわけではないのですが、一緒に会話をしていて笑顔でいてくれるだけで、自分のことを認めてくれているような気になります」(Sさん・30歳男性)

 

3:作り笑顔でも効果あり!笑顔の作り方3つ

プロの舞台女優として6年間舞台に出演していた筆者が、笑顔の作り方をまとめました。

(1)口角を上げる

笑顔を作るときは、口角をできる限り上げるようにしましょう。片方だけ口角が上がると、バカにしているような皮肉っぽい印象を与えてしまうので、必ず左右の口角を上げるようにしましょう。

口角を上げるときは、両方の頬の高い部分を持ち上げるようにすると、口角が上がりやすくなります。口角が上がるだけで、笑顔の印象が増します。

また会話を聞いているときや無言でいるときも、自然に口角を持ち上げることを意識すると、何もしなくても笑顔でいるような顔つきになれますよ。

(2)目を見開く

口元は笑っているのに目に力がないと、幸が薄そうな印象になってしまいます。笑顔をつくるときは、目を見開くようなイメージで、目に力を入れましょう。やりすぎると怖いですが、写真を撮ってもらうときや印象を強く残したいときには効果的です。鏡を見ながら、ほど良いバランスの目の見開き加減を見つけましょう。

(3)顎を引く

凛とした笑顔の印象を与えるには、少しだけ顎を引くことも大切です。二重顎になってしまうほど顎を引くのではなく、普段よりも2〜3cm程度引くようにしましょう。それだけで顔が立体的に見えるので、写真を撮るときにもおすすめです。

また人によっては笑顔を作るときに、正面の顔よりも少しだけ斜めに顔を向けるほうが美しく見える場合もあります。鏡でどの角度がきれいに見えるのかを研究して、瞬時に再現できるようにしておきましょう。

 

4:笑顔は練習次第

笑顔になるのが苦手な人でも、普段から鏡を見て笑顔の練習をすれば、次第に自然な笑顔がつくれるようになるでしょう。

顔の筋肉を鍛えることで、笑顔になるのも楽になりますから、積極的に「あいうえお」と口を限界まで動かしてみましょう。練習次第で、きっと自信の持てる笑顔になりますよ。