恋のなやみに効くメディア

男性の恋愛心理を行動から読み解く!脈あり・脈なしサインの違い

大船くじら

大船くじらK.Ofuna

©gettyimages

目次

隠す

1:男性の行動に隠れる恋愛心理を知りたい!

(1)「好きな女性に意地悪したくなる」のは子どもだけ?

子どものころ、好きな女の子をいじめたり、からかったりなど気持ちと裏腹の行動をしてしまう男の子がいませんでしたか? これには、好きなのに「仲良くしよう」といえないもどかしさや、とにかくなんでもいいから自分に関心を向けさせたいという心理がはたらいているといわれます。

コミュニケーション能力がつけば卒業できる幼稚な行為ですが、大人になってもそういった行動をとる男性は一定数います。意地悪までいかなくても、やたらイジってくるような場合、それは好意の裏返しの場合も。

また、どう振る舞ってわからない気持ちから、冷たい態度を取る人もいます。彼らは、恋愛に関して大人になりきれない男性だといえそうです。

2:好意のある女性に見せる脈あり行動と隠された心理5つ

男性の脈ありサインには心理状態が反映されるもの。ここでは男性の行動から恋愛心理を読み取ってみましょう。

(1)目で追ってしまう

好きな人が身近にいると、その姿を目で追ってしまう男性は多いです。これは好きな人のことが頭から離れず、気になって仕方がないという心理からの行動。

「付き合いたいなぁ」「話しかけるチャンスないかな」「ほかの男性と何を話しているんだろう」「今日もかわいいな」など、さまざまな気持ちが入り混じって、視線が向いてしまうのです。

(2)どうでもいいLINEをしてしまう

普段は必要最低限の連絡をするぐらいで、LINEなんてほとんどしないような男性でも、好きな女性にはついついLINEをしてしまうことも。これは、離れているときでも、好きな女性のことを考えていて、「いつでもつながっていたい」という心理の表れです。

つながりたい気持ちはあるものの、特にネタがあるわけでもなく、「何が言いたいんだろう?」と思ってしまうような、どうでもいい内容のLINEをするようなことも多々あります。

(3)近くにいる

「なんだか気が付いたらいつも近くにいる」ーー。そのような行動をとる男性もいます。さりげなく近くにいることもあれば、飲み会などで露骨に隣や向かいに座るケースもあるでしょう。

これは「話をしたい」「仲良くなりたい」という心理からの行動。「チャンスがあれば話しかけたい」という気持ちや、「近くにいれば向こうから声をかけてくれるかも」という期待からと考えていいでしょう。

(4)彼女ほしいアピール

「全然モテないんだよね~」「彼女ほしいなぁ」など、好きな女性に「彼女ほしいアピール」するのは、相手の気持ちを探りたいという心理から。

「えっ、彼女いないの? モテそうなのに」と返答があれば「可能性あるかも」と思えますし、「私も彼氏いないんだ」と言われたら、自分にもチャンスがあるのかも、と思ってしまうのです。

(5)自慢話をしてしまう

基本的に、自分を実際より大きな存在として周囲に見せたがる男性は多いです。好意のある女性に対しては、なおさらその気持ちが強くなり、自慢話や強がった発言が増えるもの。

これは、自分がどれだけ優れているのかをアピールして「すごい人」「できる人」などと思われたい心理からの行動です。しかし、大抵の場合は実際の姿は見抜かれているので、あまりプラスにはなりません。

3:男性が見せる職場ならではの脈ありサイン5つ

職場の同僚などに恋愛感情を持ったときには、仕事をする場所ならではの特徴的な行動を取ることがあります。ここでは職場での脈ありサインをご紹介します。

(1)やたら話しかける

職場に好きな人がいると、その女性にやたら話しかける男性は多いです。毎朝わざわざ好きな女性にあいさつしに行ったり、用もないのに席が離れている女性の所まで話しかけに行ったりするでしょう。

「この人ってこんなに話をする人なんだっけ?」と周囲が意外に思うようなタイプが、急に特定の女性に話しかけるようになるのは脈ありサインといえるでしょう。

(2)仕事できるアピール

多くの男性は、好きな女性に優秀な人間だと思ってもらいたいもの。職場内において自分の優秀さをアピールするのは、仕事ができると認めてもらうためでしょう。そのため職場内で恋に落ちた男性は、積極的に仕事をするようになるケースがあります。

好きな女性にいい所を見せたい気持ちが根底にあるので、「自分がいちばん仕事ができる」というような自己アピール入ることも多々あるでしょう。

(3)差し入れをする

職場内に好きな女性がいるときに、アピール方法のひとつとして、差し入れをしたり、旅先からお土産を買ってきたりすることがあります。これは「喜ぶ顔を見たい」「気の利く男アピールをしたい」「分かりやすく好意の気持ちを示したい」などの気持ちからの行動。

職場の親しい人全員に買ってくるなら脈の判定はできませんが、自分だけに買ってきてくれる場合などは、脈ありの可能性が高いです。

(4)困っているとサポートしてくれる

好きな女性の力になりたいと思うのが男心ともいえます。好きな女性が仕事で困っていれば、すぐに飛んできて万全のサポートをしてくれるでしょう。「困っていることない?」など相談にのりたがる傾向も見られます。

純粋に好きな女性を助けたいという気持ちや、「頼りになる男」アピールをしたい気持ちなどが入り混じった行動。誰にでも面倒見のいい男性ではないのなら、脈ありの可能性が高いでしょう。

(5)仕事外で会いたがる

興味や好意を抱いていない相手とプライベートまで付き合いたいとは思わないもの。「仕事終わったら飲みにいかない?」とか「今度の休みに遊びに行こう」など誘ってくるなら、脈ありかもしれません。

ふたりきりじゃなくても、飲み会や、イベントを企画する機会が増えて、「いつも同じ女性を誘う」という状況も「デートに誘うのは気が引けるけど、一緒に遊びたい」という気持ちの表れの場合があります。

4:これは脈なし…好意のない女性に男性がする行動と心理3つ

脈ありサインがあるように、脈なしのときにもサインは出ます。現時点では、脈なしと考えて間違いない行動を3つ見てみましょう。

(1)LINEを完全スルー

LINEをしても、既読や未読に関わらず、まったく返信をしてくれない場合は、現時点では脈なしだと思って間違いないでしょう。「LINEが苦手な人かも」と思いたくなるかもしれませんが、連絡が苦手な男性でも、好きな女性や興味のある女性からのLINEには反応をするもの。

完全にスルーして、音沙汰なしの場合は「興味がない」「あまり連絡してきてもらいたくない」など、恋愛感情はない可能性が高いです。

(2)デートに誘っても断る

少なからず好意がある女性や、興味のある女性に、「食事に行きませんか」とか「遊びに行きましょう」と誘われて、断る男性はあまりいません。大抵は喜んで応じてくれるか、その日が無理なら代替え案を提案してくるでしょう。

恋愛慣れしていなくて、ふたりきりでデートするのが不安という場合もありますが、基本的には脈なしと考えたほうがいいでしょう。

(3)いじめてくる

好きな女の子をいじめてしまうのは、子どもだけ。たしかに大人になっても、好きな女性をからかったり、そっけない態度を取ったりしてしまう男性もいます。しかし、相手が傷つくようないじめをする男性はほとんどいません。

みんなの前で恥をかかせる、集団でいじめるなどの行動は、決して脈ありサインではありません。仮に恋愛感情の裏返しで、酷いイジメをしているならヤバイ人なので、関わらないほうがいいでしょう。

5:男性の行動から恋愛心理を読み解こう

多くの男性は、恋愛対象の女性に特別な心理を抱くものです。男性のささいな心理の移ろいに気づくことができれば、「距離を詰めてみる」「深入りされたくないから距離をおく」など相手に合わせた対応が取れるようになれますよ。