恋のなやみに効くメディア

鈍感な男にありがちな5つの特徴とは?好意に気づかない「鈍感男子」を振り向かせるには…

大船くじら

大船くじらK.Ofuna

目次

隠す

1:鈍感な男が意外にモテる?

「鈍感な男」と聞くと、細やかさがなく、あまりよくない印象です。しかし、鈍感な男がモテないかというと、決してそんなことはないでしょう。

自分がたくさん好意のサインを送っているのに一向に気づかない鈍感な男性に対して、腹立たしい気持ちになる人や、悲しくなってしまう人がいる一方で、「振り向かせてみせる」と燃える人もいます。

また、鈍感さが、細かいことを気にしない大らかさに結びついている男性も魅力的に見える場合があるでしょう。

2:好意に気づかない!鈍感な男の特徴5つ

ここでは鈍感と言われる男性に見られがちな特徴を紹介します。

(1)基本的にマイペース

鈍感な男と言われる人は、基本的にマイペースで、人に合わせた行動をとるのが苦手な傾向があります。例えば、友達と出かけたときに、急がないと間に合わないのに、いつまでもダラダラしているなど、相手をイライラさせる行動が見られるもの。

職場などの集団の中でも、みんなに合わせずに、自分のペースを乱さないで行動します。自分のペースで行動するのを好むので、周囲からは、「鈍い奴」「空気の読めない奴」などと、鈍感な人扱いされてしまうのです。

(2)細かいことは気にしない

あらゆることに対して、シンプルにとらえるのが鈍感な男の特徴。見たまま、聞いたままをそのままに受け入れるシンプルさがあり、人の発言や行動の裏を読むようなことをしません。それゆえに好意のサインに気づかない鈍感さが見られるのです。

しかし、好意的にとらえれば、細かいことにこだわらない大らかな性格だとも言えます。重箱のすみをつつくような、他人のあらさがしをするような行動はしません。ささいな言葉や態度で傷つくような、もろさもないでしょう。

(3)他人に興味がない

鈍感な男は、他人が何をやっていようが、何を考えていようが、基本的には「どうでもいい」と思っています。他人には興味がないので、相手のささいな気持ちの変化などには気づきません。

好意をもった女性が、好きな気持ちを示すために親切にしたり、いろいろ話かけたりしたところで、相手がなぜそんな行動をするのかは考えないでしょう。鈍感な男が気づいてくれないことに怒っても、「何をイライラしているんだろう」と不思議がるだけです。

(4)思い込みが激しい

「これはこうであるはず」「こうに決まっている」など、鈍感な男性は、自分の考え方に固執している面があり、何事も自分基準で考える思い込みの激しいところがあります。

鈍感な男に好意をもっている女性が、「すてきですね」「そんな所が好きです」とかなり好意を感じさせるアピールをしても、「自分のことなんて好きになるわけない」と思っているので、「好きかもしれない」という考えには至らないのです。自分の思い込みを優先してしまい、好意をもっている人がいても、その気持ちに気づけません。

(5)あえて鈍感であろうとしている

鈍感に見える人すべてが、生粋の鈍感ではありません。実は繊細で傷つきやすい自分が本当の姿なのに、あえて鈍感な男を演じてる可能性も。

感受性が強すぎて、敏感すぎる気質をもっている人を「HSP」と呼びますが、HSPの傾向がある人は、本来の繊細すぎる自分の性質のままだと、集団生活で疲れ果ててしまうために、対処法として鈍感なふりをしているケースもあります。

本当に鈍感な男との見分けは難しいですが、鈍感さを演じている人は、鈍いようで細やかな心遣いを見せたり、意外に細かい点に気づいていたりするものです。

3:LINEではこうアプローチ!鈍感男子を振り向かせる方法5つ

鈍感な男は、普通なら恋愛を意識しているとわかるアプローチで気づかないことも。ここでは鈍感な男を振り向かせるアプローチ法を紹介します。

(1)好意を隠さない

「今日こんなことがあった」「趣味について教えて」など、雑談のようなLINEでも頻繁にすると、「もしかして気があるのかな」と考えるのが一般の男性の思考。しかし、鈍感な男性には通用しません。「LINE好きな子だな」くらいの印象しかもたないでしょう。

鈍感な男性には、好意の気持ちが出ているLINEをするのがおすすめ。「一緒にいる時間がいちばん好き」「〇〇さんだけには何でも話せる」など、好きな気持ちが伝わる大胆なLINEくらいでちょうどいいはず。

(2)男性が興味ある話題をいっぱい振る

鈍感な男性に、好意のアピールをしても伝わりにくいもの。なかなか自分の気持ちを気づかせるのは難しいかもしれません。鈍感な男性には気持ちを気づかせるアプローチと同時に、自分を好きにさせるアプローチの両面から攻めてみましょう。

LINEでは男性が興味をもっている話などを聞いてみるのがおすすめ。男性は、好きなことや得意なことを語るのが好きな人が多い傾向にあります。「この人とLINEをしていると楽しい」と思ってもらうところから関係を深めていきましょう。

(3)何かと自尊心をくすぐる

鈍感な男性は、基本的に他人にあまり興味がない人が多いです。なので、自分のことを知ってもらおうと、あれこれ自分語りのLINEをしても、「つまらないな」「興味ないよ」となってしまう可能性があります。

LINEをするときは、男性の話題を中心に展開するといいでしょう。他人に興味がない反面、自分のことには敏感な面があるので、「〇〇くん、仕事できてすごいね」など、自尊心をくすぐるような褒めを意識したLINEがおすすめです。「自分に興味をもってくれる人」と印象づけたら、次第に好意をもつこともあります。

(4)デートに誘う

あまり気持ちが伝わりにくい相手と、ひたすらLINEを重ねてもらちが明かない面もあるでしょう。ある程度、仲良くなれたなら、関係を深めるために、LINEでデートに誘うのもおすすめです。

「最近話題の映画を見に行こう」「美味しいお店を見つけたから行かない?」など、男性が食いつきやすいデートを提案してみましょう。「一緒に行きたいところがあって」「ふたりでいろいろ話たいし」というように、「あなたと行きたい」という思いを強調すれば、鈍感な男性でも気持ちに気づくかもしれません。

(5)告白しちゃう

鈍感な男性にLINEでアプローチをし続ければ、次第に仲良くなって関係は深まってくるはず。しかし、「気持ちに気づいていないのかな」「両想いになっている気がするけど……」など、相手の気持がわからなくなってしまうことも。

向こうからアクションがないなら、LINEなどを使って、自分から告白するべきかもしれません。気持ちに気づくのを待つのも、可能性がないのにアプローチを続けるのも時間の無駄になってしまいます。告白して、答えを出したほうが賢明だと言えるでしょう。

4:鈍感な男へのアプローチはわかりやすく

鈍感な男は、他人の気持ちには鈍くても、自分の気持ちには敏感なところがある人もいます。男性の自尊心を満たすようなアプローチをしてあげると、効果的です。いずれにせよ、気持ちを伝えるときは、わかりやすさを心がけていきましょう。