恋のなやみに効くメディア

純粋はモテる?性格の特徴と大人がピュアな心を取り戻す方法

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:純粋とは?

年齢を重ねるごとに「純粋さがなくなったな」と実感することはままあります。純粋さを失う経験をしたぶん、人生が豊かになっていることも確かですが、「純粋な気持ちを取り戻したい」と思うこともありますよね。

純粋でピュアな心を取り戻すために、「純粋」という言葉を詳しく知るところから始めてみましょう。

(1)純粋の意味

まずは、「純粋」という語句の意味を調べてみました。

じゅんすい【純粋】の解説

1 まじりけのないこと。雑多なものがまじっていないこと。

2 邪念や私欲のないこと。気持ちに打算や掛け引きのないこと。

3 そのことだけをいちずに行うこと。ひたむきなこと。また、そのさま。

4 哲学で、外的、偶然的なものを含まず、それ自体の内的な普遍性・必然性をさす。

5 学問で、応用を考えず理論だけを追究する分野。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「純粋」とは、「まじりけのない」「ひたむき」「いちず」といった意味をもち、清らかで清潔感のある印象を受ける言葉です。「純粋な人」というと、素直な人や、裏表のない人を思い浮かべますよね。

また、精神的な面だけでなく、身体的な清らかさを表す場合も「純粋」を使うことができます。

(2)純粋の類語

「純粋」と似た意味の言葉と言えば、「単純」や「純」、「シンプル」「純然」「純真」などが類語として辞書に記載されています。また、日常会話の中では「汚れがない」「清らか」「うぶ」なども、ほぼイコールで使われている言葉です。

純粋を使った四字熟語には「純粋無垢」がありますが、「無垢」にも「けがれがない」という意味があります。

(3)純粋を英語で言うと?

「純粋」は英語で「pure」。「彼女は純粋な心をもっている」と言いたい場合は「She has a pure heart」となります。また、「無垢」という意味の「innocent」も似た意味をもつ単語です。

英語の場合も「純度の高い水」を「pure water」と言うなど、精神的な面だけではなく、物の純粋さを表すときなどにも「pure」を用います。

2:男性にモテる!純粋な人の特徴3つ

男性を惹きつける純粋な魅力とは、どのようなものでしょう。その特徴を3つピックアップしてみました。

(1)裏表がない

恋愛では、誰もが誠実な関係を求めているものです。男性の前だけいい顔をする「ぶりっこタイプ」の女性や、表向きは清楚でも実は遊んでいる「隠れ遊び人タイプ」など、性格に裏表のある女性は嫌われるだけ。

その反面、裏表がなく純粋な人は信頼も得やすく、余計な疑いをもたれることもありません。信頼は自然と好意に繋がります。裏表のない純粋な人は、男性はもちろん同性にも好かれる人柄と言えるでしょう。

(2)素直

わざと冷たくしたり、もったいをつけたり……駆け引きは恋愛の醍醐味とも言えますが、あれこれ考えすぎて疲れてしまうこともありますよね。そんなとき、素直にストレートな気持ちを伝える女性が現れたら、男性がキュンとしてしまうのも当然です。

駆け引きや策略のない素直さは、恋愛において最大の美徳。素直な愛情表現をすることができる人がモテないはずがないのです。

(3)清楚

恋愛に慣れすぎていない女性を好む男性は多く、純粋=清楚さは鉄板のモテ要素。ピュアで初心な反応に、男ゴコロはくすぐられてしまうのです。

また、清楚で純粋な女性は一途なイメージがあるため、「浮気の心配がなさそう」「ずっと好きでいてくれそう」と感じる男性も。

3:デメリットも…純粋な人が嫌われる理由3つ

純粋であることは素晴らしいのですが、一方で長所は短所になりうるのも事実。純粋さが悪いほうへ向いてしまうケースをご紹介します。

(1)空気が読めない

「裏表がない性格」は純粋さの象徴とも言えますが、大人としての気遣いや気配りに欠ける面があるのも否めません。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言ってしまう純粋さは、ときに人の神経を逆撫でしてしまうものです。

本人としては悪気なく、心からの「純粋な気持ち」での発言でも、空気が読めないと判断され、反感を買ってしまうことはあるでしょう。

(2)あざとくみえる

あまりにも世間ズレしていない言動は、純粋を通り越してあざとく映ってしまうかもしれません。特に、それなりの経験を積んでいるはずの年齢となれば、純粋さばかりを強調するのはかえって逆効果です。

(3)浅はかにみえる

人を疑わない純粋さは好感度の高い要素ですが、ときとして浅はかに映ることもあります。他人の言葉をそのまま受け入れる素直さも、裏を返せば思慮の浅さと捉えられかねません。

わかりやすい詐欺にひっかかったり、騙されたり……「正直者が馬鹿をみる」という言葉もあるように、純粋だからこそ損をしてしまう姿は、浅はかで幼稚にみえてしまうこともあるでしょう。

4:大人になったら純粋になれない?純粋さを取り戻す方法3つ

大人になったからといって、純粋さをすべて失ってしまうわけではありません。真っ直ぐで一途な気持ちを思い出したいときに、試してみたい方法をご紹介します。

(1)子どもと触れ合う

思ったことをそのまま口にする素直さや、ひたむきな心、けがれのない考え方……幼い子どもならではの純粋さは、大人との付き合いの中では得られないものです。打算的ではない純真な子どもたちと直接接する機会をつくることで、忘れがちな気持ちをもう一度思い出すことができるはず。

子どもに関わることのできるボランティアに参加してみるなど、積極的な関わりをもっていくのもいいですね。

(2)環境を変える

ひたむきさや一途な気持ちは、日常に慣れ、マンネリ化してしまうことで失われていきます。となれば、環境を変え、日常から一歩離れてみることもひとつの方法です。いつもの環境から離れ、自分自身を客観的に見つめ直すことが、忘れていた純粋さを取り戻す助けになるはず。

誰も知り合いのいない場所にひとりで旅行する、新しい趣味を始める、人との付き合い方を変える……些細なことからでも、十分効果はあるでしょう。

(3)思い出を振り返る

誰でも最初は純粋な気持ちをもっているものです。入学したとき、入社したとき、付き合い始めや新婚時代。純粋でピュアな気持ちをもっていた時代の思い出を振り返ると、その気持ちが蘇ってくるかもしれません。

写真を見たり、当時のSNSを見返してみたりするのもいいですね。やる気に満ち溢れた、純粋な気持ちを思い出すことができるでしょう。

5:まとめ

純粋さと経験は、ある意味反比例するもの。人生経験を積めば積むほど、徐々に純粋さから遠のいてしまうのは自然なことかもしれません。

とは言え、純粋な気持ちを完全に忘れてしまっては、人としての温かみも失われてしまいます。恋愛でも仕事でも生活でも、ある程度の純粋さを保っていくことができれば理想的ですね。