恋のなやみに効くメディア

いい女とは?男性目線で考える「愛され続ける女」になる方法

大船くじらK.Ofuna

©gettyimages

目次

隠す

1:男性の「いい女」は女性が思っているのと違う?

女性と男性で「いい女」の基準は違うのでしょうか。どちらにも聞いてみたとして集まる回答にはそれほど差がないような気もします。違いがあるとしたら「いい女」に対する感情でしょう。

女性は「こんな女性になりたい」と憧れのような気持ちが入り、男性は「こんな女性と付き合いたい」と恋愛対象としての気持ちが込められると思います。つまり、男性にとっての「いい女」は「理想の恋愛相手」と言い換えられるのではないでしょうか。

2:男性が考えるいい女の特徴7つ

では男性はどのような女性を理想としているのでしょうか。男性目線のいい女の特徴をご紹介します。

(1)自然体

自分を飾らない、まっすぐで自然体に生きている女性は魅力的です。相手によって態度や言動がコロコロ変わる人も多い中、素直に自分の気持ちをいつでもまっすぐに表現して、自分らしいライフスタイルを確立している女性は、男性目線でも「いい女」と感じられます。

一歩間違えると、自分本位で人の気持ちを考えない「わがままな女」「空気の読めない女」になってしまうので、バランス感覚も必要なのかもしれません。

(2)笑顔がすてき

表情ひとつで女性のルックスはプラスにもマイナスにもなります。すてきな笑顔の持ち主は本来の魅力を何倍にも増幅して、「いい女」と男性に思われるでしょう。

いい笑顔はポジティブなエネルギーに満ちあふれていて、自然と周囲まで明るい気持ちにさせてくれます。そんなムードメーカ的な要素をもっている部分に惹かれる男性は多いです。

(3)頑張っている

自分の仕事でしっかりキャリアを積んでいる、夢や目標が明確でそれに向かって努力している。しっかり自立して、自分の足で人生を生きている女性もいい女。頑張っている女性はキラキラしてかっこいいです。

やむを得ない状況の場合もありますが、彼氏の収入をあてにして仕事をしなくなる女性や、惰性だけで日常をすごしている女性はいい女には当てはまりにくいでしょう。

(4)ユーモアのセンスがある

周囲を楽しい気持ちにさせられるユーモアにあふれた人も、いい女といえるでしょう。ユーモアのセンスがある人は、その場にいる誰かをイヤな気持ちにさせない配慮ができる笑いを提供するものです。ユーモアにあふれた女性は、頭のいい知的な女性ともいえます。

このような女性と会話をするのは楽しいもの。仲良くなればなるほど、その魅力にハマっていくのでしょう。

(5)気配り上手

職場などで困っている人がいれば敏感に気が付いて助けてあげたり、ひとりでポツンとしている人に声をかけてあげたりする、周囲にさり気ない気配りができる女性も男性ウケがいいでしょう。

気配り上手な女性のかゆい所に手が届く細やかな対応や、場の空気を敏感に察知して行動できる姿には、頼りがいや優しさが感じられて、いい女と思わせるものです。

(6)自分の意見を持っている

場の空気ばかり読んで周囲の雰囲気に流されてばかりの人は「本音が見えない」「意思がない」と思われてしまいがち。男女関わらず、自分の意見をハッキリ言うのが苦手な人は多いでしょう。

そんななかで、芯があって、自分の言葉で話せる女性はカッコよくて魅力的です。「こんなふうになりたい」。そんな憧れを抱かせる、カリスマ的な女性に惹かれる男性もいます。

(7)包容力がある

広い心で包み込んでくれる包容力のある女性も、いい女の特徴といえるでしょう。ありのままの自分を肯定してくれる優しさや、悩みごとなどを話しやすい懐の深さにとりこになる男性も多いもの。

安心して付き合える存在を求める男性は多いです。「この人は理由なく否定しない」。そんな信頼を持てる女性を恋愛対象にする男性は多いでしょう。

3:男性に「愛される」いい女になる方法5つ

ここからは男性に愛されるいい女になるために、押さえたいポイントをご紹介します。

(1)ネガティブ発言をしない

男性がいい女に求める条件のひとつが「ポジティブさ」です。日ごろからネガティブな発言や態度は慎むべきです。

職場などで、やらざるを得ない仕事があったときにも「こんなの意味ない」「めんどくさい」などと口にしないこと。苦手な人がいても「あの人キライ」とやたら広言しないこと。これらの発言は、同意見の人以外にとっては、聞いていて気が滅入るだけです。

(2)男性に依存しない

彼氏に頼りっぱなしの依存状態になるのはおすすめできません。自立した女性になったほうが、その後の人生を考えても得策といえるでしょう。

男性としても、金銭面でも精神面でも完全に頼りっぱなしにされると、「頼られて嬉しい」以上に「もっとしっかりしてほしい」という感情が生まれがち。恋人同士、支え合いは大切ですが、大人として自立した人間になってこそ「いい女」といえるでしょう。

(3)自分のことばかりにならない

自分のことばかりで周囲が見えていない人は「自分勝手な人」とわがまま認定されやすいです。恋愛でも職場でも相手のことを考える気持ちをもちましょう。

恋愛なら「自分がしてもらいたいこと」も大切。ですが、「恋人が求めているもの」も同様に考えてあげる必要があります。職場でも同僚や後輩に気遣いできる余裕が必要。お互いに与え合える関係を築けてこそ、愛される女性といえるのです。

(4)自分のカラーを出す

周囲との協調は大切です。しかし、あまりに同調ばかりしていると、没個性な印象が強くなってしまいます。あまり和を乱してばかりでは厄介者になってしまいますが、自分の気持ちやアイデアなどを主張することも、いい女には必要。

自分の中にある正義感や倫理観が受け入れられないことは、「イヤ」とはっきり宣言してしまいましょう。芯の強い女性は、男性目線でも魅力的です。

(5)自分らしい見た目に

ここまで内面的な「いい女」について説明してきましたが、多くの男性はどうしても女性の見た目に引っ張られてしまう傾向があります。おしゃれマスターになる必要はありませんが、それなりに身だしなみにも気を使うことをおすすめします。

自分の魅力をアピールできるメイクやファッションを見つけましょう。見た目で好印象を与えたほうが、内面にもプラスな印象をもってもらえるものです。

4:内面もいい女になろう

男性が思う「いい女」には「理想の恋愛相手」という意味合いも含まれます。どんなに見た目がよくても内面に「いい女」と思わせる部分がないと、恋愛関係は続きにくいです。人間性を成長させることが「いい女」には大切といえるでしょう。