恋のなやみに効くメディア

思い込みが激しい人ってめんどくさい…心理とは?イライラせずに付き合うには?

嬉野あけび

嬉野あけび

©gettyimages

目次

隠す

1:思い込みが激しい人の心理5つ

(1)自分の考えが正しい

思い込みの激しい人は、自分の考えが絶対に正しいと思っています。自分が正しいと思っているので、他人の意見は聞き入れないことが多いです。たとえ他人が正しいことを言っていても、聞く耳をもちません。ですので、周囲からは面倒くさい人と思われがちです。

(2)否定されたくない

思い込みが激しい人は、周囲から否定されたくないという気持ちがあります。否定されると、まるで自分自身を否定されたように感じ、大きく落ち込んでしまうのです。

そうやって落ち込むたびに、周りがフォローしなければならず、とても面倒くさいですし、付き合いにくい人だと思われます。

(3)被害者意識が強い

思い込みの激しい人の心理として、極端にネガティブで被害者意識が強いということころがあります。例えば、周囲が笑っているだけで自分が笑われていると勘違いします。

「もしかしたら馬鹿にされているのかも」と、まるで被害を受けたかのような気持ちになるのです。被害妄想が強すぎると、他人とトラブルになる可能性もあるでしょう。

(4)すべてをポジティブに捉える

思い込みの激しい人のなかには、過度に前向きな人もいます。「自分は素晴らしい人間だ」と思うのはいいことですが、度が過ぎるので周りが困惑することも多いです。こういった人は他人に優越感をもっており、見下すような態度をとります。

考え方がネガティブにしろ、ポジティブにしろ、極端な思い込みは周囲へ迷惑をかけてしまうでしょう。

(5)他人を信じていない

思い込みの強い人は他人を信じていません。「いつか裏切られるかも」と思い込んでいるのです。相手が自分を褒めたとしても、「何か裏の意味があるのでは?」と感じてしまうほど。相手の発言を勘ぐるのは失礼なことですし、自分にとってもマイナスにしかならないでしょう。

2:病気なの?思い込みが激しくなってしまう原因3つ

(1)周囲に甘やかされてきた

思い込みが激しい性格になってしまうのは、周囲から甘やかされてきたことが原因の場合があります。自分の考えを否定されたり、間違いを指摘されたりすることに慣れていないのです。ですから、指摘されるとショックを受け、極度に落ち込みます。

また、自分が正しいと思っているので、ほかの選択肢を受け入れられないことが多いです。

(2)自己肯定感が低い

思い込みが激しくなる原因の一つに、自己肯定感が低いことが挙げられます。自分には価値がないと普段から思い込んでいるので、他人から何かを指摘されると「どうせ私なんて……」と過度に落ち込むのです。他人のひと言に振り回され、精神的に不安定なことが多いです。

(3)自分だけが大変だと思っている

思い込みが激しくなるのは、自分だけが大変だという被害者意識が強いことも原因です。自分にネガティブな出来事が起こったときには、まるで悲劇のヒロインのように振る舞います。

「自分が一番大変」「自分よりかわいそうな人はいない」と思い込み、自分のことばかりを考えているので、他人への思いやりをもつ余裕がないのです。

3:思い込みが激しい人との上手な付き合い方5つ

(1)一定の距離を置く

思い込みの激しい人と付き合うのなら、一定の距離を置くことが大切です。人間関係には、相手との距離のとり方が色々ありますが、思い込みが激しい人を相手にするのなら、深入りしないことが大事です。

深入りしてしまうと振り回されて疲れてしまいますので、一定の距離を保つようにしましょう。

(2)自分を信じてもらう

思い込みの激しい人は、ネガティブなことが多く、相手を疑ってしまうところがあります。もし付き合っていきたいのなら、自分を信じてもらうことが大切です。

「あなたのことを大切に思っている」と、言葉で伝えるようにしましょう。なぜなら思い込みの激しい人は、裏切られるのではないかと常に不安に思っているからです。そういった不安を少しでもなくすことが大切なのです。

(3)ある程度は聞き流す

思い込みの激しい人は、自分が思い込んでいるだけで根拠のない話をすることがあります。それをまともに聞いていたら、こちらもストレスが溜まってしまいます。ですので、あまり関わりたくないと思っているのなら、否定も肯定もせずに聞き流すようにしましょう。

(4)スルーする

自分に自信のあるタイプの思い込みが激しい人は、常に自慢話をしてきます。それを本気で相手にすると、疲れてしまいます。そういうときは、自慢話を本気で相手にしないことが重要です。

(5)結論から話すようにする

思い込みの激しい人は、人の話を最後まで聞かずにそのまま前へ進んでいってしまう傾向があります。ですので、大事な話をしても最初だけしか聞いておらず、誤解されてしまうことがあります。対処法として、結論から先に話すと自分の話を誤解されないですむでしょう。

4:仕事でミスばかり…思い込みが激しい人を矯正する方法はある?

思い込みの激しい人は、その性格から仕事でミスを連発してしまうことがあります。対処法として、まずは業務上のマニュアルを作ること。なぜなら思い込みが激しい人に、暗黙のルールは通用しないからです。マニュアル化することで間違って思い込むこともなくなります。

次に間違った行動をとったときに、なぜそうしたのか紙に書かせてみましょう。その人の考えが視覚化されることにより、その人自身が客観的に自分を見ることができるようになります。紙に書いてもらうには「あなたの意見も参考にしたい」と切り出すといいでしょう。

5:まとめ

思い込みの激しい人についてまとめました。周りにいるかも……と思った人もいるのではないでしょうか。また、すでに周囲にいて、付き合うのが大変と感じているかもしれませんね。今回の記事を参考にすることで、関係が少しでもよくなるように願っています。