恋のなやみに効くメディア

優秀な人材の見分け方は?めちゃくちゃ優秀な人の特徴5選

山根ゆずか

山根ゆずかY.Yamane

©gettyimages

目次

隠す

1:めちゃくちゃ優秀な人材とは?

優秀な人材は、どこにいても重宝されますよね。誰しも、できることなら少しでも優秀な人材として認識されたいと思うのではないでしょうか。

でも優秀っていったいどういうことなのでしょうか。めちゃくちゃ優秀な人材とはどんな人なのか、さっそく見ていきましょう。

2:ずば抜けて優秀な人材の見分け方はこれ!本当に仕事のできる人の特徴5つ

(1)周囲と調和することができ、謙虚である

優秀な人材とは、なんでもひとりでこなしてしまう人ではありません。優秀な人こそ、大きな仕事はひとりでは成しえないことを知っているため、一緒に働く人を大切にし、適材適所の作業分担を行います。

そのため優秀な人は、ほかの人が気持ちよく、いい仕事をして最高のパフォーマンスを上げられるよう、自分をチームに調和させることができます。また、自分の意見をはっきり言うと同時に、人一倍謙虚でもあります。

(2)結果を出すための孤独は甘んじて受け入れる

チームプレイは非常に大切ですが、一方で個人レベルでの成績も重要です。個人で出さなければならない結果を出すことは、時に非常に孤独なもの。逃げ出したくなることもあるでしょう。

でも優秀な人は、こんなときこそ諦めず、努力をし続けることができます。仕事は結果がすべてではありませんが、社員が結果を出さなければ会社は生き残れません。

孤独に耐えながらも会社が求める結果を出せる優秀な人材に、会社が多くの報酬やよりよい待遇を与えるのは当たり前といえるでしょう。

(3)お客様から怒られたら仲良くなるチャンスととらえる

怒られることは気持ちのいいものではありませんよね。でもあまりに怒られることに耐性がないと、仕事が前に進みにくくなる場合もあるでしょう。

優秀な人は、お客様に怒られるなどのトラブルが起こると、それを仲良くなるためのきっかけとしてとらえます。なぜなら、怒っているときは本音でものを言っている場合がほとんどだからです。

本気でぶつかってきた相手を一度受け入れることで、自分の望む関係を構築していける人こそ優秀な人材でしょう。

(4)人と違う道に進むことを恐れない

時に人と意見が異なる場合もあります。優秀な人は、それでも心から信じる道であれば、たとえひとりになっても自分の意見を突き通すでしょう。

人からバカにされたり、一時的に評価を下げられることもあるかもしれません。しかし、自分の仕事に妥協しないのも優秀な人材の特徴です。

(5)責任感がある

優秀な人は、責任感が強い傾向があります。仕事そのものに対してもそうですが、自分の部下を育てるということに対しても責任を感じています。

うまくいかなかったら部下のせいにするような上司は、たとえ成績が良かったとしても決して優秀な人材だとはいえないでしょう。

3:潰される前に辞めるべし!優秀な人材ほど早く辞めていくヤバい企業の特徴5つ

(1)評価体系が曖昧

適切な評価体系は、社員を平等に評価するために欠かせません。ところが一部の企業ではこの評価体系が曖昧で、上司の一存で評価が決まったりする場合もあります。

上司の独断力があまりに強くなると、部下は適切な場面で言うべきことを言えなくなってしまいます。評価体系がしっかりしていることは、会社として非常に重要なポイントです。

(2)パワハラが横行している

社内に怒鳴り声が頻繁に聞こえるような環境は、誰にとっても不健康です。どんな理由であれ、大人が怒鳴り声を上げ続けなければならない場面はほとんどないはずです。

パワハラが横行しているような会社には、優秀な人材は決してとどまらないでしょう。

(3)残業があまりに多い

残業があまりに多い企業も、優秀な社員が育つ環境とは言い難いでしょう。人間にはバランスが必要で、仕事のし過ぎは逆に効率を悪くしてしまう場合もあります。

ある程度は仕方がありませんが、残業があまりに多い場合は、会社のどこかにゆがみがあるといえるかもしれません。

(4)法律を順守していない

残業代を払わない、有給を取らせないなど、社員に認められている権利を侵害するような企業は、社員から信用されません。

信用できないような企業ではよい実績を残せるはずもなく、次第に人材も残らないことでしょう。

(5)尊敬できる人物がひとりもいない

社内に尊敬できる人がいないという会社も要注意です。多くの場合、会社にひとりは「この人みたいに仕事ができるようになりたい」「こんな人徳者になりたい」と憧れる存在がいることでしょう。

会社にいてもロールモデルがいないような場合は、優秀な人材を採用できない会社である可能性があるでしょう。

4:優秀な人材は独立する場合も多い

もちろん企業にも優秀な人材は多く存在しますが、創造性を兼ね備えた優秀な人材のなかには、ある程度企業で修業をした後に独立する人も多いです。

企業で働くにしても独立するにしても、優秀な人材はどこに行っても重宝されるものです。自分の長所を伸ばし、どんな環境においても生き抜くことのできる力を身につけたいものですね。