恋のなやみに効くメディア

2回目のデートはどこまでOK?付き合う前のデートを成功させる方法

月島もんもん

月島もんもんM.Tsukishima

©gettyimages

目次

隠す

1:付き合う前の2回目のデートはどこまでOK?

好意を寄せている相手とデートしていると、「手をつなぎたいな」とか「キスしたいな」とか、「もっと仲良くなりたい」って思いますよね。しかし、急に距離を縮められることに戸惑ってしまう人がいるのも事実。特に2回目のデートでは、積極的なアプローチをしすぎたら相手に引かれるかも……といったことも考えなければいけません。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の未婚女性224名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「付き合う前の2回目のデートでは、どこまでOKですか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

おしゃべりまで・・・77人

手をつなぐまで・・・85人

キスまで・・・29人

ボディタッチまで・・・13人

エッチまで・・・6人

全部NG・・・14人

「手をつなぐまで」と「おしゃべりまで」、「何をされるのもイヤ」の回答が全体の79%を占めるので、多くの女性たちは、2回目のデートでキス以上のことはまだ早いと感じていることがわかりますね。

女性の意見はわかりましたが、男性はどう思っているのでしょうか。そこで今回『MENJOY』では、20~40代の未婚男性252名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「付き合う前の2回目のデートでは、どこまで進展したいですか?」という質問をしてみました。

おしゃべりまで・・・57人

手をつなぐまで・・・80人

キスまで・・・29人

ボディタッチまで・・・16人

エッチまで・・・34人

進展したくない・・・36人

女性と同じく男性も「おしゃべりまで」と「手をつなぐまで」、「特に進展したいとは思わない」に回答が集中しており、全体の69%を占めます。どうやら、男性も2回目のデートでキス以上はまだ早いと感じている人が多いようです。

2:どこまで進めたい?2回目のデートに臨む男性心理5つ

さて、今度は2回目のデートでどこまで関係を進展させたいと思っているのか、具体的な本音を男性をに聞いてみました。日ごろからいろいろな人の恋愛相談にのっているという占い師の草薙つむぐさんにお話を聞いてみました。

(1)キスしたい

草薙:相手のことを「いいな」と思っていて、付き合えそうだと思っているなら、男性は積極的になってキスを求めてくるかもしれません。しかし、その相手を恋人候補として見ているなら、2回目のデートでエッチしたいとは考えないでしょう。

逆にホテルに誘ってついて来るような女性の場合、「遊び相手ならいいかな」と本命から外されてしまうことすらあります。

(2)エッチしたい

草薙:相手のことをそれほど好きではなく、「遊び相手にちょうどいいな」と思っているなら、カラダの関係になれないかなと考えている可能性もあります。

ボディタッチが多い場合や、デートの待ち合わせ時間が遅く設定されている場合は、遊び相手として認定されている危険性があるので注意してください。

(3)相手の性格を知りたい

草薙:友達の紹介で知り合って2回目のデートをする場合などは、相手の性格をしっかりと見てから付き合うかを決めようと考えていることが多いでしょう。

男性なら誰でも、キスやエッチをしたいと思っているわけではありません。真面目な付き合いを求めている人は、相手がどんな人間なのかを知るためにデートに誘っていると言えます。

(4)楽しければそれでいい

草薙:何を求めるわけでもなく、ただ楽しければそれでいいと思っている男性もいます。何かを期待していないので、おしゃべりだけで終わったとしても、それが楽しければ問題ないわけです。

逆に言えば、キスやエッチをしたとしても、それが楽しくなかったり、あとあと面倒なことになりそうだったりする場合はできるだけ避けたいと思っているでしょう。楽しければどんなデートになっても、どこまで進展しようと構わないわけです。

(5)相手による

草薙:デートをする相手によって、どこまで関係を進めたいかの期待度が変わる場合もあります。かなり好きな人をであれば、キスをしようとして引かれるようなことは避けたいと思うでしょう。その場合はおしゃべりだけでも満足できます。

逆に「遊び相手としていいな」とは思っているなら、ホテルに連れて行こうと考えているかもしれません。

「ステキな女性だな」とは思っているけれど、相手の性格を見てからどうするかを決めようと考えているなら、「深い関係になるのはまだ早い」と思っている場合もあります。相手との出会い方や好きの度合いによって期待度は変わってくると言えるでしょう。

3:どこまでOK?2回目のデートに臨む女性心理5つ

今度は、2回目のデートに挑む女性心理についてご紹介します。元No.1キャバ嬢で恋愛ライターのナナミ・ブルボンヌさんにお話を聞いてきました。

(1)1回目のデートが楽しかった

ナナミ:1回目のデートが楽しかった場合、2回目のデートでも同じ楽しさを期待している場合があります。逆に言えば、それ以上でもそれ以下でもありません。2回目のデートも3回目のデートも楽しかったら、「恋愛対象として見てもいいかな」と思う可能性は高いでしょう。

この場合、2回目のデートでは、「まだそこまで意識していない」と言えます。

(2)相手のことをもっと知りたい

ナナミ:相手の男性を「恋愛対象内」と思っていても、すぐに交際をOKするわけではありません。相手がどんな性格なのか、もう少し様子を見てから決めたいと思っている女性は多いでしょう。

手を握る程度ならOKでも、それ以上はまだ無理……いろいろな人とデートしながら、もっともハイスペックな男性を探している女性もいます。

(3)彼との進展を期待している

ナナミ:相手のことがかなり好きだった場合、2回目のデートでも、キスなどを期待している場合もあります。ずっと好きな人からやっとデートに誘われた場合などは、女性側も早く進展したいと考えますし、相手を振り向かせられるように張り切っていることも多いでしょう。かなり脈アリな場合と言えます。

(4)おごってもらいたい

ナナミ:相手に脈はないけれど、ご飯をおごってもらえるからデートに行く場合もあります。この場合は「今日のご飯代が浮いてラッキー」として考えていないわけです。男性からすると悲しい事実かもしれませんが、こういう女性もいるので気をつけてください。

(5)デート内容に興味があるだけ

ナナミ:デート内容に興味がある場合もあります。例えば、気になっている映画に誘われた場合、誘ってきた相手に興味はないけれど、映画に興味があるから2回目のデートをOKするわけです。

4:場所選びに失敗しないで!付き合う前の2回目のデートを成功させるコツ3つ

今度は2回目のデートを成功させるにはどうすればいいのかについてご紹介します。

(1)相手の足元をみる

ナナミ:1回目のデートは、映画など沈黙が気にならないような場所に行くことが多いでしょう。それから、レストランや居酒屋などに入って、お互いのことについて話すと思います。

2回目のデートは、1回目よりも凝ったデートスポットになりがちです。そこで注意してもらいたいのは相手の靴。

もし女性がヒールを履いてきている場合は、脚への負担が大きいので、こまめにカフェなどに入って休憩することをおすすめします。男性がブーツを履いている場合は、居酒屋のお座敷席など、靴を脱いだり履いたりするような場所は避けたほうが無難です。

(2)場所選びを間違えない

ナナミ:2回目のデートは、場所選びが重要になってきます。1回目のデートで行った場所は避けるのが無難。例えば、2回続けて映画を見に行くような場合、「デートのレパートリーが少ない」と思われてしまいます。

1回目のデートで夜に居酒屋に入ったのなら、2回目のデートでは昼に美術館に行ってみるなど、時間帯と場所を変えてみると、より相手を知ることができます。

(3)ドライブデートのときはトイレ休憩を入れる

ナナミ:1回目のデートで映画などを楽しんだのなら、2回目のデートではドライブに行くなど、ちょっと趣向を変えてみるのがおすすめ。

しかし、ドライブデートに行くなら、気をつけておきたいポイントがあります。それがトイレと話題作りです。高速道路を走る場合、すぐにトイレに行けないので、こまめにサービスエリアやパーキングに寄るようにしてみてください。

また、車内で話題がなくなると無言の時間が続いて退屈なので、心理テストなど時間を潰せるような話題を用意しておくといいかもしれません。

5:まとめ

2回目のデートを成功させないと、当然ながら、3回目のデートの誘いはなくなってしまいます。そのため、デート前にはあまりLINEなどをせず、聞きたい話題を溜めておくといいかもしれません。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。

ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをするかたわら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。『キャバ嬢とヤレる極意』の著者。