恋のなやみに効くメディア

部屋を片付けられない!その心理や性格特徴、片付け上手になる改善策

平松隆円

平松隆円R.Hiramatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:片付けられないのはなぜ?片付けられない妻や夫と暮らすのはストレスにも…

テレビやネットなどでよく目にするのが、収納法など、片付けの仕方の特集です。これは、収納や片付けが苦手で困っている人が多いからと考えられますね。

特にこれからの新年度に向けて、引っ越しをしないといけないという人などは、どうやって片付けたらいいか、何から手を付ければいいかわからないーーなどと頭を悩ませているのではないでしょうか。

また、一緒に生活する人が、同じように片付けられない性格なら似たもの同士なので問題ないかも知れませんが、そうじゃないときは片付いていない部屋がストレスになって、ケンカばかりということにもなりかねません。それって、一大事ですよね。

2:自分でもわからないことも…片付けられない人の心理

では、一体どうして片付けられないのでしょうか。実は、片づけに関する心理学的研究というのは、けっこう存在しています。まずはそれらを参考に、片付けられない人の心理について考えてみましょう。

(1)何かに役に立つかもと思ってしまう

片付けられない人によくあるのが、「これはいずれ何かに使えるかも」と思って、とっておくタイプです。空き箱や包装紙や買い物袋などをクローゼットに溜め込んでいるという人に、この傾向があります。もちろん、役に立つ場合もあるのですが、そうでない場合がほとんどです。

(2)捨てることに不安を感じる

「捨てたあとに、必要になったらどうしよう」と不安を感じるタイプの人も、片付けが苦手だったりします。確かに仕事の書類など、シュレッダーにかけた瞬間に必要になったという経験が、筆者にもないわけではありません。しかし、そんなことって滅多に起こりませんよね。

(3)不要な物と必要な物がわからない

片付けとは、専門的には整理、整頓、収納、処分を含む行動として「不要な物を処分し、必要な物を分類、収納して、整った状態を保つ行動」と定義されます。つまり、片付けが苦手な人というのは、根本的に不要な物と必要な物がわかっていない場合が多いと言えます。

3:片付けられない人に共通する性格的な特徴5つ

それでは次に、片付けられない人に共通する性格的な特徴について考えてみましょう。

(1)おおざっぱ

片付けとは言い換えるなら、物の特徴に合わせて分類や組み合わせをして、収まるべきところへしまう作業のことです。ですが、おおざっぱな性格だと、多少収まりが悪くても「まぁいいか」と思ってしまうので、収まるべきところへしまわずにいることがあります。

結果的にそれで、片付けられていない状態になってしまうんです。

(2)めんどくさがり

片付けとは、自分の持ち物を不要になったときに捨てたりする行動です。自分にとって必要か不要かは自分にしかわからないので、片付けは自分にしかできないわけです。

ですが、めんどうくさがり屋な性格だと、片付けるという行動そのものがめんどうなので、片付けようとはせず、物が散乱した状態になってしまうんです。

(3)優柔不断

何かに役に立つかもと思ってしまったり、捨てることに不安を感じてしまったりすることに共通するのは、優柔不断な性格です。捨てたあとに必要になったらどうしようという考えが頭をよぎり、捨てる決断をくだせなくしてしまいます。

(4)捨てることを悪だと思ってしまう

子どものころに、物を大事にしなさいと言われて育ってきた人ほど、捨てることは悪いことだと思ってしまい、片付けが苦手になる場合があります。もちろん物を大事にするのはいいことなのですが、その結果、使わない物で部屋があふれてしまうことにもつながります。

(5)収集癖がある

物を集めるのが好きな人っていますよね。ただ、集めるのが好きでも、集めることに満足してしまって、飾ったり整理したりしないという人はけっこういます。そういう人も、結果的には物があふれて片付けられなくなってしまうんです。

4:片付けられるようになりたい!改善策3つ

それでは、片付けが苦手な人はどうすればいいのでしょうか。

(1)とにかく捨てる

片付けが苦手な人は、あふれる物をとにかく捨てましょう。もう、見ないで捨ててOKです。いちいち、必要か不必要か判断していたらキリがありませんし、そもそもその判断ができないから片付けられていないので、ドンドン捨てましょう。

(2)ルールを決める

細かなルールでは続かないので、大きな片付けのルールを決めましょう。それは、言い換えるなら収納の定位置みたいなものです。下着はどこの引き出しに入れる、調味料はキッチンのどこに置くなど。ルールを決めれば、習慣となって無意識のうちに定位置に置けるようになるものです。

(3)物を持ち込まない

とにかく捨てるのとセットで大事なのは、「物を持ち込まない」ことです。物を持ち込むと、結果的に物が増え、片付けられなくなります。つまりは、買い物をできるだけ我慢すればいいんです。

5:片付けられない大人は病気や障害の可能性も…

実は、研究でも指摘されているのですが、片付けが苦手なことに病気などが影響している可能性もあります。発達障害、特にADHDと片付けられないこととの関連についての指摘は多く存在します。また、「溜め込み症」という、片付けられないことと関連する精神疾患もあるとされています。

まとめ

研究によれば、片付けには、物の移動などの身体的能力や、片付ける物や空間を把握する知覚的能力、決断や注意、記憶といった認知的な能力が必要と言われています。そう考えると、片付けが上手な人のほうが少ないのかも知れません。

ですが、片付けがヘタなままだと、時間や金銭を損失したり、ストレスが増加したりするだけでなく、課題遂行の効率や集中が減少したり、対人関係に問題が起こったりすると言われています。つまり、片付けがヘタだとろくなことはない、ということ。それを踏まえても、ちょっとづつでも片付け上手になりたいって思いますよね。