恋のなやみに効くメディア

片思いの失恋ソング!男目線・女目線の失恋・片思いソング10選

大山奏K.Ohyama

目次

隠す

1:切ない片思い!失恋ソングの名曲といえば?

好きになった相手との恋が実を結ばないとわかったときは、本当に苦しいですよね。辛くて辛くて、どうしようもなくて、涙を流しながら失恋ソングを聴くという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

辛い気持ちはすぐには消えてくれませんが、曲を聴くことで「自分だけが辛いわけじゃない」と思えて、少しずつ癒されていきます。

今回は、そんな切ない気持ちの男女に寄り添ってくれる、失恋ソングを紹介します。

 

2:歌詞が切ない!女目線の失恋・片思いソングTOP5

『Menjoy!』が女性500人を対象に、「あなたの最も共感できる失恋・片思いソングを教えてください」という独自のアンケート調査を実施しました。その結果をランキング形式で見ていきましょう!

5位:「SEOSONS」浜崎あゆみ・・・36人(5.2%)

浜崎あゆみさんの楽曲の中には、辛い恋愛を歌ったものがたくさんあります。「SEOSONS」もその中のひとつ。2000年にリリースされた曲ですが、いつまでも色あせない魅力を持っていますよね。

失恋直後でなくても、元カレを思い出したときには聴きたくなる歌です。

4位:「会いたくて会いたくて」西野カナ・・・40人(8.0%)

出だしの歌詞がキャッチーなため、話題に上りやすい「会いたくて会いたくて」。別れた相手が他の人のことを思っていることに嫉妬してしまったり、どうにかしてもう一度愛し合いたいという気持ちがストレートに伝わってきます。

嘘でもいいから“好き”と言ってほしいという歌詞は、失恋直後にみんなが思う言葉なのではないでしょうか。

3位:「First Love」宇多田ヒカル・・・67人(13.4%)

1999年に発表された、宇多田ヒカルさんの3rdシングル。この曲で宇多田ヒカルさんのファンになったという女性も多いはず。

当時15歳だった宇多田さんですが、歌詞は大人の女性にも共感できる部分ばかりです。優しくて寂し気なメロディーが涙を誘いますよね。

2位:「元気を出して」竹内まりや・・・75人(15.0%)

1980年代のヒット曲のひとつである「元気を出して」も、失恋から立ち直りたいときに聴きたい1曲。

寂しさや悲しさにどっぷり浸かるというタイプの曲ではなく、聴くことで友達から励ましてもらっているような気分になります。

泣き疲れて「そろそろ次の恋を探そうかな」と思ったときにピッタリの歌です。

1位:「366日」HY・・・100人(20.0%)

失恋ソングの定番中の定番とも言えるのが、HYの「366日」。サビ部分を聴くだけで昔、付き合った人のことを思い出してしまいそうになる曲です。

人生で「この人しかいない」と思った相手との別れは、こんなにも苦しく、他に何も手につかなくなってしまうのだということを思い知らされます。

 

3:男目線の失恋・片思いソングTOP5

続いては、男性目線の失恋・片思いソングを見ていきましょう。こちらも男性500人を対象に、独自のアンケート調査を行いました! その結果をランキング形式でお届けします。

5位:「君が思い出になる前に」スピッツ・・・24人(4.8%)

別れが決まっている人とのことを歌っているような歌詞からは、彼女のことを本気で愛していた男性の包容力も感じられます。

別れることになったとしても、一緒にいたことは決して無意味だったわけではない……そう感じることのできる曲です。

4位:「レイニーブルー」徳永英明・・・33人(6.6%)

シンガーソングライターの徳永英明さんが1986年にリリースしたデビューシングルが「レイニーブルー」。発売から30年以上経っても、まったく色あせることのない名曲です。

優しい声で歌われるこの曲は、失恋の後、涙に染まっているときに心にそっと寄り添ってくれるでしょう。

3位:「シングルベッド」シャ乱Q・・・50人(10.0%)

長く付き合った相手とは、別れたあともなかなか次の恋を探すことができません。別の相手を好きになれたら楽だとわかっているのに、そんなに器用じゃない。そんな男心を歌にしたのが「シングルベッド」です。

後悔をしても「もう愛した人は戻ってこない」ということを切々と感じさせられます。

2位:「もう恋なんてしない」槇原敬之・・・53人(10.6%)

この曲は失恋を嘆き悲しむという感じではなく、ちょっとポップな音調で、寂しさを表現しています。家のことなどを彼女に任せっきりにしていた自分に気づいて、強がったりする男心は、少しかわいく見えたりもしませんか?

失恋は辛いけれど、恋愛することは楽しいと改めて思い出させてくれる曲でもあります。

1位:「なごり雪」イルカ・・・174人(34.8%)

どの年代の男性からも共感できるということで、最も多くの人からの支持が集まったのが「なごり雪」です。別れ際の心情が素直に表現されており、駅のホームや雪というシチュエーションが寂しさを増大させ、目の前に浮かんでくるかのようです。

昭和の名曲として、今後も受け継がれていくことは間違いないでしょう。

 

4:失恋したら思いっきり泣く?

失恋は何度経験しても慣れることがありません。失恋からの立ち直り方法はさまざまなものがありますが、涙が枯れるほど泣きまくると、スッキリして前に進めることもあります。

泣きたいときには、ぜひ今回紹介した曲なども聴いてみてくださいね。