恋のなやみに効くメディア

不倫がつらいのはなぜなの?根本的な理由と不倫関係を断つ方法

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:不倫ってつらいことばかりなのに何でやめられないの?

不倫はつらいもの。友達に相談することも紹介することもできず、堂々と交際することもできません。また、パートナーにバレれたなら、慰謝料を請求されるなどの恐れもありますし、誰かの幸せを踏みにじる行為であるのも事実です。

しかし、やめられない人が多いのもまた現実。それには、安定した関係ではないので執着心が強くなることや、悪いことをしているというスリルがさらなる欲求につながっていくこと、相手の妻や夫に負けたくないという誤った競争心、恋人がいない自分を一瞬たりとも受け入れられない寂しさなど、さまざまな理由が関係しています。

2:不倫がつらいと感じる本当の理由5つ

得られる幸せに比べると、つらく悲しいことのほうが多い不倫。その理由を具体的に見ていきましょう。

(1)いくら愛し合っていても結ばれることはない

どれだけ愛し合っていても、相手が「離婚」をしなければ、ふたりが結ばれることはありません。離婚はお金も労力もいりますし、愛する子どもと会えなくなるリスクもありますので、なかなか離婚には踏み切らずに、ズルズルと関係を続けるだけの人も多いのです。

本当に「本気」ならどんな理由があるにせよ離婚できるはず。相手がなかなか離婚しないということは、相手はあくまでも「ただの浮気」としか思っていないのでしょう。この事実を目の当たりにするのも、またつらいですよね。

(2)寂しいときにすぐに会えない

不倫相手にはすでに夫や妻、子どもなどの家族がいます。家族との時間が最優先ですから、会いたいと思ったときに簡単に会うことができないどころか、連絡すら取りたいとき取れません。

いくら口では「愛している」と言っても、実際は不倫相手である限り、優先されないのが寂しいですよね。

(3)人に言えない

「不倫している」なんてそう簡単には人には言えませんし、どこでバレるかわからないので迂闊に友達に紹介することもできません。

不倫を始める前は「愛しているからそれでもいい」と思ってしまうものですが、実際に不倫関係が続いていくと、友人の恋人の話を聞いたり、街で幸せそうなカップルを見たりするたびに、惨めになったり辛くなったりするのです。

(4)常に誰かを裏切っているから

不倫という行為をしていながらも、相手のパートナーを裏切っていることや自分の友人に秘密にしていること、両親が知ったら悲しむだろうということを考え、心を痛める場合もあります。不倫のつらさは、こうした罪悪感や情けなさからも感じるのです。

(5)二番手でしかない事実を突きつけられる

いくら不倫相手に「愛している」と言われても、何もかも今すぐ捨てて自分のところに来てくれない限り、自分はいつまでも二番手。不倫相手にとっては、いつでも妻や夫や家族がいちばんであるということを、あらゆる場面で目の当たりにしなければなりません。

【関連記事】

不倫の悩みを持つ人集合!辛い既婚者との恋愛の悩みを解決する方法

3:不倫がつらい…なら今すぐやめるべき理由4つ

もし不倫がつらく苦しいと気付いたら、できるだけ早くやめましょう。早くやめるほど、自分の今と将来を大切にできます。

(1)時間は無常に過ぎていく

相手が離婚して自分と結婚してくれるのならいいのですが、多くの場合、そううまくはいかないものです。束の間の幸せのためにつらく悲しい思いをする時間はあまりにも長く、有益ではありません。

いずれ不倫が終わりを告げたとき、時間を無駄にしていたことを激しく後悔する可能性も。先のことも考えながらリミットを決めたいですね。

(2)精神的にどんどん孤独になる

人に話せない、大っぴらに言えないのが不倫です。彼のことを話せないため友人との恋話も楽しめなくなったり、不倫していることを打ち明けられないために、恋話ができなくなったりして、次第に友人と距離を置いてしまい、やがて精神的にも孤独になってしまいます。

(3)バレたときのリスクが大きすぎる

バレていないときは楽しいものですが、バレたときのリスクが大きいのも確かです。不倫が発覚すれば、不倫相手は民法で言うところの「不貞行為」をしたことになり、不倫相手と自分それぞれが相手の配偶者から慰謝料を請求されることになります。

また、職場にバレたときは、公務員だと厳しい処分を受けるケースもありますし、民間企業でも会社によっては処分を受けたり、職場での居場所がなくなったりする場合もあります。束の間の幸せの代わりに失うものは大きいと言えそうです。

(4)不倫はクセになる

不倫をしようと思って始めたわけではない人でも、不倫の背徳感やスリル、通常の恋では感じられない胸を締め付けるような切なさを感じると、もう平凡な恋では満足できなくなってしまうこともあります。

不倫をやめたとしても、何の問題もない人には惹かれず、癖のある人や問題を抱えている人など、ひと癖もふた癖もある相手でないと愛情を感じられなくなってしまうのです。

【関連記事】

不倫の悩みはこう解決!不倫の悩み体験談とその解決法5つ

4:不倫がつらい人が今すぐやるべきこと方法3つ

不倫をやめたい。そう思ったときがやめどきです。どんな方法で、不倫相手をシャットアウトすればいいのでしょうか。

(1)ぱったりと連絡を絶って、着信もブロックする

所詮は不倫。突然連絡が取れなくなったとしても、本気で困ることはひとつもないはず。心から不倫をやめようと思うのなら、今すぐ相手との連絡を断ち、電話は着信拒否にしてLINEやSNSも完全にブロックしましょう。

相手は結婚していても恋人を作るような人ですから、詰めが甘いとあの手この手であなたに連絡をしてきて、再びズルい関係を続けようとしますよ。

(2)別れ話をしない

不倫をやめようと思ったら、きちんと彼とお別れしようとか、彼と別れ話をして決着をつけようと思いがちです。しかし、もともと不倫は「きちんとした」ことではないので、別れるときもきちんとする必要はないのです。

人は離れていくものや失いそうになったものを追ってしまうクセがあります。わざわざ別れ話をすると、相手が意地になって引き留めてきて、自分も引き止められたことに気分を良くして、関係が継続してしまうことも。別れるときは、フェードアウトがいちばんです。

(3)引っ越す・旅に出る・転職する

不倫をやめたいと心から思っているのに、意思が弱くてやめられない。そんな人は、不倫相手と簡単に会えないような場所まで引っ越したり、数ヶ月国内外でワーケーションをしたりと、会いたくても簡単に会えないような遠いところに行ってみるのもいいでしょう。

職場が同じなら、いっそのこと転職をして関係を断つものいいと思います。お金も労力もかかりますが、人生の貴重な時間を無駄にすることに比べたら安いものですし、心の底から不倫をやめたいと思っているのであれば、この程度の代償は安いものかもしれませんよ。

【関連記事】

不倫の別れは辛い…「愛してるからこそ別れる」は本当?別れた浮気相手との連絡法も

5:やめようと思ったときがチャンス

不倫はいけないことですが、簡単にやめられるのなら苦労しませんよね。でも、心の底から不倫をやめたいと思ったときはすぐに行動を。心が揺らぐ前に、彼を記憶から消し去るくらい思い切って、不倫から足を洗いましょう。