恋のなやみに効くメディア

人を好きになったことがない…好きになれない症候群の原因と対処法3選

松田優

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:人を好きになったことがない人が急増中?

草食系に干物系……「恋愛に消極的な人が増えている」といわれる時代、「一度も人を好きになったことがない」という人も珍しくなくなってきました。そして、そういう人の中にも、「そもそも恋愛に魅力を感じない」のではなく、「いつかは人を好きになってみたい」と思っている人もいるのです。

(1)人を好きになれない人でも結婚できる?

恋愛未経験者にとって、結婚というハードルは、何より高く感じるもの。しかし、人を好きになったことがないからといって、結婚を諦める必要はありません。価値観が多様化している現代、「結婚=恋愛」という図式が当てはまるとも限らないのです。

いわゆる「恋愛結婚」のセオリーからは外れるかもしれませんが、恋とは違う感情で相手を尊敬したり、お互いの生活の利害が一致していたりすれば、結婚という形をとることも可能です。一生を共に過ごすパートナーとの絆は、恋愛を通さなくても作れるでしょう。

ただし、一般とは違う形の結婚には、障害や壁がつきものであることも事実。家族や周囲の理解を得ることが難しい場合もあると覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

(2)人を好きになったことがない男女の割合は?

今回『MENJOY』では、独自のアンケート調査を実施。まずは、20代~30代の未婚男性164名に対して「人を好きになったことがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・112人(68%)

まだない・・・25人(15%)

好きになれない・・・27人(17%)

また、同じ質問を20代~30代の未婚女性175人に対しても実施しました。

こちらの結果は以下のとおりです。

ある・・・128人(73%)

まだない・・・23人(13%)

好きになれない・・・24人(14%)

男女共に、ほとんど同じような比率になっているところが興味深いですね。ある、と答えた人が多数派であるのは確かですが、人を好きになったことがない人、さらにこれからも好きになれないと思っている人も一定数います。まさに、現代人の恋愛に対する本音が見てとれる結果になりました。

2:人を好きになれない診断!好きになれない症候群の人の特徴5つ

人を好きになれない人の共通点には、どのようなものがあるでしょう。当てはまる項目が多い人ほど、「好きになれない症候群」は深刻かも……。

(1)現実主義者

恋は「心」でするもの。ロマンチック重視の感情は、非効率的で非現実的、理論や理屈、計算とは無縁です。許されない相手を好きになってしまったり、叶わない恋を諦めることができなかったり……夢を見ているような状態ともいえます。

だからこそ、計画的で、理論を重んじる現実主義者の人にとって、恋は理解しにくいかもしれません。恋愛を不毛なものとして捉えてしまい、冷めた目で見てしまう傾向があるのです。

(2)めんどうくさがり

恋愛という、ある種濃厚な人間関係を作るためには、それなりの努力や関わり合いが必要です。告白や駆け引き、嫉妬に別れ。恋愛にまつわるあれこれをめんどうだと感じるあまり、恋愛を敬遠してしまう人もいます。

自分の趣味や仕事を優先したいなど、「恋に時間をかけるのが惜しい」と感じる人は、「人を好きになる」という感情を封印しがちです。

(3)自己評価が低い

自信がなく、自己評価が低い人は、恋にも臆病になってしまいます。「いいな」と思う人ができたとしても、「こんな自分では人に好きになってもらえない」「釣り合わない」といった気持ちから、行動にブレーキがかかってしまうのです。

(4)高望みしすぎ

恋に憧れる気持ちはあるのに、なかなか好きな人ができないという人の中には、高望みをしすぎているパターンも考えられます。映画や小説、少女漫画のような出会いが現実に起こる可能性はまれ。あまりに高すぎる理想や、ありえない願望はリアルな出会いを遠ざけてしまいます。

(5)忙しすぎる

心の余裕がない人に、恋愛をすることはできません。日々忙しく時間に追われていれば、自分のことで精一杯。「人を愛する」という温かい心も生まれにくく、他人のよいところに目を向けることもできなくなります。恋ができるわけがありません。

3:恋愛できない病をこれで克服!人を好きになる方法3つ

これまで人を好きになったことがないからといって、恋を諦めるには早すぎます。「人を好きになる方法」を3つ紹介します。

(1)心を開く

「好きな人ができない」と後ろ向きになるのではなく、自分から前を向く努力をしてみましょう。自分の殻に閉じこもったままでは、他人との繋がりをもつことはできません。ましてや恋愛のような、特別な感情をもつことは難しくなってしまいます。

素直に、他人に対してオープンなマインドで接することが、ファーストステップです。

(2)時間の余裕を作る

仕事や勉強など、日々のタスクから完全に切り離された時間を作ってみましょう。最初は1時間でも30分でもいいでしょう。時間の余裕が心の余裕となり、恋の可能性をアップしてくれます。

(3)自分自身を好きになる

外見を磨く、仕事を頑張る、思いやりをもつ……恋愛を成就させる秘訣は、いくつかありますが、もっとも大切なのは「自分を好きになること」。

自分を愛せず卑屈になってしまうと、他人の長所を素直に認めることができなくなってしまいます。自己肯定感を高めれば、他人のよさにも目を向けることができるようになるのです。

4:人を好きになるとは?人を好きになる意味がわからない人に贈る「恋愛の名言」3つ

心に響く、恋愛の名言を3つご紹介します。

(1)「恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである」アルフレッド・テニスン(詩人)

恋をして人を好きになるのは、ある意味怖いことでもありますよね。嫉妬や妬み、失恋の苦しみなど、さまざまな困難と向き合わなければならないときもあります。けれど、恐れてばかりいては恋の喜びも手に入りません。一度は恋に向かっていく勇気をもつべきなのです。

(2)「恋愛とはふたりで愚かになることだ」ポール・ヴァレリー(詩人)

他人からどう見られようと、たとえ「バカップル」といわれたとしても、ふたりが幸せであれば問題ありません。本能や情熱の赴くまま「愚か」になることこそが恋愛。照れや恥かしさから、恋愛にのめり込むことができない人にこそ、心に留めてほしい名言です。

(3)「人は恋愛を語ることによって、恋愛するようになる」パスカル(哲学者)

友人の恋の話を聞いたり、恋愛映画や小説を読んだり……恋愛に関するものに触れることで、ロマンチックな気分もアップするはず。いつか芽生える恋心に気づくためにも、まずは予習をしてみることも大切です。きっとよい刺激を受けることができるでしょう。

5:まとめ

人を好きになったことがないからといって、これからも好きにならないというわけではありません。運命の人にまだ出会っていないだけなのだと考えると、これからの出会いが楽しみになりますよね。

恋のチャンスは突然訪れるもの。きたるべきときに備えて、まずはオープンマインドで、素直な気持ちを大切にしていきたいものです。