恋のなやみに効くメディア

精液検査の料金は?保険適用される検査とされない検査・精液の持ち込み方法

水野 文也

水野 文也F.Mizuno

目次

隠す

1:精液検査とは?

不妊治療で男性側に原因があるかどうか調べるのが精液検査です。元気な精子が作り出されなければ、妊娠ができません。

そこで、精液量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態、感染の有無などを検討。以下に示した下限基準を満たしているかどうかで判断します。精液は、2〜7日の禁欲期間(射精しない期間)のあとに、用手法(マスターベーション)で全量を採取。病院で採取するのが望ましいとされています。

また世界保健機構によって刊行された「ヒト精液検査と手技」によると、精液検査の基準値は下記の通りです。

<精液検査の基準値>

検査項目・・・ 下限基準値

精液量・・・1.5ml以上

精子濃度・・・ 1500万/ml以上

総精子数・・・ 3900万/射精以上

前進運動率・・・32%以上

総運動率・・・ 40%以上

正常精子形態率(厳密な検査法で)・・・ 4%以上

白血球数・・・ 100万/ml未満

出典:「ヒト精液検査と手技」WHO・ラボマニュアル5版 翻訳

2:保険適用される精液検査とされない検査5つ

(1)一般の精液検査

精液検査には一般的に保険が適用されます。ただし検査キットには保険適用のものと適用外のものがあり、こだわりのあるクリニックでは適用外のキットを使用することも。

男性不妊症の外来がある病院や、男性不妊症の病院と連携している病院の多くは適用外のキットを使用しているようです。

(2)精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の触診

男性不妊の約40%は精索静脈瘤が原因といわれており、ふたり目不妊の原因として、悪化した精索静脈瘤があることが多いのだそう。精索静脈瘤とは、精巣の周りに静脈のこぶができてしまう状態のこと。この触診は精液検査と同時に保険適用でしてくれる病院が多いようです。

(3)クルーガーテスト(詳細な形の観察)や生存性試験

精子の詳細な分析を行うと保険の適用外になります。しかし厚生労働省によると、顕微鏡下精巣内精子回収法(MD-TESE)手術用顕微鏡を用いて精巣内より精子を回収する方法は適用外ながらも、不妊治療に要する費用の一部を助成する、助成特定治療支援事業の対象になるようです。

(4)ブライダルチェック

ブライダルチェックは、結婚妊娠の予定がある女性が、今後の健全な妊娠や出産に向けて、子宮頸がん、肝炎ウイルスなどをトータルでチェックするもの。最近では男性も同時に精液検査を行うなどペアで実施するクリニックが多く、これは保険適用外になります。

(5)第3者の精子を用いた体外受精・顕微授精

第3者の精子が関わるものは、代理出産などと同様、すべて保険適用外になります。これらは医学的のみならず、倫理上でどこまで行っていいものなのか、社会的にも課題となっています。

3:精液検査の費用の平均は?

保険適用内で検査すると1200円(初診料は別途かかる)で受けられますが、先述したように適用外診療を行うクリニックが多いため、その額にはバラツキがあるようです。

男性不妊を専門にしているクリニックでの費用は2000円~数万円、婦人科では5000円前後が目安。保険適用内の精液検査をしたい場合には大学病院に行くのがおすすめです。

4:精液検査の精液の持ち込み方法

病院でマスターベーション?となると、恥ずかしい気持ちもあるでしょう。これに関しては自宅で検査を行うことも可能です。

最後の射精から72時間以上経過後かつ120時間以内の精液を採取したあと、キットを郵送で受け付けてくれるクリニックが多いです。

5:精液濃度を改善させる方法はある?

精液濃度を改善させるには、圧迫しない、温めない、禁煙、肥満解消、過度な禁欲はやめる、定期的な運動、サプリメントの摂取……などの方法があります。禁煙、肥満解消、適度な運動など、一般的な健康方法と同じですね。

精子は33℃で作られ、体温よりも低い陰嚢(睾丸を覆う皮膚の袋)温度を保つことが重要だといわれています。

6:精液に関するトリビア5つ

(1)精子の寿命は?

精子の寿命は性交渉のあと48時間とよく聞きますが、最高で1週間ほど生きることもあるそうです。それはいわゆる愛液がどれだけ精子にとって「フレンドリーか」に左右されるのだとか。愛液は精子を長生きさせるそうです。

(2)回数は影響するの?

「やり過ぎはダメ」「子づくりするなら濃くしてから」などともいわれますが、頻繁な射精は、1回ごとの射精量が少なくなるだけで、精子を使い切ることはありません。通常の精子量をもっている男性なら「愛し合う」回数は関係ないようです。

(3)高温は敵!

前述したように、精液は熱に弱いため、精子は夏になると少なく、冬になると多くなる傾向があるといわれています。熱をもっているノートPCをひざに置いて使ったあとに営みをすると、精子が劇的に減る……なんて話もあるとか。

(4)精液が甘くなる?

一般的に精液の味は苦いとされていますが、フルクトース(果糖)を含んでいるため、パイナップルなど糖分の多いものを食べると甘くなるといわれています。ただ、これは都市伝説的な話で、実際に科学的には証明されていません。

(5)精子アレルギー?

ごく稀に、精子に対してアレルギー反応を起こすという話がありますが、実はこの場合、精子に原因があるのではなく、感染症の疑いがあります。どうしても気になる場合は、コンドームを使用しましょう。

7:まとめ

精子が正常かどうかには射精の回数は関係ないようで、濃い薄いだけではなく、元気に動きまわるかが重要だとされています。不妊の原因が男性にあるケースもあるので、パートナーに精液検査などで協力してもらいましょう。