恋のなやみに効くメディア

会話上手になりたい!話し方がうまい人に共通する特徴とすぐ実践できる方法

大山奏

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:会話上手な人と下手な人の違いとは?

会話が上手な人は、相手を楽しませ、自分の人生が豊かであるように感じさせてくれます。そういう人とは一緒にいたいと思うし、仲良くなりたいと思うもの。ビジネスでも必要なスキルといえます。

会話力とは、さまざまな要素が複合的に合わさって生まれるものですが、テクニックの習得や練習で上達するもの。会話が下手な人は、それを知らないだけなのです。

2:会話上手な人に共通する特徴5つ

(1)人の話をきちんと聞いている

会話がうまい人は、発信する能力だけが高いと勘違いされがちです。ですがこれは大間違い。実際は、会話がうまい人ほど人の話をしっかりと聞いています。相手の話を聞いて、相手がどの方向に会話を進めていけば喜ぶのかを分析しながら話すため、相手にとても楽しいと感じてもらえるのです。

(2)いつもポジティブに締めくくる

会話が上手な人と話したあとって、気分が上がっていることに気づきませんか。それは、会話がうまい人が、話の中でネガティブな言葉をほとんど使わないから。ちょっとめんどうな問題などを話さなければならなかった場合でも、最後は必ずポジティブになれる方向でまとめます。

(3)知識が豊富

会話上手な人はどんな人とでも話ができます。その理由は、もっている知識や興味のある分野の範囲が広いから。

どんなに話術があっても、自分のまったく知らないことについては話せませんよね。会話上手な人は、日ごろからさまざまなことにアンテナを張っているため、誰にどんな話題を振られても返すことができるのです。

(4)何を言いたいのかが明白

会話が下手な人の話を聞いていると「で、結局、何が言いたいの?」と頭に「はてなマーク」が浮かんでしまうことがあります。こういう人は自分自身でも何がいちばん伝えなければいけないことなのかがわかっていません。

逆に会話が上手な人は、頭の中が整理された状態。オチ、つまり結論が用意されているのです。そのため、ふいの質問にもしっかり答えられます。

(5)声に抑揚がある

会話上手な人が一本調子に話すことはありません。強調すべきところは強くはっきりと発音し、そうでないところは低めのトーンで話します。だから聞いているほうも、すんなりと内容が頭に入って来やすくなるのです。

3:すぐできる!会話がうまくなる方法5つ

(1)何にでも興味を持つ

まずは自分の中に「引きだし」ををたくさん作っておきましょう。世の中のすべてのことを知るのは不可能ですが、広く浅い知識をつけることは可能です。部分的にでも知っていれば、わからない部分を質問したりなど、内容のある受け答えができるようになります。

(2)相手が好きな話題を振る

会話上手な人って、自分よりも相手を主体にして会話を進めていることがほとんど。自分が話したいことを話すというよりは、相手が話したそうな話題を振って話させているのです。相手に話させる能力を身につければ、自分に話題がなくても会話上手と思われます。

(3)言いたいことをまとめてから話す

話す前に言いたいことを整理する癖をつけましょう。頭の中で考えるだけでも良いですが、紙に書き出すほうがスッキリしやすいです。伝えたい内容の中で、どこが重要なのか、どの順序で話すのが良いのかを決めてしまえば、話すのは格段にラクになります。

(4)相手と会話のテンポを合わせる

会話とはキャッチボールです。テンポやテンションを合わせることも重要です。相手の話す速さと自分の話す速さを合わせ、相手が楽しそうなら自分も楽しそうにする。これだけでも相手への印象がグッと良くなります。

(5)相槌を有効に使う

話し上手な人は相槌の使い方も上手です。「はい」や「うん」を「そうですよね」「へ~そうなんだ」と言い換えるだけでなく、「そこ、もっと詳しく教えて」「めっちゃおもしろい」「いいことを聞いた、教えてくれてありがとう」「泣けるね~」などなど、感想を挟むのも相槌です。

相手の求めている相槌を正しいタイミングで打てるようになると、相手が「この人、話しやすいな」と感じてくれます。

ほかにも『MENJOY』の過去記事「会話が苦手になる原因は?仕事や恋愛への影響、克服して話し上手になるコツ」には会話がうまくなる方法が載っているので、併せて読んでみてくださいね。

3:上手な会話のコツが分かるおすすめ本3選

(1)『人は話し方が9割』永松茂久著

ビジネスだけでなくプライベートでも、何をどんなふうに話したら良いのかわからないということってありますよね。そんな人におすすめなのがこの本。相手にまた会いたいと思わせる方法や苦手な人をかわす方法など、恋愛でも使えるエッセンスがつまっています。

(2)『伝え方が9割』佐々木圭一著

どう伝えれば相手からイエスを引き出せるのかが書いてある本です。2013年に発売された本ですが、今なお多くの人に読まれて、売れ続けています。本を読むのが苦手な人は『まんがでわかる 話し方が9割』というコミック版もあるので、そちらをおすすめします。

(3)『超雑談力』五百田達成著

雑談って、会話の中でもかなり難しいジャンルです。そんな話術を身につける方法について書かれたのがこの本です。読んでみると、会話が苦手な人がどこで失敗しているのか、どうすれば気まずい雰囲気にならないで会話を続けられるのかがわかります。

4:会話上手には誰でもなれる!

会話がうまいかヘタかは、生まれながらの能力で決まっているわけではありません。どのくらいテクニックを知っていて、それを使いこなせるかにかかっているのです。つまり、会話力は誰でも上げることが可能ということ。まずはあなたの周りにいる、超絶会話上手な人を観察することから始めてみてはいかがでしょう。