恋のなやみに効くメディア

胸が固いのはなぜ?固くなる原因とふわふわにする方法

番長みるく

番長みるくM.Bancho

目次

隠す

1:胸が固いと感じたことはありますか?

大きさや形、やわらかさには個人差があるものの、胸はふっくらとしてやわらかいものですが、何らかの原因で胸が固くなることがあるようです。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代女性452名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「胸が固いと感じたことはありますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

ある・・・107人(24%)

ない・・・345人(76%)

7割の女性が胸が固いと感じたことはないと答えています。胸が固い原因がすぐに判明すればいいですが、理由がわからないと不安になりますよね。そこで今回は、バストが固くなる原因やマッサージ方法、病院に行く目安もあわせて解説します。

2:成長期や生理が関係?胸が固い原因5つ

なぜ胸が固くなるのでしょうか。考えられる原因をまとめました。

(1)成長期

成長期の女性の胸は、全体的に固く、触れたり動いたりすると痛くなることがあります。この場合は、将来母乳を作る乳腺が発達途中のため、固くても病気ではありません。

胸の形や大きさが大人と同じように見えても、まだ成長途中。これから乳腺が育ち、乳腺を守るための脂肪がついてくると、徐々に胸がやわらかくなり、痛みもなくなります。成長していく過程を楽しみながら、守り育てていきましょう。

(2)生理周期

胸の固さや痛みは、生理周期と関係しています。生理前や生理中に乳房が張って痛むのはよくあること。体のリズムは、生理周期によって常に変動しています。

(3)ピルの服用

生理で胸が固く、痛くなったことがない人も、避妊用ピルの服用で変化が起こる場合もあります。ピルの飲み始めは、体が慣れるまでに時間がかかるもの。生理前に胸が張るのと同じような感覚で、胸が固く痛くなる人もいるようです。

しかし服用していくうちに、徐々に消えるケースがほとんどです。

(4)体の冷え

体が冷えるとさまざまな不調を招きやすくなります。特に腸などの下腹部が冷えると排泄機能が低下し、腸内環境が悪化する可能性も。冷えて血流が悪くなると胸が固くなるだけでなく、背中のこわばり、肩こりや体のむくみ、重い月経痛の原因にもなります。

(5)乳房の病気

乳房の病気が原因で、胸が固くなることも。乳がん以外にも、胸の病気にはいろいろなものがあります。若いから大丈夫とは限りません。しこりがあるなど、何か変わった症状が現れたら、自己判断せずに専門医の検査を受けることが安心への近道です。

3:ふわふわバストを手に入れる方法4つ

やわらかいバストを手に入れるために、こんな方法を試してみてください。

(1)リンパマッサージ

リンパマッサージで血の巡りをよくし、ふわふわなバストを目指しましょう。胸全体に保湿クリームやオイルを塗り込み、滑りをよくします。

ひじから脇の下〜バスト上部、肩甲骨から脇の下〜バスト上部をさするようにほぐします。体が温まっている入浴後、コリをほぐすようにマッサージするのがポイント。左右10秒間10回ずつ行うのが目安です。

(2)ツボ押し

ツボ押しも胸をやわらかくするのに効果的。「中府(ちゅうふ)」は鎖骨外端の下から指2本分下がった部分にあるツボです。肩とは反対側の指4本を使って、グルグルと回すように押しましょう。

(3)肩甲骨のストレッチ

肩甲骨のストレッチは、胸の土台となる筋肉をほぐすのに効果的。左右の手のひらからひじまでをくっつけ、そのまま腕を上へ伸ばします。両腕を離さずに10秒間キープしましょう。理想はひじを鼻の高さまで上げること。

鼻にまで届かない場合は、肩甲骨が凝り固まっている証拠です。こまめにストレッチしてみてください。

(4)バストのマッサージ

胸の筋肉から乳房を引き剥がすイメージでマッサージしましょう。指先を熊手のような形に開き、指の腹部分を使って胸を寄せ集めるようにマッサージします。痛気持ちいいくらいの強さで、左右行うのがポイントです。

4:痛みのある胸のしこり…受診すべきときとセルフチェックの方法

胸に違和感を覚えたら、早めに診察を受けましょう。受診すべき目安を紹介します。

(1)痛みを伴うしこりがあったとき

いままでにない固さやしこり、ひきつれ、赤茶色や黄色っぽい乳頭分泌がある場合は、「乳腺科」か「乳腺外科」を受診しましょう。気になったときは、すぐに専門医に診てもらうようにして。

(2)毎月のセルフチェックを習慣に!

月1回、胸の自己診断を習慣づければ、変化に気づきやすくなります。乳房の張りが落ち着く、生理が終わった2~3日目に行いましょう。お風呂で手に石鹸をつけて滑りをよくすると、些細な違いも発見しやすくなります。

(3)具体的なセルフチェックの方法

自己診断の基本は乳房を見て、触ってみること。鏡の前で両腕を高く上げて、胸の正面、側面、斜めから観察します。ひきつれやくぼみ、乳頭のへこみ、湿疹のようなただれがないかチェックしましょう。乳を絞り出し、乳首をつまんで血のような液が出ないか確認します。

またチェックする胸側の腕を上げ、反対側の指をそろえて、軽く押すように全体的に触わりましょう。あお向けでも同様に行います。

5:まとめ

胸の固さをやわらげるバストのケア方法は、さまざまな相乗効果を得られます。血流をよくすることで、バストアップも期待できるかもしれません。

また胸に異常があると感じたら、画像検査などの詳しい検査のできる乳腺外来を受診するのがおすすめ。早めに調べれば、不安もスッキリ解消しますよ。