恋のなやみに効くメディア

彼氏と倦怠期!倦怠期カップルの男女の心理10選と簡単な乗り越え方

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:倦怠期の意味って? イライラするんですけど!

付き合ってしばらくすると、どんなカップルにも訪れると言っても過言ではない魔の時期が「倦怠期」です。

倦怠期は一緒にいてもイライラしか生まず、顔を合わせるだけで喧嘩が勃発! なカップルも珍しくありません。

ここを乗り越えることができるかによって、ふたりの将来は大きく変わりますが……!?

つまりのところ、多くのカップルにとっての正念場という感じに位置付けられることも多くなっています。

(1)倦怠期とは? 彼女も彼氏もなるもの?

「倦怠期」を辞書で調べてみると、次のような意味が示されています。

けんたい-き

飽きて嫌になる時期。特に夫婦の間柄についていう。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

要するに、お互いあるいはどちらかが、相手に対して「飽きた!」「嫌になった!」「もしかすると嫌いかも」なんて、ネガティブな感情を抱く時期を「倦怠期」と呼んでいるわけです。

彼女も彼氏もなるので、どちらが先に倦怠期を迎えるのかヒヤヒヤ……。

(2)倦怠期の時期は? どれくらい続くの!?

倦怠期の期間は、カップルごとに個人差があり、短い人だと数週間、長いカップルだと数ヶ月……です。

倦怠期の最中に別れ話に発展し「俺ら、もう無理だね」でジ・エンドを迎えているカップルもあとを絶ちません。

倦怠期が長くなるほど、ふたりの間に不穏な空気が。できるだけ短く終わらせたいけれど、そうもいかないパターンもあります。

 

2:倦怠期のイライラ…彼女の心理5つ

では、ここからは“彼女側”に聞いた、倦怠期のイライラ5選ご紹介していきます。

(1)「そこにいるだけでムカつきません?」

「倦怠期のときって、彼氏がそこにいるだけでムカつきませんか?

ぬぼーっと立っているような気がして、私はイライラしてくるんです。

で、ちょっとでもカチンとくるようなことを言われると、もう爆発しちゃう。

あんなに好きで付き合っていたはずなのに、なんで倦怠期になると、急に彼のすべてがウザくなるんでしょうか……」(みち・30歳)

(2)「声を聞くのも嫌になる」

「相手のことを好きは好きなんですけど、倦怠期になるといつも、彼の声を聞くのも嫌になります。

電話とかかかってきたら、もう最悪。

キモい声で話しているように思えて、吐き気がしてくることもあります。

ここで少し距離を置いて、倦怠期を乗り越えられればいいんですけど、空気を読まない彼だと“どうしたんだよ?”とかうるさいので、余計にキモく感じて……。

これまでに、この“倦怠期の声がキモい問題”で、何人もの彼と別れてます」(さや・28歳)

(3)「彼氏に会いたくなくなります」

「倦怠期のときって、一緒にいても楽しくないので、とにかく彼に会いたくなくなります。

会っても面白くないし、顔を見るとイライラするし。でも、気持ちはあるから連絡は取りたいのに、連絡するとまたイライラしちゃって。自分でもどうしていいのかわからなくなります」(みき・34歳)

(4)「自然消滅でそのまま別れちゃってます」

「倦怠期って何度か経験していますけど、倦怠期になるたびにその相手との別れを考えちゃいます。

だから私って、あんまり長く付き合ったことがないんです。相性が悪くなったような気がして、倦怠期なのか、相手の本性が見えただけなのかわからなくなっているうちに、そのまま自然消滅みたいなパターンがけっこうあります」(あい・27歳)

(5)「さみしいのに甘えられないジレンマ」

「倦怠期になると、彼との距離が出ちゃうからさみしいって思うんですけど、倦怠期になっているから、素直に甘えることもできなくて。

甘えたいけど、甘えられないでどんどんひとりでさみしくなっちゃうのが、私のいつものパターンです。それが原因で、浮気しちゃったこともあって……。

倦怠期なんてこなければいいのに、なんで誰と付き合っても倦怠期がくるんですかね?」(ゆう・32歳)

3:倦怠期のイライラ…彼氏の心理5つ

彼女の言い分には凄まじいものがありましたけれど、イライラしているのは男子も一緒。

というわけで、“彼氏側”に聞いた倦怠期のイライラを5選お届けします。

(1)「まるでずっと生理中みたいで扱いに困る」

「倦怠期になると、お互いイライラするんですけど、女ってまるでずっと生理中みたいに、些細なことでも不機嫌になる気がします。

両方ともイライラしているから仕方ないんだけど、腫れ物にさわるように接しなくちゃいけなくて、それで疲れちゃう。

そうやっておそるおそる接しても、結局ケンカになるし、倦怠期は嫌いです」(マモル・33歳)

(2)「会ってもつまんない」

「倦怠期になると、彼女と会ってもほんとつまんないですよね。

何から何まで噛み合わなくなるっていうか。だから、デートの約束をするのにもイライラしちゃいます。どこで会うとか何時に待ち合わせるとかの会話でも、噛み合わないからイライラが募る感じ」(ヒデ・30歳)

(3)「“もっと笑ってよ”って思います」

「倦怠期になると、折れたほうが負け的な空気が流れませんか?

俺は、何度も経験しています。で、倦怠期をなんとかして打破したいから、俺から面白いこと言って和ませようとするんですけど、俺が付き合う女性はみんな笑ってくれない。

笑えば倦怠期なんて吹き飛ばせる気がするんですけどね、ムダに話題を提供した気になって、ほんとイライラします」(コウタ・28歳)

(4)「浮気してんじゃないかと疑っちゃいます」

「倦怠期になると、なんのために一緒にいるのかわかんなくなってきますよね。

俺もイライラするし、きっと彼女もそうなんだと思います。で、やっぱエッチも減るんで、だんだんふたりの間にすき間が生まれる感じがします。

付き合っててもエッチしなくなるんで、ほかの男と浮気してんじゃないかと思って、考えるとイライラしますね」(ヒロ・33歳)

(5)「話が合わなくなる」

「倦怠期になると一緒に過ごす時間が減るんで、共通の話題が少なくなる。

だから話が合わなくなって、イライラします。俺の知らない話とかも増えてくるんで、彼女の話を聞くたびにイライラ。倦怠期になる前には、そんなこと思わないのに、倦怠期って不思議です」(カツ・30歳)

4:こわー!倦怠期カップルのLINE3つ

さて、では倦怠期を迎えたカップルは、どんなLINEを送り合っているのでしょうか。

こわすぎる倦怠期カップルのLINEを、3つのぞき見です!

(1)「会いたくない」

「明日どうする?」と聞いてきた彼氏に対し、「会いたくない」と返す彼女……。

倦怠期に入っているので、「会ってもケンカしちゃいそうだし、楽しくなさそうだし」という本音が、ついポロリといったところでしょうか。

ケンカしているわけでもないのに、恋人に「会いたくない」と言えちゃうのは、倦怠期ならではですよね~。

(2)「もう好きじゃないかも」

些細なことでケンカが勃発するのも、倦怠期にありがちな傾向のひとつです。

そのケンカの末に、日頃のモヤモヤが爆発し、思わず「もう好きじゃないかも」と送信しちゃうのも、倦怠期ならではのLINE。

冷静になれば「あんなこと、言うんじゃなかった!」と思うようなメッセージも、倦怠期のイライラのせいで、つい送信しちゃう女子は後を絶ちません。

(3)「別れたい」

倦怠期のイライラも限界までくると、もはや「別れたい」とLINEで伝える始末……。

そのまま相手が了承してしまうと、ここで関係はジ・エンドを迎えます。ちょっとしたLINEから別れ話に発展しちゃうなんて、倦怠期はおそるべし!です。

気持ちはあるけれど、一緒にいてもしっくりこない……となると、LINEでも別れ話的な話が始まるカップルは珍しくありません。

5:これで解決!倦怠期のカンタンな乗り越え方3つ

でも、倦怠期になって別れたくない! そこで、倦怠期のカンタンな乗り越え方を3つご紹介します。

(1)ふたりで笑い飛ばす

倦怠期を迎えたら、ふたりで「私たち、倦怠期だから」と共通認識をもつようにすると、ちょっとしたことなら笑い飛ばせるようになります。

倦怠期特有のイライラがどちらかに出てきたら、「あっ。倦怠期だー!」などともう一方が茶化してしまえば、イライラしている側もだんだんバカらしくなってきます。

(2)初めての体験をしてみる

倦怠期は、ちょっとやそっとでは乗り越えられないから厄介な話ではありますが「あ、倦怠期を迎えたな」と思ったら、その時点でデートはすべて“初めてのプラン”にシフトしてみるのもアリです。

よく「倦怠期には新しいことをしてみよう」的なアドバイスがあります。ですが、「してみよう」どころではなく「1から10まで新しいことしかしない!」と決めてデートしてみてください。新鮮な気持ちを取り戻すのも早まりそうですよ。

(3)ふたりで倦怠期を楽しむ

倦怠期を見て見ぬ振りしてしまうと、どんどん深刻になっていきます。この際、ふたりで「倦怠期を楽しむ」と決めて思いっきりケンカをしてみたり無視しあったりといったゲームに変えてしまいましょう。

すると、あら不思議。つまらないはずの倦怠期が、面白く感じてくるメリットが期待できます。

ふたりが一緒に倦怠期すらも楽しめちゃえば、その愛は本物!でもありますよね。

 

6:倦怠期なんて怖くない!

「やばい、倦怠期がきたっぽい」と感じると、いても立ってもいられなくなる女子もいることと思います。

しかし倦怠期はどんなカップルにも訪れるもの。そう割り切ってしまえば、痛くも痒くもないはずです。

「倦怠期なんて、怖くないもんね!」の精神で、むしろ倦怠期を楽しむくらいの気持ちでいると、案外どうってことない時期だったりもします。

今、倦怠期で悩んでいるみなさんは、ぜひ明るく前向きに乗り越えていってください!