恋のなやみに効くメディア

社長夫人って仕事なの?社長夫人のブログにみる社長夫人の生活と実態

三浦 希枝K.Miura

目次

隠す

1:社長夫人に憧れる?

会社経営者と結婚して玉の輿に乗れば、一生贅沢な暮らしができるに違いない! 社長夫人に憧れるいちばんの理由は、それではないしょうか。

社長夫人ともなれば、クレジットカードは使い放題、海外旅行は当たり前、ものすごく広い豪邸に住み、家事はすべてお手伝いさんにお任せ! そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、贅沢三昧の暮らしを送っている方ももちろんいますが、資産があっても質素な生活を送る社長夫人もいたりと、その内情は千差万別のようです。

 

2:社長夫人のことがよくわかるブログ5つ

ではまず、社長夫人の実態を知るべく、ブログでチェックしていきましょう。それぞれ素敵な暮らしをされていますよ!

(1)社長夫人だけど節約主婦♡

社長夫人でありながら、お財布は別々というスイートピーさんのブログ。2017年の6月から現在まで、家族4人の暮らしを日々つづっています。

毎月しっかり預金もされていますし、資産運用もコツコツされている模様。社長夫人であっても無駄なものは買わないシンプルな生活を心がけているので、親近感を感じる内容に。

(2)狛江発!笑う社長夫人のニッポンセキララブログ

忍作家(しのびさっか)という個性的な肩書きをもつクジメミツエさんのブログ。自ら忍者の技とエクササイズを組み合わせた「NINJYASIZE」を企画・制作している方です。元々ライターをされていた方なので、文章も達者!

ブログによると、旦那さまは中小企業の社長でミツエさんも経営に関わっていらっしゃるようです。仕事や趣味についても赤裸々につづっていて、ノリのいいブログになっています。

(3)♡社長夫人しあわせ真っ只中♡

社長夫人であるゆっきーなさんとラブラブな旦那さま・かわいいお子さんとの日常を、婚約直後から日々更新しています。

ゆっきーなさんや旦那さま&お子さんも、時折ブログに登場していますが、3人の仲の良い姿に思わずほっこりさせられるブログです。

ゆっきーなさんが実際に使っている美容アイテムやファッションも必見です。

(4)経営コンサルタントの日常

経営コンサルタント会社社長を夫に持つ奥さまが運営されているブログ。生真面目な夫との生活をつづられていますが、時々旦那さまもブログをUPされています。

タイトルにもあるようなお堅い職業ではありますが、ちょっと天然ボケなところのある旦那さまの日常がつづられており、ときどきクスッとさせられるほっこり加減に癒されるブログです。

(5)福岡在住のRIOKA さんのブログ

旦那さまの夢だった念願の会社設立が叶い、見事、社長夫人になったRIOKAさん。以前は節約メインのブログでしたが、現在ではファッションや美容・旅行メインにされています。

シャネルやフェンディなどといった大好きなブランド品や、海外旅行の様子を紹介していて、社長夫人らしい華やかな生活を見ることができます。

 

3:社長夫人の服装や仕事6つ

社長夫人なら、服装について毎日気を遣っていそうですよね! また、仕事ってどんなことをしているのかも気になります。ここでは、社長夫人によくある服装や仕事について紹介します。

(1)高級バッグを長く使う

社長夫人と聞くと、いかにもブランド品などを買い漁っているようなイメージがありますが、多くの社長が結婚を決めたタイプの女性は、意外とブランド品や装飾品を買い漁るようなことはしないようです。

もちろん、夫としてのメンツもありますから、良い物を持つように心がけていますが、これみよがしにブランド品に見えない物や、質の良い物を長く使っています。

(2)派手さがない清楚な装い

ひと目でわかるようなブランド服よりは、質のいい洋服を選ぶ傾向が強いようです。社長夫人の中には、自身も役員として会社に関わっている場合も多く、そうなれば他のステークホルダーの手前、派手になりすぎないように心がけているもの。

周囲から見た自分を意識していますから、経営者の妻だという自覚が芽生えてくると、自然と華やかさが抑えられたファッションに落ち着くのでしょう。

(3)自分に合うファッションを知っている

社長夫人は、結婚式や祝賀会などで同伴を求められることもよくあります。そういった場でのTPOはもちろんのこと、いくら高いものを身に着けていても、自分に似合わないなら悪目立ちしてしまいます。

男性は妻の美しさやを競い合う傾向が強いですから、夫の隣りに立っても恥ずかしくないように、自分に合うファッションを知り、常に身ぎれいにしています。

(4)専業主婦の場合も多い

社長業は定時で終わるものではなく、また仕事以外の付き合いも多く、どうしても家庭がおろそかになってしまうこともあります。

特に、家庭をしっかり守ってほしい気持ちが強い社長であれば、専業主婦として家庭を支えてほしいと考えることも多いでしょう。

特に中小企業の社長の場合、夫の収入をしっかり管理し、将来に備えられる女性を選んでいます。収入を投資に回したり、投資はせずともコツコツ節約できる金銭感覚が必要です。

(2)夫の会社の役員を務める場合も

妻を夫の会社の役員にすることが多いのは、妻を夫の会社役員にすることで、所得が分散され、節税につながるという面が多いでしょう。

役員報酬を支払う名目ができますし、社会保険に加入できますし、もし辞めるときにも役員報酬が受け取れるのも、大きなメリット。

もちろん夫の会社の業務内容に詳しく、経営方針や事業をしっかり理解している妻なら、夫もおおいに助かるでしょう。

(6)妻も社長の場合も

同じ経営者となれば、苦悩や目標などいおいてわかりあえることも多く、経営者同士が結婚することもよくあるケースのようです。

社長はときとして大きな決断を下す必要があるため、同じ立場を理解してくれる相手を求めることもめずらしくありません。また、社長である夫が病気になったとき、妻が夫の代わりとして社長に就任し、会社が継続される例も多々あります。

しかし、それと同時に経済的に成功している社長同士の場合、すれ違いが起こるとなかなか関係が改善されないデメリットもあるようです。

 

4:案外堅実な面も!夢を見すぎないように…

社長の妻とはいっても、セレブ生活を満喫している人もいれば、夫を内側から支えたいと財テクに熱心な社長夫人もいたりと、内情は人によってさまざまです。

社長夫人に夢を見ているという人は、社長夫人になった後の現実もよく考えてみましょうね。

 

【参考】

社長夫人だけど節約主婦♡

狛江発!笑う社長夫人のニッポンセキララブログ

♡社長夫人しあわせ真っ只中♡

経営コンサルタントの日常

福岡在住のRIOKA さんのブログ