恋のなやみに効くメディア

笑わない人がモテないとは限らない!笑みを見せたがらない心理と上手な付き合い方

月島もんもん

月島もんもんM.Tsukishima

©gettyimages

目次

隠す

1:笑わない人は感じ悪い?

(1)笑わない人への印象は?

面白いことがあってもあまり笑わない人っていますよね。そういう人にはどんな印象を抱く人が多いのでしょうか。

『MENJOY』が20〜40代の男女500名を対象に独自に行ったアンケートの結果をお伝えします。「笑わない人への印象」を聞いてみた結果のトップ5をご紹介します。

第1位:不機嫌なのかな・・・155人(31.0%)

第2位:笑わないことが気にならない・・・55人(11.0%)

第3位:人見知りなのかな・・・48人(9.6%)

第4位:怖い人だな・・・44人(8.8%)

第5位:性格悪そうだな・・・35人(7.0%)

「不機嫌」や「怖い」、「性格悪そう」など、多くの人は笑わない人に対してあまりいい印象を持たないことがわかります。「真面目そう」や「クールでかっこいい」など、ポジティブな印象を感じる人は割合としてかなり少ないようです。

(2)ラグビー界の笑わない男といえば…

笑わない男といえば、ラグビー選手の稲垣選手。バラエティ番組やクイズ番組にも出演しているのでご存知の人も多いでしょう。仏頂面でまったく笑顔を見せることがありませんが、寡黙な姿がストイックな人柄を感じさせ、印象は悪くありません。背中で語るようなかっこよささえ感じます。

笑わない人たちはどうして笑顔を見せることをしないのでしょうか。その心理を見ていきましょう。

2:なぜ笑わないの?その心理と特徴5つ

笑わない人はどんな心理や心境なのでしょうか。その特徴をご紹介します。いろいろな人の性格を鑑定してきた占い師の草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)面白いと思っていない

草薙:面白いことがあったとしても、そのことを面白いと思っていない場合は笑顔を見せないことがあります。

この場合、喜怒哀楽などの感情の起伏が落ち着いていて、楽しさや面白さを感じにくいと考えられます。

(2)人の視線を気にしていない

草薙:笑顔を見せない人は、他人からどう思われるかや、他人の視線を気にしていないといえます。

例えば、他人が冗談を言ったときに、面白くなくても愛想笑いをして場を和ませることがあるでしょう。笑わない人はこの愛想笑いすらしないため、人に好かれようと思っていないことがわかります。

(3)ストイック

草薙:ストイックな人であることもあります。

これは面白いことに興味がないだけではなく、面白いことに時間を割きたいと思っていないからこそ、笑うことがないと考えられます。

そのため、暇な時間は勉強をしていたり、筋トレをしていたりなど、常に向上心を持っている人である可能性があります。

(4)クールを装っていたい

草薙:笑わない人のなかには、自分をクールな人間に見せたいと思っている人もいます。

笑わない人はミステリアスだったり、何を考えているかわからなかったり、内面が見えてこないことが多いでしょう。そういう人をかっこいいと思っているからこそ、自分もそれを真似しているわけです。

(5)警戒心が強い

草薙:笑顔を見せない人は、警戒心が強い場合もあります。他人に自分の内面を見せたくないと思っていたり、自分の内側に踏み込ませないように壁を作っていたりなど、他人に強い警戒心を抱いているわけです。

後輩になめられたくないと思っている人などもこれにあてはまります。

3:笑わない人が意外とモテる理由3つ

今度は笑わない人がモテる理由についてご紹介します。引き続き草薙さんにお話を伺いました。

(1)社会ステータスが高い

草薙:企業の社長など、ステータスが高い人は笑う頻度が少ないことが挙げられます。

例えば、社長は社員の言うことに笑わなくてもよく、逆に社員は社長の言う冗談に無理して笑顔を見せている場合が当てはまります。

あまり笑わない人は他人に媚びる必要がないくらいステータスを持っていることがあるので、そのステータスが女性を惹きつけるわけです。

(2)ギャップ萌え

草薙:笑わない人は、ギャップ萌えの効果によってモテていることもあります。

例えば、普段は全然笑わないのに、自分の冗談に笑ってくれたり、一緒にいたときに嬉しそうな表情をしてくれたりすると嬉しく感じる女性は多いでしょう。

このギャップ萌えを演出できるために、普段笑わない人がモテることがあるわけです。

(3)信用できる

草薙:噂好きで冗談ばかり言って笑っている人よりも、普段は冗談も言わず、笑わない人のほうが信用できる場合もあるでしょう。

お付き合いをするということはプライベートを共有することになります。人によっては他人に知られたくないことがあることも。

他人にベラベラと喋って笑い話にする人よりも、しっかりとプライベートを守ってくれる寡黙で笑わない人のほうがモテるわけです。

4:笑わない人との上手な付き合い方3つ

続いて、笑わない人との上手な付き合い方についても、草薙さんに伺ってみました。

(1)相手の興味のある話をする

草薙:笑わない人は人見知りだったり、コミュニケーションを苦手にしていたりすることがあります。

そのため、笑わない人には、相手の興味のある話や相手が話したいと思える話題を見つけて、話を振ってみるといいかもしれません。

もし警戒心が強い場合は、「もうずっと恋人がいないんですけど、どうすれば恋人ができると思います?」とアドバイスを求めるような言い方で話を振ってみてください。相手は自分のことではないので、話しやすくなります。

(2)時間をかけて距離を縮める

草薙:笑わない人には時間をかけて距離を縮めることも有効です。

人付き合いが苦手である場合、すぐに心を開いてくれることはないでしょう。そのため、徐々に仲良くなるように時間をかけて信頼を勝ち取ってみてください。案外、仲良くなるとよく笑ってくれることがあります。

(3)ふたりきりで話してみる

草薙:大人数の場にいると表情が固くなってしまう人がいます。そういう人の場合は、ふたりきりで話をしてみるといいかもしれません。

プライベートで飲みに行ったり、ふたりきりになったときに話しかけてみたりしてみてください。そうすると、いろいろなことを話してくれる場合もあります。

5:まとめ

今回は笑わない人についてご紹介しました。笑わない人は一緒にいてつまらないと感じることもあるかもしれませんが、笑わせることができたら一気に親近感が生まれます。くだらない冗談を言って笑わせてみるのもいいかもしれません。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。