恋のなやみに効くメディア

8歳差カップルはうまくいく!よくある悩みと対処法…長続きのコツも

月島もんもん

月島もんもんM.Tsukishima

目次

隠す

1:8歳差の女性は恋愛対象になる?

一般的に男性は、どれくらい年齢差のある女性を恋愛対象として許容できるものなのでしょうか。年下と年上に分けて見ていきましょう。

(1)8歳年下の女性は恋愛対象になる?

男性は年下の女性を好む傾向にあるともいわれますが、8年年下の女性は恋愛対象になるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~30代の男性100名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「8歳“年下”の女性は恋愛対象に入りますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

入る・・・73人(73%)

入らない・・・27人(27%)

7割以上の人が「入る」と答えました。どうやら、8歳年下はさほど問題にならないようです。

(2)8歳年上の女性は恋愛対象になる?

年下には恋愛対象のゾーンが広いことがわかりましたが、年上はどうなのでしょうか。

そこで「8歳“年上”の女性は恋愛対象に入りますか?」という質問もしてみました。

結果は以下のとおりです。

入る・・・54人(54%)

入らない・・・46人(46%)

年下に対する回答よりも、恋愛対象に「入る」と答えた人は少なくなりましたが、それでも半数以上の人には許容範囲内のようです。この結果を見ると「恋愛は年齢ではない」と考えている人が多いことがわかります。

2:8歳差カップルの実態!年下彼氏によくある悩みと対処法3つ

今度は、8歳年下の男性と付き合ったときによくある悩みと解決方法について、体験談をもとにご紹介します。

(1)経済力に差がある

「私は30歳なのですが、彼は22歳で今年新卒として社会人になるんです。だから、経済力は全然ちがいますね。

デートで入るお店の値段を見て“ここ高くない?”って彼が驚くことがあるのですが、私からすると普通。彼のプライドを傷つけたくないし……と思って、入るお店には気を使います」(Tさん・30歳女性/会社員)

女性側が常に奢る、というのなら問題ないのかもしれませんが、割り勘デートなら、経済力の低いほうに合わせるのがマナーというもの。とくに相手が学生だと、経済力にはかなりの差が出るでしょう。

お家デートを多くして、お出かけデートは月に1回にしてその分お金をかけるようにするなど、付き合い方を工夫するといいかもしれません。

(2)相手に甘えられない

「8歳も年下だと、やっぱり甘えられないというのはあります。社会に出てからの人生経験ってとても大きいと思うので、年齢差でそれを感じることは多いです。だから、頼りないなって思うこともありますよ」(Tさん・30歳女性/会社員)

相手が頼りなく感じて甘えられないことも多いようです。とはいえ、どちらか一方が甘えるだけの関係はバランスが悪くなってしまうので、素直に「これやって」と言える関係性を築いていくといいかもしれません。案外、年上の女性から甘えられると嬉しく感じる男性は多いものです。

(3)結婚に対する価値観

「私は別に彼に結婚を急かすつもりじゃかったんですが、“友人が結婚した”とか“子どもを産んだって”と何気なく報告していたことがプレッシャーに感じていたこともあったようです。

確かにそろそろ結婚したいなという気持ちもないではないですが、彼からするとまだまだ先の話なんだと思います」(Tさん・30歳女性/会社員)

年下彼氏の場合、結婚を急かすと「ちょっと自分にはムリ」と別れを切り出されるケースも。とはいえ、結婚を視野に入れたお付き合いをしていきたい場合もあるでしょう。彼に結婚する意思があるのかを見極めて、ない場合には別れも視野に入れたほうがいいかもしれません。

3:8歳差カップルの実態!年上彼氏のよくある悩みと対処法3

今度は8歳差の年上彼氏を持つカップルの悩みと解決方法をご紹介します。

(1)ジェネレーションギャップがある

「8歳も年の差があると、さすにジェネレーションギャップを感じることがあります。例えば、私は学生のころによく西野カナを聞いていたんですけど、彼は“名前は知ってるけど、曲は聞いたことがない”とかそんな感じ。だから共通の話題で盛り上がることは少ないかも」(Uさん・25歳女性/会社員)

音楽やドラマなど、学生時代に親しんだものに愛着をもっていることは多いです。しかし、だからといって共通点を作っていくことができないわけではないでしょう。新しいことにふたりでチャレンジしていって、思い出を作っていくことでジェネレーションギャップを埋めることができるといえます。

(2)結婚を考える

「私はまだ25歳なんですけど、今すぐに結婚はちょっと考えられないです。もちろんいつかは結婚したいけど、今はまだそのときじゃないかなって。でも彼は33歳だから、結婚を考えていることが伝わってきます。結婚に対する意識には違いがでてきます」(Uさん・25歳女性/会社員)

結婚はふたりの人生を決める大きな決断ですから、しっかりと話し合いをしておくことをおすすめします。

プロポーズをされたとしても、「OKだけど、今すぐに籍を入れるのは待って」とお願いすることもできるので、お互いの「いいタイミング」を見つけるように意識してみてください。

(3)周囲に反対される

「8歳と年の差が大きいと、周囲からの視線は冷たいことが多いです。例えば、“どうせお金目的なんでしょ?”って言われることもありますし、“やめときなよ”って言われることもあります。理解してほしいとは言いませんが、せめて放っておいてほしいなって思うことは多いです」(Uさん・25歳女性/会社員)

大きく年の離れたカップルは、本人たちが気にしなくとも、周囲から好奇の目で見られることもあります。特に両親や親戚から反対されることもあるかもしれません。もしお互いに本気なら、周囲を納得させる関係性を築いていくことが大事。自分たちを応援してくれる友人を増やしていくつもりで周囲と接してみるといいかもしれません。

4:8歳差カップルを長続きさせる秘訣は?

今度は8歳差カップルが長続きする秘訣をご紹介します。元No.1キャバ嬢でライターのナナミ・ブルボンヌさんにお話を聞いてきました。

(1)年下彼氏の場合

七海:年下彼氏だからといって、彼を甘えさせてばかりいると、どんどん女性側の負担が大きくなってしまいます。そのため、「限度」をつけることが重要です。

また、頼りない部分もあるとは思いますが、そこは女性側が上手くフォローしてあげるといいでしょう。そのときに、男性をたてるようなフォローをすると、男性側も引っ張っていくことを覚えるようになります。

(2)年上彼氏の場合

ナナミ:年上彼氏の場合、案外、頼りない部分に幻滅してしまうことがあります。年齢が離れるとそのガッカリ度合いも大きくなるので危険。そのため、「年齢は上でも精神年齢ではそれほど変わらないのかも」と思っておくといいかもしれません。そして、ときには彼に甘えさせてあげることも大事です。

5:まとめ

今回は8歳差カップルについてまとめてみました。今まで多くの年の差カップルについて書いてきましたが、基本的には年の差が離れれば離れるほど、将来への不安が大きくなってくるようです。そこをどう乗り越えていくかが長続きの秘訣といえると思うので、意識してみてください。

【取材協力】

ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをするかたわら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。『キャバ嬢とヤレる極意』の著者。