恋のなやみに効くメディア

好きな食べ物を聞いてくる男性心理って?印象のいい答えと悪い答え

平松隆円R.Hiramatsu

目次

隠す

1:好きな食べ物を聞かれたことある?

一緒に食事に出かける約束をしていて、「好きな食べ物ってなに?」と聞かれた経験がある人は少なくないでしょう。一緒に行く人が、友達なのか、恋人なのか、会社の同僚なのかといった関係性にかかわらず、せっかく食事に行くなら、おいしい食べ物や好きな食べ物を食べたいですよね。

ですが、そういった予定もないのに、好きな食べ物について聞いてくる場合、そこにはどんな心理が隠されているのでしょうか。

2:好きな食べ物を聞いてくる男性心理5つ

好きな食べ物を聞いてくる男性の心理について、さっそく考えていきましょう。

(1)相手のことを知りたい

食べ物は、衣食住と言われるように生活の基本。相手を知るためには、絶好の質問です。「だったら、ファッションや住んでるところでもいいのでは?」と思うかもしれません。

ですが、住んでるところをいきなり聞かれたら、正直ちょっと警戒しますよね。またファッションは、ある程度の知識がないと話が広がらないリスクも。そう考えると、食べ物の話題が無難なんです。

(2)話す話題がない

話す話題が見つからないときに助かるのが、当たり障りない食べ物の話。「何が好き?」という質問にはじまり「それだったら、どこのお店がおいしい?」、「僕が好きな食べ物は……」と、どんどん広がっていきます。

(3)共通点を探したい

性別や年齢を超えて、話しやすいのも食べ物の話題のいいところ。つまり、それだけ自分と相手で共通点を見つけやすいのです。好きな食べ物が一緒であれば、それだけで盛り上がることができます。

(4)相手をほめたい

外見やファッションをほめるのは、なかなかセンスが問われるので難しいもの。いまのご時世だとセクハラにもなりかねません。その点、好きな食べ物に関する質問から、おいしいお店の話に広げていけば、「そんなお店知ってるだ、すごい!」とか、「グルメだね」などとほめやすいわけです。

(5)食事に誘いたい

そして最後はこれ。食事に誘いたいからという心理です。好きな食べ物を質問して、「それだったら、おいしいお店知っているよ」と自然な流れで誘いやすくなります。

3:かわいい!好きな食べ物を聞かれたときの印象のいい答え5つ

それでは、好きな食べ物を聞いてくる男性の心理をふまえた上で、印象のいい答えはなにか考えていきましょう。

(1)誰もが知っているスイーツ

好印象を引き出せる無難な答えは、スイーツです。よくも悪くも、女性は甘い物が好きという印象があるので、女性らしく見せることができます。

また、スイーツであれば高級ブランドでもない限り、お店でもお土産でも値段はそこそこ。素朴な女性が好きな男性からすると、好印象に映るでしょう。

(2)流行の食べ物を答える

流行の食べ物は、テレビやSNSなどで見聞きすることが多いので、質問をしてきた男性も知っていることが多いはず。会話を広げたい男性からすると、安心して話すことができます。

(3)やっぱりお肉

話題のテーマとして話すのであれば、肉は安全です。そこから「焼肉が好きなの?」「ステーキが好きなの?」という質問が浮かびやすいですし、肉が好きな男性も多いので、デートに誘いやすくなるだけではなく、好みが合うかも!とポイントアップになる場合も。

(4)庶民的な食べ物

あまり高価な食べ物だと、デートに誘いたい男性からすると、ちょっと困りますよね。ラーメンとか餃子とか、庶民的な食べ物をあげるのが無難かもしれません。また、女性はラーメンや餃子を敬遠するイメージがあるので、あえてのギャップを狙うこともできるかもしれません。

(5)困ったらイタリアン

回答に困ってしまったら、無難なのはイタリアン。これがよく隣に並ぶ料理ジャンルのフレンチだと、あまりなじみのない男性からすれば、どんな料理があるのかわからなかったり、お高いイメージをもってしまったりなどのリスクが……。

イタリアンであれば、パスタ屋やバルなどカジュアルなイメージもありながら、女性らしい雰囲気も保てます。

4:好きな食べ物を聞かれたときのNGな答え5つ

では、反対にこれは言わないほうがいいという食べ物はなんでしょうか。

(1)変わった食べ物

ネタではなく正直なところ、筆者はレバノン料理が好きですが、「レバノン料理が好き」と言われても、たぶんほとんどの人がどんな料理かわからないのではないでしょうか。

「どんな料理?」と興味をもって、さらに聞いてくれるといいのですが、「そうなんだ」で終わる場合も。話も広がらず、デートにも誘いにくい食べ物は答えないほうがいいでしょう。

(2)お寿司

お寿司もなかなか難しいので、控えたほうが無難。回転寿司はデートに誘えないですし、ちゃんとしたお寿司屋さんとなればそこそこ値段が張るもの。デートに連れていきたいと考えている男性からすると、お店のチョイスに困るかもしれません。

「銀座においしいお店あるよ」なんて女性から言われたら、ビクビクしてしまう男性もいるでしょう。

(3)ヘルシー系の食べ物

好きな食べ物がサラダや、食材のキヌアなど、ヘルシー系だと、これも男性が困ってしまう可能性があります。どこのお店がおいしいのか心当たりがない場合もあるでしょうし、その男性自体がヘルシー系の食べ物にまったく興味がなければ、デートに誘う気が失せてしまうかも。

(4)お酒のおつまみ系

お酒のおつまみ系は意見が分かれるところなので、少し注意が必要です。一緒に飲みたいからお酒好きな女性が好き!という男性ならいいですが、お酒好きな女性に対してネガティブなイメージをもつ男性もいるからです。

(5)家庭料理

煮物や卵焼きのような家庭料理を答えるのは、一見すると好印象な答えのようですが、これも話を広げたり、共感するのが難しいので、あまり相応しくないかもしれません。料理をしない男性であればなおさら、そこからの話題に困ってしまうでしょう。

5:まとめ

食べ物の話題は、相手のことを知ったり、お互いの関係をこれからさらに進展させたいと思っていたりするときには、たいてい話題に上がるもの。何も考えずに答えるのは危険かもしれません。

質問してきた男性と仲よくなりたいなら、話題が広がるようなものを意識して答えてみるといいかもしれませんね。