恋のなやみに効くメディア

柔軟剤入り洗剤のおすすめ8選!柔軟剤洗剤の選び方や香りもチェック

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:柔剤剤入り洗剤って、本当に柔軟剤はいらない?

柔軟剤入り洗剤って、本当に柔軟剤を別に使わなくてもふわふわに洗い上がるの?と疑問に思う人も少なくないでしょう。

そもそも洗剤と柔軟剤には、作用を打ち消しあう性質があるので、一緒に入れることができず、時間差でいれるのが一般的でしたが、その手間がなくなったのが、柔軟剤入りの洗剤。

どういう仕組みかというと、柔軟剤が洗剤よりも溶けにくく作られているので、先に溶けた洗剤で衣類がしっかり洗浄されたあとに柔軟剤が溶け、ふんわりとした洗い上がりを実現できるようです。

 

2:ラボンがいいの?柔軟剤入り洗剤のおすすめ5選

(1)ラボン

筆者が個人的にも「柔軟剤入り洗剤の女王」と位置付けているのがラボン。香りの良さに非常に定評がありながら、洗濯物がふわふわに仕上がるという機能的な部分も注目されています。

ただし、洗浄力に関してはラボン以外にも優秀な洗剤があるようなので、ガンコな汚れの場合は予洗いしてからにするなど工夫が必要です。

(2)香り続くトップ レギュラータイプ

洗い上がりの白さに定評のある「トップ」シリーズの、柔軟剤入り洗剤。消臭イオンが配合された「香り続くトップ レギュラータイプ」は、柔軟剤入り洗剤にありがちな強すぎる香りがなく、ナチュラルな香りが長く続きます。

(3)ボールドジェルボール3D

この投稿をInstagramで見る

 

100えんハウス レモンさん(@100yenhouse_lemon)がシェアした投稿

洗剤を計量し、柔軟剤を計量する……といった手間を省ける洗剤として、ジェルボールは人気が高まっています。有効成分を3つに分けられているジェルボールには、成分をその瞬間まで別々に閉じ込めておいて、洗浄力や消臭効果をアップさせる働きがあるのだそう。

ボールドは比較的香りが強めなので、 洗濯物がプンプン香るのが好きな人にはいいですが、小さい子供やペットがいるご家庭は、一度試供品で試してからのほうが良さそうです。

(4)ボールドジェル

柔軟剤入り洗剤の火付け役・ボールドの液体洗剤タイプです。香りが強いといわれるボールドですが、優しく爽やかな香りが長時間続きます。蛍光剤や漂白剤が配合されていないため、色柄モノにも安心して使えます。

(5)フレグランスニュービーズジェル

「ニュービーズ」を愛用している人たち待望の柔軟剤入り洗剤が、「フレグランスニュービーズジェル」です。消臭効果があるので部屋干しにもいいと人気。こちらも蛍光剤や漂白剤が含まれていないため、色柄モノにも使え、中性なのでおしゃれ着洗いにも安心して使えます。

 

3:柔軟剤入り洗剤の選び方5つ

柔軟剤入り洗剤、といっても基本は洗剤なので、さほど異なることはありません。実際に柔軟剤入り洗剤を使っている人にお話をうかがってみました。

(1)洗浄力で選ぶ

「小学生の男の子ふたりなので、洗浄力が高いといわれている粉末洗剤を使っています。食べこぼしや泥などは、手洗いしてからじゃないと取れないこともありますが、普通の衣類はきれいに洗えていると思います」(34歳女性/主婦)

(2)使い勝手で選ぶ

「液体タイプを使っています。粉末洗剤は、スプーンを持つときに毎回粉が手についたり、パラパラと飛び散ってしまったり、うっかりこぼしてしまったときの掃除が大変なのでずっと液体洗剤です」(30歳女性/研究職)

(3)価格で選ぶ

「粉末タイプの洗剤のほうが比較的安いので粉末タイプを使っています。液体タイプも使ったことがありますが、大きな違いはあまり感じません。ものによって違いますが、価格が安いものと、反対に洗剤にしては高額なものが少し香りが強い気がします」(36歳女性/ネイリスト)

(4)手間で選ぶ

「いちいち洗剤の量を量るのが面倒なので、ジェルボールを愛用しています。ひとり暮らしで2日に一度くらいしか洗濯をしないので、量もちょうどいいと思っています。他の洗剤よりは割高だけど、100円も変わるわけではないので、それほどの負担にはなっていません」(32歳男性/メーカー営業)

(5)成分で選ぶ

「色柄モノなどのデリケート衣類が多いので、漂白剤や蛍光剤が入っていないもの、またはそんなに強くないものを探して使うことが多いです。将来子供が生まれたら、肌に優しい成分のものを探して変えてみようとも思っています」(30歳女性/保険事務)

 

4:香りで選ぶ柔軟剤入り洗剤3選

種類豊富な柔軟剤入り洗剤。香りで選ぶなら、ぜひおすすめしたい商品を3つご紹介します。

(1)ラボン 柔軟剤入り洗剤 ラグジュアリーリラックス

その名のとおり、おしゃれなサロンにいるようなラグジュアリーな香りが楽しめます。洗浄成分が植物由来なので、肌にも優しく、香水のようにトップノート、ミドルノート、ラストノートと時間が経つにつれて香りが変化するのも特徴のひとつです。

(2)ミューラグジャス ホームクリーニング R

この投稿をInstagramで見る

 

ミューラグジャスさん(@mieux_luxgeous_official)がシェアした投稿

香りだけでなく、デザインも可愛いと、おしゃれなライフスタイルを実践している人たちに人気の柔軟剤入り洗剤です。そこそこ洗浄力があるのに、天然成分や美容成分が配合されており、肌にやさしく洗い上がりもふんわり。

バニラのような甘い香りがふわっと香るので、フローラル系やグリーン系などの香りが多い洗剤・柔軟剤の中ではひと味違います。

(3)フレグランスニュービーズジェル フラワーリュクスの香り

ニュービーズといえば、やはり香りの良さが特徴。従来のニュービーズの香りを彷彿させる柔軟剤入り洗剤です。ニュービーズを永らく愛用している人や、香りが強すぎる柔軟剤入り洗剤は苦手だという人におすすめです。

 

5:柔軟剤入り洗剤は進化している!

柔軟剤入り洗剤という言葉を耳にし始めた頃は、まだ洗い上がりや効果に改善点が見られるものも多かったよう。しかし最近ではどんどん品質が向上し、通常の洗濯洗剤&柔軟剤の組み合わせと大差ないものもたくさんあります。

使い勝手や価格、香りや機能、さまざまなポイントをチェックして、自分に最適な洗剤を見つけたいですね。