恋のなやみに効くメディア

アンダーヘアを理想に形に!チクチクしない処理、脱毛の仕方を解説

月島もんもん

月島もんもんM.Tsukishima

©gettyimages

目次

隠す

1:アンダーヘアを処理していない女性ってどう思う?

アンダーヘアを整えているのと整えていないのとでは、どちらが男性に印象よく思われるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~30代の男性164名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「アンダーヘアを処理していない女性についてどう思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

好き・・・99人(60%)

嫌い・・・65人(40%)

どうやら、アンダーヘアをお手入れしない女性のほうが好感をもたれやすいようです。しかし、実際はお手入れしているのに、お手入れしていないと男性が勝手に思い込んでいるのかもしれません。わざわざ「アソコの毛をお手入れしている」とは、打ち明けないですからね。

2:男性が望むアンダーヘアの理想の形は?

今度は、女性のアンダーヘアの理想の形について男性の意見を見てみましょう。『MENJOY』では、同上の20~30代の男性164名に「女性のアンダーヘアの形についてあなたの理想を選んでください」と質問してみました。

トップ5の意見を紹介します。

第5位:Oライン型・・・5人(3.0%)

たまご型と言われることもあるOライン型のアンダーヘア。角が尖っていないので、柔らかい印象になりますし、範囲もそこそこ狭いのでどんな下着を身に着けてもはみ出すことはないでしょう。

しかし、ナチュラルな形ではないため、男性からの支持率はかなり低めと言えます。

第4位:Iライン型・・・26人(15.9%)

細い長方形の形をしているのがIライン型。大きめな四角形や、指2本分の太さのツーフィンガー、指1本分の太さのワンフィンガーと言われる細長い形もあります。

この形は、Vラインが細いデザインの下着や水着を身に着けるときに、はみ出す危険がありません。また、面積もかなり小さいため、ムレる心配がないのもメリット。ただ、男性からは遊び人と思われてしまうこともあるようです。

第3位:トライアングル型・・・37人(22.6%)

ナチュラルな形を残しつつ、Vラインを整えた形がトライアングル型。一般的なタイプの下着や水着なら、毛がはみ出すことはまずないでしょう。男性が見ても、お手入れをしていると気づきにくいのもポイントです。

ローライズの下着を身に着けるなら、小さめな三角形にしておくといいかもしれません。

第2位:アンダーヘアなし・・・41人(25.0%)

ハイジニーナと言われる、アンダーヘアなしも男性から人気でした。彼女とのエッチをする際に、「口でするときにラク」「清潔感がある」という意見もありました。

レース素材など布目の荒いショーツから、毛が飛び出したりするとかわいらしさが台無しですが、そういった心配もありませんね。

第1位:そのまま・・・49人(29.9%)

男性からもっとも人気が高かったのが、お手入れをしないそのままの状態です。ナチュラルな女性が好きな男性が多いことがわかります。

手を入れずとも、そのままの状態が美しくあってほしいという前提があるのかもしれません。下着からはみ出してしまう部分だけケアする、という程度で十分のようです。

2:アンダーヘアの処理でチクチクしない方法3つ

次に、アンダーヘアの処理方法をご紹介します。看護師の大木アンヌさんにお話を伺いました。

(1)長さを整える

大木:アンダーヘアを整えるときに、剃ってしまうとチクチクする原因となります。長さを整える程度にしておくといいかもしれません。下着からはみ出さない長さでカットするといいでしょう。

(2)電熱シェーバーを使う

大木:電熱シェーバーを使うのもおすすめです。これは、ハサミやカミソリのように「切断する」のではなく「燃やす」感じ。切った先端が丸くなり、チクチクが軽減できます。

(3)プロに頼む

大木:脱毛サロンやクリニックで処理すれば、チクチクしたり、下着からはみ出す心配もありません。お肌のトラブルに関しても安心できます。

3:アンダーヘアの処理のカミソリでのやり方3つ

カミソリを使って自分で処理する方法についてご紹介します。

(1)トラブルを避けるための準備

大木:入浴後、肌が柔らかいときに処理するのがおすすめです。また、肌トラブルを避けるためにも、手を清潔にしておくことも忘れないようにしてください。

(2)シェービングクリームを使う

大木:まずは、剃る部分のアンダーヘアの長さをハサミで短く整えて、剃りやすくしておきましょう。そして、シェービングクリームを塗り、毛の流れに沿ってゆっくりと剃っていきます。一気に行わず、こまめに動かすのがコツ。

(3)保湿する

大木:処理後は化粧水や乳液などでしっかりと保湿するようにしてください。粘膜の部分にはつかないように、また、敏感肌用などの低刺激のものを使うと安心です。

4:セルフでつるつる?アンダーヘアを自宅で脱毛する方法3つ

今度は、アンダーヘアを自宅で脱毛するためのやり方についてご紹介します。

(1)脱毛クリーム

大木:脱毛クリームを使う場合は、必ずデリケートゾーン専用のものを選んでください。また、購入した製品を初めて使用するときはパッチテストをして肌トラブルがないかを確かめて。

使用前は肌を清潔にしておきましょう。お風呂で体を洗ったあとがおすすめです。水気をしっかりと拭き取ってくださいね。

脱毛クリームはムラなく均等に塗ります。塗り方が薄いと、脱毛力や除毛力が落ちてしまい、うまく処理できないことがあります。説明書に記載されている時間が経過したら、スポンジや付属用品を使用してクリームを落とします。

クリームを取り除いたらぬるま湯ですすいで、水気を落とし、保湿しましょう。

(2)脱毛器

大木:家庭用脱毛器を使う場合、事前に二の腕の内側など、皮膚の薄い部分に照射テストを行ってください。必要であれば、サングラスを使用して目を光から守ることも大切です。異常がある場合は使用を控えて、医師に相談するようにしてください。

照射時には多少の熱が発生します。予め肌を冷やしておくと肌荒れのトラブルを回避できます。

準備が整ったら、脱毛したい場所に脱毛器を使用していきます。IラインやOラインに使用するときは、下着を身に着けて粘膜を保護するようにするといいかもしれません。使用後は保湿するようにしましょう。

(3)脱毛ワックス

大木:脱毛ワックスを使う方法もあります。ムダ毛が気になる部分にワックスを塗り、固まったら引き剥がしてムダ毛を抜いてしまう方法です。毛を抜いてしまうために痛みをともないますが、新しい毛が生えてくるまで、無毛の状態を保てるのがメリットです。

しかし、肌に強い刺激を与えるために、肌の弱い人は控えたほうがいいでしょう。使用後は保湿をしっかり行いましょう。

5:チクチクしないためには?長いアンダーヘアのカットの仕方

今度は、長いアンダーヘアを整える方法をご紹介します。

(1)下着からはみ出す部分をカットする

大木:まず、下着からはみ出す部分をカットしていきます。ハサミでもいいですが、切断面が斜めになるのでチクチクしやすいため、おすすめは上記でも紹介した電熱シェーバー。ヒートカッターとも呼ばれます。

カットするときには、手持ちのショーツの中で、もっとも面積が小さいもの履いた状態で、はみ出す部分を確認しながらがよいと思います。

(2)面積を小さくしていく

大木:カットしただけでは、まだはみ出してしまう……という場合には、全体の面積を小さくしていきます。はみ出してしまう部分を確認したら、できるだけ根元から毛をカットして、剃りやすくします。

そのあと、シェービングクリームをつけて、カミソリでやさしく剃っていきましょう。それ以降の方法は上記の3を参考にしてみてください。

6:どのくらい生えてる?Iラインのアンダーヘアを処理する方法3

次に、お手入れするのが難しいIラインの処理方法をご紹介します。

(1)肌を清潔にする

大木:Iラインの処理をするときも、ほかのムダ毛を処理するときの同様です。まずは肌を清潔にします。

(2)カミソリの処理方法

大木:Iラインのムダ毛を処理する方法でいちばんポピュラーなのは、カミソリを使っての処理でしょう。目の前に鏡を立てて膝を曲げて座り、Iラインが見えるようにして剃っていきます。

奥から手前に向かって剃るのがコツ。カミソリの刃で粘膜を傷つけないように気をつけましょう。刃にガードついているものを選ぶと、トラブルを避けることができます。処理後は肌を保湿することも忘れないように。

(3)ストレスフルなら電動シェーバー

大木:Iラインを処理は、体勢がとりにくく、慎重さもともなうためにかなりのストレスがかかります。その場合には、電動シェーバーを使うとよいかもしれません。商品によってはお風呂場で使えるのものや、VIO対応を謳ったものもあります。

処理後は保湿することを忘れないようにしてください。

7:まとめ

今回は、アンダーヘアの処理方法をご紹介しました。アンダーヘアが多いとムレたり匂いの原因になってしまったりとトラブルの元に。そのままがいいという声は多かったですが、適度に処理することをおすすめします。

【取材協力】

大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。