恋のなやみに効くメディア

仕事で失敗ばかりで辛い…仕事でミスが続く原因と対処法5選

森下あゆみ

森下あゆみ

目次

隠す

1:仕事で失敗ばかり…もしかして向いてない?

仕事のミスが重なると、自分には仕事が向いていない、就職すべきではなかったと思い悩み、いつ辞めようかと考える人も多いはず。しかし、失敗が続いている原因は、職種の向き・不向きとは関係がないかもしれません。失敗が続く原因は、何か別の問題がありそうです。

2:仕事で失敗ばかりする原因5

まずは、仕事で失敗ばかりする原因を考えていきましょう。

(1)仕事量が多く心身が疲弊している

仕事で失敗ばかりしていると、自分のスキル不足だと考える人も多いでしょう。しかし、失敗続きのときはスキルが理由ではなく、心身が疲れていたり、仕事量が多すぎたりする可能性も考えられます。

残業時間が長すぎる、同僚の何倍も仕事を割り振られているなど、周囲を見渡すと、明らかに自分だけ負担が大きい業務内容を抱えているかもしれません。

(2)コミュニケーション不足

普段から同僚と話をしない人や、困ったときに質問ができない人も、仕事で失敗を繰り返しがちです。コミュニケーションが苦手な人は、報連相(報告・連絡・相談)をためらうため、本当に必要なことが周囲に伝えられず、結果的に失敗につながるでしょう。

大きなミスをしたあと「あのとき少しでも相談できていれば……」と後悔してもとり返しがつきません。

(3)わかったふりをしている

仕事を教えてもらったときや、失敗を注意されたときなど、わかったふりをして会話を終わらせようとする人は少なくありません。「わからない」とはっきり言えない人や、質問をすることが失礼だと感じている人は、わかったふりをしてやり過ごそうとしています。

また、働くことそのものが面倒くさいと思っている人は、注意をされることを特に嫌い、改善や成長につながることに興味がないのです。ミスをしても、それほど気にしていないのかもしれません。

(4)いまの仕事が嫌い・興味がもてない

一生懸命仕事を頑張っているものの、実は心の中で仕事が嫌い、興味がもてない、自分の成長につながらないと思っていませんか? 口に出したり毎日思い悩んだりするほどではなくても、仕事に対してマイナスな印象を抱いていると、やる気が低下して失敗をする原因となってしまいます。

仕事のやりがいがなければ、働いていてもポジティブな気持ちにならず、悪いことばかり想像してしまうでしょう。

(5)失敗を気にしすぎる

失敗をいつまでも引きずっていては、気持ちが落ち込み新たな失敗をしてしまいます。ミスをしても、メモなどに注意点を書き留めたあとは、極力失敗を気にしないようにしましょう。ただ、注意されても気にせず笑っていればいいというわけではありません。

「同じミスをしたらどうしよう」「怒られたらどうしよう」と引きずるのではなく、気持ちを切り替えて、次の仕事を進めていくという意味です。大きなミスであるほど気持ちの切り替えは難しいですが、落ち込んでいると集中力が散漫になり、周囲が見えなくなります。

3:仕事で失敗ばかり続くときの対処法5

次は、仕事で失敗続きのときの対処法を紹介します。お金や手間をかけずとも、業務中にできるささいな方法でも、負の連鎖を断ち切れるでしょう。

(1)同僚や先輩に相談する

失敗を独りで抱え込んでいても落ち込むだけで、失敗を繰り返してしまいます。失敗ばかり続くときは、同僚や先輩に「こういうミスをしてしまったがどうすればよかったのか」と相談してみましょう。

周囲に話を聞くことで、効率のよい仕事の進め方や、画期的な対処法が見つかるかもしれません。思い込みで仕事を進めている人、いまの仕事のやり方に効率の悪さを感じている人にとって、周囲の意見はとても重要なものになります。

(2)見える位置にメモを置く

「◯◯のときは◯◯する」といった簡易的なメモ、その日にやることやリストは付箋やメモに書いて、すぐ目に入る場所に置いておきましょう。メモは、閉じているノートに書いたりパソコンのデータにしたりすると、すぐに確認できず注意点を忘れてしまいます。

人から注意されたこと、電話で聞いたことなどをすぐメモできるように、メモ帳、付箋、ペンは利き手側の近くに置いておくと、メモのとり忘れが防げます。

(3)注意された部分をノートに書き留めておく

ミスは絶対忘れないと思いつつも、仕事が忙しいと大切なことも忘れがちです。注意されたこと、絶対にミスをしてはいけないことは、ノートに書き留めて定期的に見返してみましょう。休憩時間などにノートをパラパラとめくって確認をするだけでも、ミスした記憶を思い出せるため、記憶から抜け落ちることが防げます。

注意されたことに加え、何がいけなかったのか、どうすればよかったのかもあわせて書いておくと、似たようなミスも防げるでしょう。

(4)少しでも気になる点があれば確認する

「これで大丈夫だろう」「あとで聞こう」という気持ちでは、ミスを重ねてしまいがち。周囲の人に聞きすぎると、相手の手を止めてしまい迷惑をかけてしまいますが、仕事の完了後にミスが出て修正するより、不明点はあらかじめ聞いておくほう効率がよいでしょう。

あたかも、初めて知ったかのように同じことを何度も聞くのは印象がよくありません。しかし「念のため確認をさせてください」と言い、わからない点を聞くと「しっかりチェックをしながら仕事をしている」と悪い印象にはなりにくいでしょう。

(5)しっかりと休む

仕事の失敗をカバーするため、長時間残業したり休憩をせず働いたりする人もいます。しかし、失敗続きで心身が疲れているときほど休憩が必要です。

特に、集中力がすでに切れているにもかかわらず根を詰めて仕事をすると、あとで確認をしたらミスだらけということになりかねません。休憩が億劫に感じる人もいますが、長時間働くことよりも正確な仕事をするほうが周囲にも迷惑がかからないでしょう。

4:まとめ

仕事で失敗をすると、落ち込み、別のミスを生むといった悪循環になるため、どこかで抜け出さなければなりません。

同僚と密にコミュニケーションをとり、メモをとるだけでも、ミスが減る可能性は高いはずです。考え方をいつもと変えるだけでも、いい変化があるかもしれませんよ!