恋のなやみに効くメディア

中折れ対策には何がある?途中で萎えてしまう原因とその改善法

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:中折れとは?経験したことある?

(1)中折れとは?

中折れとは、エッチをしている最中に男性器が萎えてしまって、勃たなくなってしまうこと。これが起こると、エッチを続行させることは難しくなり、途中で終わってしまいます。復活させようとしても、思うようにいかないため、自信をなくしてしまう男性がいるほど。

(2)経験したことのある割合は?

年齢と共に中折れすることが多くなるとは男性の間でよくいわれていることですが、実際にはどうなのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20代~40代の男性497名を対象に独自のアンケート調査を実施。そこで「セックスしているときに、途中で勃起しなくなってしまった(中折れしてしまった)ことはありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・238人(48%)

ない・・・259人(52%)

約半数の人が経験したことがあるようです。ちなみに年代別にまとめてみました。

20代・・・22人(38.6%)

30代・・・74人(46.5%)

40代・・・142人(50.5%)

やはり、年齢が高くなるにつれて、中折れしてしまう可能性は高まるといえそうです。

2:中折れの原因5つ

中折れしてしまう原因とはいったい何なのでしょうか。男女のカラダについて精通し、ライターとしてその啓蒙活動を行なっている看護師の大木アンヌさんに、お話を伺ってきました。

(1)緊張

大木:中折れしてしまう原因のひとつに、緊張があります。例えば、初めて女性とセックスするときに過度に緊張してしまって中折れしてしまうことがあるよう。その他にも、一度中折れしてしまったことで、「またするのではないか」と怖くなって、中折れしてしまう悪循環に陥ってしまうこともあります。

(2)ストレス

大木:日ごろのストレスも、中折れしてしまう原因のひとつといわれています。例えば、仕事が忙しくてリラックスできない環境にいたり、大きな仕事を任されていてプレッシャーを感じていたり、人間関係のトラブルを抱えていたり。そうすると、セックスのときもリラックスできずに中折れをしてしまうことがあるようです。

(3)生活習慣の乱れ

大木:生活習慣の乱れなども中折れの原因のひとつと考えられます。過度な疲労が溜まっていて体調不良を感じていたり、昼夜逆転した生活をしていたり、残業のし過ぎで寝不足だったりなどの原因で、勃起の持続に支障がでてしまうことがあります。

(4)お酒

大木:お酒の飲みすぎも中折れの原因と考えられています。男性なら、一度くらいは経験があるかもしれません。適度な飲酒なら問題ないかもしれませんが、お酒を飲みすぎて酔っ払った状態だと、セックスに支障がでてしまうことがあります。

(5)加齢

大木:加齢によってカラダが衰えてしまうことは当たり前のこと。これは性欲や男性器に対しても同じことがいえます。

歳を取ると血管が細くなったり、筋肉が衰えたりします。それが原因となってペニスに十分な血液が送られずに、中折れしやすくなってしまうのです。

3:中折れ対策として男性ができることは?5つ

中折れ対策としてできることはないのでしょうか。引き続き、大木アンヌさんにお話を聞いてみました。

(1)リラックス

大木:セックスをするときに、過度に緊張してしまうという人はリラックスすることを心がけてみてください。自分が好きな音楽をかけてみたり、アロマキャンドルを炊いてみたり……。いきなりセックスに向かうのではなく、ムードを楽しんで、緊張感を取り除くことが大切です。

セックスの経験がないことで緊張しているのなら、ある程度の回数を重ねることで、自然と緊張しなくなって中折れすることもなくなるはずです。

(2)ストレスの緩和

大木:ストレスフルな毎日を送っているなら、それらの緩和に力をいれてみてください。思いっきり運動したり、好きな漫画を読んだりして、ストレスの解消を行ってみるといいかもしれません。ストレスがあまりにひどい場合は、専門機関に足を運んでみることも考えてみてください。相談するだけで気持ちがラクになることもあるようです。

(3)規則正しい生活

大木:規則正しい生活を心がけることも大事。特に睡眠不足は、さまざまな体調不良を引き起こす可能性があるので、質のいい睡眠を取るように心がけてみてください。

寝る前にスマホをいじっていたり、寝る前にコーヒーを飲んでしまったりすると、睡眠の質を下げてしまうことになるので気をつけましょう。

(4)過度な飲酒を控える

大木:過度な飲酒も控えたほうが良さそうです。日ごろのストレスからどうしても飲酒をしてしまうこともあるでしょう。しかし、休肝日を設けたり、セックスをする日は飲酒を控えたりして、体調に気をつけてみてください。

(5)トレーニング

大木:トレーニングをすることも中折れ対策になるので始めてみるといいかもしれません。特にスクワットやウォーキングなどの下半身を鍛えるような運動がいいでしょう。ただし、運動をしていなかった人が急に始めると怪我をしてしまうことがあるので、適度なトレーニングにとどめておきましょう。習慣化が大切です。

4:彼女としてできる中折れ対策お手伝いとは?3つ

今度は、女性側ができる中折れ対策をご紹介します。

(1)シチュエーションを変えてみる

大木:セックスがマンネリ化していると、男性が性的興奮をしなくなって、結果として中折れをしてしまうことがあります。そのため、毎回同じシチュエーションでセックスを行うのではなく、ホテルを利用したり、女性側がリードするなどして、マンネリ化を打開してみてください。

(2)痛い

大木:女性側での愛撫の仕方に問題があって中折れしてしまうこともあります。例えば、お口でエッチが強すぎて痛かったり、手での愛撫が雑で気持ちよくなかったりすると、性的興奮が冷めてしまいます。男性側の反応を確かめながら行うようにしてみてください。

(3)ラブグッズを使ってみる

大木:マンネリ化の打開という意味だけではなく、男性の体力面のカバーを行う意味で、ラブグッズを使ってみるといいかもしれません。男性に体力を使わせないように、女性側が上になってセックスを行うのもひとつの方法です。

中折れしてしまいやすいときは、女性側が配慮してあげることが、問題解決のためのひとつのきっかけになることもあるのです。

5:まとめ

加齢によって性欲が衰えてしまうのは普通のこと。中折れをしてしまっても仕方ないのかもしれません。女性があまり気にすると男性を傷つけてしまうので、なるべく中折れを意識させずに、まずは心身ともにリラックスさせてください。

【取材協力】

大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。