恋のなやみに効くメディア

泣きたいのに泣けないのはなぜ?原因と泣きたいときに泣く方法5選 

毒島 サチコS.Busujima

©gettyimages

目次

隠す

1:泣きたいのに泣けない!失恋して辛いのに…

泣きたいときに泣けなかった経験はありますか? 思い出や後悔が波のように押し寄せ、次へ進むためにも涙を流したいのに、なぜか涙が出てこない……。なぜ、悲しいのに涙が出ないのでしょうか。

2:泣けない人診断!泣きたいのに泣けない原因5つ

「泣きたいのに泣けない」には原因があります。今回は、失恋を例に5つ紹介します。

(1)現実を受け止められない

失恋した直後は、彼との思い出や失恋の痛手を受け止めきれず、現実に感情が追いついていないことがあります。涙を流したら、現実が突きつけられてしまう……。そう思うと、心が「悲しい」という感情を拒否してしまうのです。「心と身体のバランスが崩れてしまっている」状況と言えるのかもしれません。

(2)失恋の原因が、悔やみきれない

誤解や何かの手違いで破局が訪れてしまった場合、「ああすればよかった」という後悔に苛まれ、「もしかしたら、もう一度チャンスがあるのではないか」と思ってしまいますよね。そういうときは、「まだ完全に失恋したわけではないから泣く必要はない」という気持ちが強くなっているのです。

(3)相手に対する強烈な怒り

例えば、彼の浮気や不義理によって別れが訪れた場合など、腹が立ちすぎて泣けないということも。怒りは、ときに悲しみや涙を凌駕することがあるのです。

(4)別な涙を流しすぎた

恋愛中に涙を流していた人ほど、失恋したときにまったく涙が出なかったというのもよくある話です。DVや共依存といった関係にようやく終止符を打ち、涙も枯れ果てたあとに残る喪失感と安心感。

涙が出なくても、きっとこれでよかったんだと思えるように、自分を褒めてあげたいですね。

(5)もう、好きではなかった

彼と別れたのに、涙どころか、何の感情も出てこない……。もしかしたら、もう彼のことを好きではなかったのかもしれません。

恋は落ちるもの、コントロールできないもの。付き合っているときに、自分に「私は●●君が好きなはず」と言い聞かせていた恋ほど、終わったときに涙が出ないものです。だったら泣く必要はありませんよね。

3:思いっきり泣きたいときのツボはこれ!泣きたいときに泣く方法5つ

思いっきり泣きたい!というときもありますよね。そんなときに泣く方法をご紹介します。

(1)小説やマンガ・映画などを観る

自分自身の感情が追いついていない場合、小説やマンガ・映画に共感するうちに、自分の感情が追いついてきて、溢れ出すことがあります。自分を客体化するためにも、文学やエンタテインメントは重要です。泣ける映画を片っ端から見て、心の底から涙を流しましょう。

(2)旅に出る 環境を変える

いまの自分の感情を受け止められない場合は、旅に出たり、環境を変えたりするのもあり。それまでの自分から距離を置き、新しい出会いや刺激を通して、自らの感情が溢れる瞬間を探しましょう。大自然に触れた瞬間に突然涙が出てきた……という人も多いようです。

(3)涙活ツアーに参加してみる

いま話題の涙活ツアーに参加してみるのもありです。1泊2日のものから、数時間でカジュアルに参加できるものもあります。

自分にあったツアーに参加して、泣いて、気持ちを浄化するのもいいかもしれません。女性ひとりで参加している人も多く、しかも、全員泣く気で参加していますから、心おきなく泣けますよ。

(4)友人に話を聞いてもらう

やっぱり、泣きたいときは、「泣ける人」の前で話をすることが重要ですよね。苦しいときにふと相談したくなる、その人の前で泣きたくなる……そんな、自分にとって大切だと思える友人がいる人は、そのことに感謝しながら、ときには思いっきり甘えてみるのもいいかもしれません。

(5)時間が経つのを待つ

「悲しいのに涙が出てこない」ということは、自分自身の感情が、まだ涙を必要としていないからかもしれません。人は、一生泣かないということはありません。何か月、何年か経って泣けてきて、その涙が、失恋が癒えた証拠だと感じる日が訪れるかもしれません。

4:まとめ

涙を流すことは「悲しい」という感情のバロメーターであると同時に、精神的な傷やストレスが改善するという効果もあるそうです。

泣きたいのに泣けない……というのは、とても苦しいことですが、今回のように、なぜ泣けないのかと自分を客体化し、心と身体のバランスをとることで、涙という感情をとりもどせるかもしれません。

くれぐれも焦らず、ゆっくりと。