恋のなやみに効くメディア

外国人と付き合うには?出会い方やアプローチ方法から本気度の見極め方まで

梅島 綾

梅島 綾

©gettyimages

目次

隠す

1:外国人と付き合う前に知っておくべきことは?

日本国内でも、出身地などで価値観は変わりますが、外国となればその差はグローバルワイド。「いろいろな考え方の人がいる」「意見の相違があるのが普通」ということをしっかりわかっていないと、トラブルのもとになります。

また、日本人同士のお付き合いと大きく違うことのひとつが「デーティング期間」の存在です。これは欧米諸国に浸透している、付き合う前の言わばお試し期間。日本でも2~3回デートしてから付き合うかどうか決める人が多いですが、そのしくみに名称があるくらい一般化しているのです。

デーティング期間は一緒に出かけたりディナーをしたり、エッチをしたりするカップルもいますが、それはお互いを探り合うためであり、あくまでも「付き合っていない」という状況。複数並行して行われる場合もあり、「彼女」ではないので、家族や友達に恋人として紹介されるということもありません。

2:イベント?サイト?外国人と出会う方法3選

(1)マッチングアプリ

日本人の出会い同様、外国人との出会いも、マッチングアプリは王道のようです。筆者の周りでも、マッチングアプリで出会って結婚したカップルが1組います。お互い、恋人を探しているスタンスからのスタートなので、恋愛に発展するまでがスムーズ。

ただ、デーティング期間があるので「私と会いながら、まだアプリを続けてる」と不安になることもあるようです。

(2)クラブやバー

クラブやバーでの出会いは、お酒も入って、楽しい気分で仲良くなれるので、「フランクに話しやすい」という点ではいいでしょう。ただ、場の雰囲気に飲み込まれてワンナイトになってしまう可能性も。

実際に恋人を見つけた人も少なくないので、相手を見極める力を鍛えて臨みたいところです。

(3)イベント

こういったご時世で、あまり行われなくなってしまっていますが、各国の団体が交流と広報を目的に主催している国際イベントがあります。自分が気になる国のイベントに参加すれば、その国の人と出会いやすいかもしれません。

筆者は、台湾各地の夜市グルメが食べられる台湾祭というイベントに行って、日本が大好きだという台湾の男性と仲良くなりました。

何度かデートもして、お付き合いまでには発展しませんでしたが、いまでも連絡を取り合う良い友人です。たまにその友人(台湾人男性)を私に紹介しようとしてきます。なので、仲良くなった人が紹介してくれた人と付き合うことになった、というケースもありえそうです。

3:外国人男性は告白しない?付き合いの始まり方3つ

(1)友人や知人に「恋人」と紹介する

「付き合って」と言われる日本の付き合い方と違い、友人や知人がいる場で「恋人です」と紹介されて、自分たちが交際関係であると知ることがあります。

突然で驚いてしまいそうですが、複数人とお試しの関係のデーティング期間の終了し、特別な存在になったことを喜びましょう。もちろん、自分が「違うな」と思ったら、お断りすることはできます。

(2)「Like」→「Love」に変わる

「I like you」(好き)から「I love you」(愛している)に変わったら、デーティング期間ではなく、お付き合いが始まったというサインと考えて良いでしょう。同じ気持ちなら、恥ずかしがらずにこっちも愛していると言って応えましょう。

(3)自分から関係性を聞く

関係性について聞いてみたら、お付き合いすることになった。というケースも多くあります。男性側からアクションを起こしてくれることが多いですが、デーティング期間かもしれないからといって、付き合いたいという気持ちを我慢して、相手に合わせる必要はありません。

自分から付き合いを始めるきっかけを作るも、ひとつの手ですよ。

4:外国人男性の本気か遊びかはどう見極める?

自国の交際や結婚観について話してくれるかは、本気か遊びかを見極めるポイントになります。未来を見据え、本気で交際をするなら文化の理解を深め合うことが必要だと男性だって考えますからね。

家族との過ごし方や、デートの楽しみ方、結婚した親族や友人の話などをする機会も増えたと感じたら、本気と考えても良さそうです。

5:やっぱり優しいの?外国人彼氏のリアル実態5つ

(1)褒め上手

外国の人、とくに欧米の人は「褒める」ということに抵抗がないため、たくさん褒めてくれます。自分では短所だと思い込んでいたことも、チャームポイントとして認めてくれたり、少しの変化に気づいて嬉しい言葉をかけてくれたりします。

女性は褒められると、どんどん美しくなるので、嬉しいし美しくなれるし、いいことづくめと言えるでしょう。

(2)女の人に優しすぎる

レディーファーストという文化が浸透していない日本では、外国人男性の女性に対する優しさが、イコールで「好意のあるもの」に見えてしまいます。そのため、「普通、好きでもないのにそこまでする?」と感じてしまうシーンに直面することも多いようです。

ただ、これは男性からすればマナーにすぎません。「気にするだけ無駄」だそうです。

(3)ポジティブすぎる

外国人男性はポジティブな考えの人が多く、堅実に考える人からすると、ちょっと不安に感じることもあるようです。友人は、留学しているときにできたアメリカ人彼氏が「君と一緒なら、何とかなるだろう」というノープランで日本に来て、ドン引きしたそうです。

確かに、その気持ちは嬉しいですけれど、根拠のないポジティブさには戸惑いそうです。

(4)サプライズが上手

サプライズが上手というのは、外国人彼氏のとてもいいところです。韓国人の彼氏がいる友人は、100日記念日に家に帰ると、彼氏からのサプライズで、部屋中がかわいくアレンジされていて、帰った途端、感動で泣き崩れたそうです。

純粋に感動するサプライズもあれば、こっちが恥ずかしくなるようなサプライズや、セリフがロマンチックすぎて心の中で「恋愛映画か!」と突っ込んでしまうこともあるそうです。

(5)セックスレスになりにくい

日本では、長く付き合っているとセックスレスに悩むカップルも多いようですが、外国人男性と付き合うと、その心配はなさそうです。逆に、セックスが好きではない女性からすると、少ししんどいお付き合いになってしまうかもしれません。

6:まとめ

いろいろと書きましたが、結局は同じ国に住んでいてもまったく理解できない人もいるので、国の違いというよりも「文化や考え方の違いを、受け入れられるくらいに相手を好きか」なのではないかなと思います。国境を越えた、素敵な恋愛を楽しんでください。