恋のなやみに効くメディア

告白の方法まとめ|成功しやすいLINEと直接での切り出し方とセリフ

吉岡サエコS.Yoshioka

©gettyimages

目次

隠す

1:嬉しい告白の方法ランキング!

年齢を問わず、告白されると嬉しいものですよね。直接言ったり、電話したり、メールやLINEをしたりと、告白の方法はいくつかありますが、どれが人気なのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20〜30代の男女424名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「されて最も嬉しい告白方法はどれですか?」という質問をしてみた結果のトップ3をご紹介します。

第3位 :電話しているときに・・・16人(3.8%)

電話での告白は、いつもと違う電話越しの声に、ドキドキしてしまいますよね。「顔が見えないからこそ言葉に集中できていい」という声も。

第2位 :LINE、メールで・・・17人(4.0%)

最近では、LINEやメールでの告白に抵抗感のない人が増えている印象ですよね。もはや生活の一部なので、LINEやメールでの告白は重くなりすぎず、ちょうどいいのかもしれません。

第1位 :直接会っているときに・・・372人(88%)

多くの人がデート中など、対面での告白が嬉しいと回答していました。やはり相手の緊張が伝わってくるのも、直接告白の良さではないでしょうか。

2:【大人版】成功しやすいLINEの告白の仕方5つ

若いうちは何でもありかもしれませんが、ある程度大人になるとそうはいかないもの。ちょっぴり大人な、成功しやすいLINEでの告白の仕方を5つ見ていきましょう。

(1)手紙風に伝える

LINEなのにあえて、手紙風に気持ちを伝えるテクニックです。LINEだと短い文章が多いですが、ある程度長さがあったほうが、告白らしさも出るもの。

かといって、実際の手紙よりは短くて読みやすいはず。かしこまった感じが出るところが、大人のLINE告白にぴったりです。「手紙は重すぎる」「長すぎる文を読むのが苦手」なんていう男性にも好評です。

(2)好きなところをあげる

直接会っているときだと緊張してしまいますし、好きなところなんてうまく伝えられないかもしれません。しかし、LINEならあらかじめ文章を考えておくことが可能です。

どこを好きになったのかをしっかり伝えることで、説得力が増すのもポイント。自分しか知らないエピソードなどと一緒に、具体的にあげましょう。

(3)敬語とタメ口を混ぜる

告白なら、いつもと少し違った雰囲気を出したいですよね。普段タメ口でやり取りをしている相手なら余計に、改まった感じになります。

「好きです」や「付き合ってください」は、あえて硬めの言い方のほうが、伝わるかもしれません。逆にいつも敬語で話している先輩とかであれば、タメ口を混ぜることでドキッとさせる効果が。

(4)LINEを彼の日課として定着させてから告白

あなたとのLINEを彼の日課にしてしまえば、告白の際の成功率は、グンとアップします。告白する前に、しっかり彼との距離を縮めておきましょう。

朝と寝る前は必ずLINEを送ることで、彼の日課になります。告白の前にジワジワ気持ちを盛り上げるのが、成功の秘訣です。内容は彼の負担にならない、短い文でOK。

(5)LINEで告白した理由を伝える

「緊張してうまく話せないからLINEで言うね」「どうしても今好きって言いたくなっちゃった」など、理由を伝えないと、なぜ直接言ってくれなかったのかなと思ってしまう人もいるかもしれません。

前向きな理由ならLINEでも嬉しいという人が多いようなので、ネガティブなことを言わないように気をつけて。

3:かわいい告白の仕方は?切り出し方3つ

では、直接だとどう伝えたらいいのでしょうか。かわいい告白の仕方と、切り出し方を3つまとめてみました。

(1)「好きです」

「シンプルがいちばん」と、直球で言われたい人が多いようです。ストレートな言葉は胸にグッときますし、ドキドキしてしまうんだそう。自分から告白することが多い男性だと、こんな告白は新鮮なのかも。

じっと彼を見つめて、好きだと伝えてみてください。まっすぐ彼を見つめる姿は、男性からかわいらしく思われるかもしれませんね。

(2)「ずっと前から好きでした」

「ずっと前から」をつけることで、かわいらしさをプラス。一途な印象を残すことができます。そしてあえて敬語なのがポイントです。

「こんなふうに告白されるのが夢だった」なんて男性も。長く好きでいてくれているとわかると、嬉しいものですよね。まさに憧れの告白のされ方のひとつといえそうです。

(3)「こんなに好きになったの初めて」

「初めて」に思わずドキッとしてしまうこのセリフ。特別感を感じると、人は嬉しいものです。あなただけですとアピールすることで、ピュアでかわいい子だと思ってもらえるかもしれません。

王道で清純なセリフが、やはりかわいらしく男性の記憶に強く残るようです。

4:言われると嬉しい男性からの告白セリフ3つ

女心をわしづかみの、いわれて嬉しい男性からの告白セリフ3つをご紹介していきます。

(1)「大好き」

「好き」よりも「大好き」のほうが、ドキドキしてしまいませんか? 優しい笑顔で言われたら、思わず照れてしまいそうです。「ホンマ好き」のような方言に萌える女性も。言葉ではっきり気持ちを伝えてほしいという女性が多いので、告白のとき「大好き」という言葉はマストですよね。

(2)「ずっと大切にします」

まるでプロポーズのような言葉に、ドキドキが止まらない女性が多数。男性の真剣さと真面目さが、垣間見えるセリフです。

「大切にします」「大事にします」は、女性のプリンセス願望を満たしてくれる、魔法の言葉なのかも。「先のことを考えてくれている感じが伝わるので嬉しい」という声も。

(3)「全部がタイプ」

ただ「かわいい」と褒められるよりも、「タイプ」といわれたほうが、丸ごと受け入れてくれている感じがします。

「顔が好き」といわれれば、「顔しか見ていないの」などと思ってしまいますよね。「全部がタイプ」「俺の理想」なんて告白されたら、ニヤニヤしてしまいそう。告白の際は、思いっきり甘いセリフが嬉しいようです。

5:まとめ

どんな告白方法でも、相手に気持ちが伝わることがいちばんです。毎日長電話する関係なら、電話中に告白してしまうのもアリ。恥ずかしいから察して欲しい、というスタンスでは気持ちは正確に伝わりません。ぜひ、自分に合った告白方法でアプローチしてみてはいかがでしょうか。