恋のなやみに効くメディア

育児マンガが無料で?パパにもママにもおすすめ育児マンガ10選

三浦 希枝K.Miura

目次

隠す

1:パパにもママにも!育児マンガのおすすめは?

育児をしていると、その大変さや育児中のあるある等を誰かと共有したくなることがあると思います。また、どうやって育てていけば良いのか悩むこともありますよね。

そんなときには育児マンガを読むのがおすすめ! ほのぼのさせてくれたり、共感できたり、勉強できたりもするマンガがたくさんあるので、ちょっとした息抜きにぴったりなんです。

 

2:ごっちゃんに爆笑!おすすめ育児マンガ5つ

「あるある!」「わかる〜」にあふれ、中にはちょっとキュンとするような内容のものも。共感できたり自分の不安を代弁してくれていたりする内容の育児マンガを5作品、見ていきましょう!

(1)『ママはテンパリスト』

キャッチコピーは「すいません。育児ナメてました。」

大人気マンガ家の東村アキコさんの実体験をもとに描かれた育児コミック。主人公のママがイタズラ好きの愛息ごっちゃんの育児を、女手ひとつで奮闘するという作品です。

ごっちゃんの描写がとても可愛く、それだけで癒やされるのですが、それをみたママの反応がまた面白く、声を出して笑ってしまうこと間違いなし! また、「魔の2歳」や断乳を乗り越える姿も具体的に描かれていて、実際の育児の助けにもなります。

(2)『だいすき!!ゆずの子育て日記』

マンガ家の愛本みずほさんによる、軽度の知的障害を持つ主人公が育児に奮闘する姿を描いた作品。物語のスタートは最愛の彼が突然なくなってしまい、それと同時に妊娠が発覚するという衝撃的な内容。親に反対されながらも、それを押し切って産むというところからスタートします。

一生懸命育児に取り組む姿にはとても励まされます。「わたしももっと頑張れる!」と前向きになれて、共感ポイントもかなり多いマンガです。

(3)『妊娠17ヶ月!40代で母になる』

坂井恵理さんによる作品です。同棲中のカップルが、あるとき妊娠がわかり、結婚、死産を経験します。その後再び妊娠し、子どもを産み、新たなストーリーが始まります。子どもを欲していなかったカップルが少しずつ母親や父親になっていく姿を覗くことができる作品といえるでしょう。

一見重いテーマのように見えますが、中身は読んでみると共感ポイントだらけ! 親になるということの、心理的なプロセスを見ることができるマンガです。

(4)『私たちは繁殖している』

1994年発売当時、タイトルがセンセーショナルで話題になった、内田春菊さんの作品。出産前から、子どもが大学生になるまでが描かれています。

主人公の春菊ママは非常に堂々としていて、読者としても、とても頼りになるところに憧れます。育児をしていると「自分の母親と先輩ママ、さらに看護師さんそれぞれ言うことが違う」なんていうことがざらにありますが、「適当でも育つ」という春菊ママイズムに救われることも。

(5)『ごんたイズム 子育てバトル365日』

カツヤマケイコさんの作品で、2~3歳児の男の子のあるあるを楽しむことができます。イヤイヤ期の子どもを育てたことがある人ならば共感できるかと思いますが、この年代の男の子は、ハンパなくやんちゃでいたずらっ子!

育児の大変さを共有できるので、特に男の子の育児に悪戦苦闘しているママにオススメのマンガです。

 

3:書籍化も?ブログやインスタで無料で読める育児マンガ5つ

ブログやインスタに投稿された育児マンガが反響を呼び、中には書籍化されたものも! どんなマンガが無料で見られるのか、早速チェックしていきましょう!

(1)こつばんさん(@kotsu_ban)

こちらは、Instagramで育児マンガを発信している方で、こちらをまとめた単行本『しーちゃん』も発売されました。娘のしーちゃんの成長過程、子どもならではの謎の行動や発言と、温かい親子の会話を楽しめるマンガがたくさん公開されているので、育児マンガでほのぼのしたい方におすすめです。

大変な人気で、LINEスタンプが販売されていたり、原画展が開かれていたりします。

(2)「M子ママのズボラ子育て 〜楽な育児しかしないよ〜」

こちらは妻、夫、けーちゃん(0歳)、2匹の猫、2匹のモルモットとの毎日をマンガで発信しているブログです。けーちゃんが可愛くて、ほのぼのできるのはもちろん、ブログ名からもわかる通り、完璧すぎないズボラ育児についても発信しているので、自分の育児に生かせる情報を入手できます。

独自のキャラクターを使って家族を描いている点も面白いので、ぜひチェックしてみてください。

(3)「いくじょぶ!!」

こちらは、出てくるお子さんが全員男の子という育児ブログです。作者のこころさんが男の子ふたり、こころさんのお姉さんが男の子3人を育てています。他のマンガにはない独特でコミカルな親子のやりとりが面白く、クスッと笑えること間違いなし!

(4)「いずみえもの子育て絵日記」

こちらは家事が全般的に苦手といういずみえもさんが発信しているブログです。このブログはお子さんの月齢・年齢別にカテゴリー分けされているのでとても見やすく、自分の子どもの年齢の部分を読めば、共感すること間違いなしでしょう。

また、妊娠出産レポも書かれていて、マンガを通して読めるので、大変勉強になります。

 

4:自分にあった無料育児マンガは必ずある!

とてもたくさんの育児マンガがあり、名作といわれるものを書店でチェックしたり、無料で読めるものもたくさんあったりするので、ぜひともチェックしてみてください。

共感できたり、ほのぼのできたり、心の助けになったりするようなマンガと出会えるはず。育児に悩んだり、ストレスがたまったりしたら、ぜひ自分の気持ちに寄り添ってくれるマンガを読んでみてくださいね。

 

【参考】

こつばんさん

M子ママのズボラ子育て 〜楽な育児しかしないよ〜

いくじょぶ!!

いずみえもの子育て絵日記