恋のなやみに効くメディア

知能が園児…からかう男性の心理とは?うざい男のいなし方

毒島 サチコ

毒島 サチコS.Busujima

目次

隠す

1:からかうとは?

「からかう」とは、冗談を言ったりいたずらをしたりして、人をもてあそぶこと。子どものころ、女の子をからかっていじめる男の子って、いましたよね。

同窓会で久しぶりに会ったら、「実は◯◯のこと、好きだったんだよね」と言われ、「だったらなんでからかったりいじめたりしたの!」と、複雑な想いを抱いたことがある人も多いはず。実は好意の裏返し? 今回は、からかう男性心理について、考えてみました。

2:好きだからとかありえない!女性をからかう男性心理5つ

(1)幼稚だから

大人になれば、世界が自分中心に回っているわけではないことに気づくはず。

しかし、大人になっても自分中心じゃないと気がすまない男性は、女性に対し「どうしてこんなこともできないんだ!」と怒ったり、「どうせ君は~」とからかったりしがち。子どものまま成長しない男性は、大人になっても女性をからかい、挑発します。

(2)言葉を知らないから

からかうタイプの男性って、言葉を知らないがゆえに、相手の揚げ足をとったりする人が多いものです。自分の考えを正確に伝える言葉をもたない男性は、相手を揶揄することで自分のボキャブラリーのなさを隠そうしているのかも。

(3)人がイラつくのが楽しいから

相手を怒らせたり、イラつかせたりすることで快感を得るタイプの男性もいますよね。素直に感情を伝えることができないタイプの男性は、相手の気持ちを逆なですることで、いびつな形のコミュニケーションをとろうとしているのかもしれません。

(4)自信がないから

「弱い犬ほどよく吠える」という言葉があるように、自分に自信がない小さな男性ほど、相手に対して攻撃的で、からかったり批判したりすることも。それで無意識に主導権を握ろうとするのです。自信があり、余裕のある男性は、相手をからかったりしないでしょう。

(5)あなたのことが好きだから

女性をからかったり挑発したりする男性が、実は相手のことが好きだということは、子どものころだけではななく、大人になってからもよくあります。

ものすごく厳しい上司に、飲みの場に急に誘われたり、ライバル意識満々だと感じていた同僚に告白されたり。相手をからかう心理は、相手のことが好きだという本心の裏返しであることもあります。

3:からかう人への対応5つ

(1)相手にしない

からかうタイプの人は、相手が挑発に乗ってくるのを待っています。あなたが反応したり、怒ったりすれば相手の思うつぼ。相手にしないことが、もっとも有効な対抗策です。

(2)相手の矛盾をつく

からかう男性には、相手を嫌な気持ちにさせる目的しかありません。多くの場合、その言葉は矛盾をはらんでおり、冷静に対応すれば、簡単に論破できるもの。「あなたの言っていることって、結局こういうことだよね」と、きっぱり言い返すことも大切です。

(3)反対のタイプの男性をほめる

男性にとってもっとも恐ろしいことは、自分よりモテる男性と比べられること。相手を批判せず、尊重するタイプの男性をほめるだけで、からかうタイプの男性は萎縮して、それ以上挑発してこなくなるかもしれません。

(4)味方につける

こういうタイプの男性を味方につける、という方法もあります。よくも悪くも人に対して興味があり、関わろうとする意識の強い男性は、一度味方につけると、一気にあなたの味方になってくれるものです。

(5)自分の好意を確かめる

ズバリ、自分への好意でからかってくる男性に対しては、聞いてしまいましょう。

「もしかして、私のこと好きなの?」

さすがに言いにくければ、友人や同僚を通して揺さぶりをかけるという方法も。自分の本心に気づいてしまった男性が、その後どのような行動にでるかに注目です。

4:からかってくる男性への対処法3つ

(1)あらぬ方向を見ながら「本当にキライ」とつぶやく

挑発してくる相手に対しては、まっこうから向き合わないことが大切です。少し目線を外し、まるでひとり言のように「キライ」とつぶやき、「え? いまなにか言った?」と聞いてきたら、「ううん、ひとり言」と返します。

攻撃を受け止めずに、自分の気持ちを伝えることで、相手の機先を制する先方です。

(2)無視する

最大の攻撃は、無視するということ。どんなからかいや挑発に対しても、無視してスルーすれば、相手の攻撃を封じることができます。徹底的に関わらない。この世界に、相手が存在しないくらいの態度をとることで、相手をジワジワと追い詰めましょう。

(3)好意を受け止める

仮に、その男性にあなたが好意を抱いている場合は、徹底的に受け止めましょう。からかいや批判が、実は自分の好意だと気づいた瞬間の男性は、それまでとまったく違う形の情熱を、あなたに注いでくれるかもしれません。もちろん、相手選びは慎重に。

5:まとめ

女の子をからかうタイプの男性にイチイチ反応して、一喜一憂してしまうのは、損! 正面から向き合わず、適当にいなすことで、自分のペースを崩さないようにしたいものです。