恋のなやみに効くメディア

バツイチ男性と恋愛するなら知っておこう!彼の脈あり心理や結婚のリスク

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:バツイチ男性は初婚女性にとって恋愛対象になりますか?

最近は離婚率の増加などもあり、「いいな」と思った男性がバツイチだったなんてことも頻繁にありそうです。

『MENJOY』では、20~30代の未婚女性117人を対象に独自アンケート調査を実施。「バツイチ男性は恋愛対象になりますか?」と質問してみました。結果は以下のとおりです。

対象になる・・・72人(62%)

対象にならない・・・45人(38%)

6割以上の人がなると答えていますが、バツイチ男性とは積極的に恋愛をしたくないと考える女性もかなりいるようですね。では、バツイチ男性とお付き合いするときには、どんな注意が必要なのでしょうか。

2:心の傷が癒えない?恋愛に慎重なバツイチ男性の心理5つ

女性の側が気にしていなくても、バツイチの男性の中には恋愛を避けるような行動をする人もいます。その心理を解説します。

(1)女性不信

離婚する原因はさまざまですが、相手の不倫や裏切りなど、元妻にされたことがトラウマとなっている可能性は高いです。一生一緒に生きていくんだと決めた相手に裏切られたら、誰だって次の恋が怖くなりますよね。

同じように裏切られるんじゃないかとビクビクしてしまうのも納得できるでしょう。

(2)離婚のショックから立ち直っていない

ふたりで話し合って円満に離婚をしたとしても、離婚のストレスは相当なもの。恋人と別れたのとは比べものにならないくらいの精神的ダメージを負っています。

本人が自覚しているかどうかはともかく、ストレスがかかっている状態なのは間違いありません。ですから、好きになった人がいても、全力を注ぐには時間が必要なのです。

(3)束縛されたくない

結婚生活で窮屈な思いをしていたバツイチ男性の場合は、離婚をしてから自由の魅力を再確認していることもあります。なので、恋人ができても束縛はされたくない、もっと自由を楽しみたいという気持ちから、積極的にアプローチをしない人もいるでしょう。

(4)バツイチはモテないという思い込み

離婚する夫婦が珍しくなくなってきたとはいえ、やはり離婚=失敗ととらえてしまうこともあります。バツイチ男性は、ひとりの女性と添い遂げられなかった自分に自信をなくしてしまっている可能性も。

そして世間からは冷ややかな目で見られており、バツイチの自分なんて価値がないと悲観的になってしまっているパターンもあります。

(5)再婚はできなくてもよい

一度経験してみて、「もう結婚はしなくてもよいかな」と考えているバツイチ男性もいます。こういう男性の場合、恋愛を必死にする理由がありません。結婚を目的としない恋愛なら、気楽にゆっくり進めても問題がないため、慎重になっているのかもしれません。

3:本気のときはこうなる!バツイチ男性の脈ありサイン5つ

バツイチ男性が再度結婚したい相手を見つけたとき、どんな脈ありサインを出すのでしょうか。基本的にはバツイチ男性も初婚の男性も脈ありサインは似ていますが、バツイチ男性に共通することをピックアップしています。

(1)結婚についての話をする

バツイチ男性にとっての再婚は、1回失敗しているぶん慎重になっている可能性が高いでしょう。なので、本気でない相手に対して、結婚の話は出さないのではないでしょうか。将来についてや結婚についての話題をしてくるのであれば、それだけ本気度が高いと判断できます。

(2)質問が多い

LINEでも会話でも、質問を多くしてくる場合は脈ありの可能性が大きいです。なぜなら、好きな相手でなければ興味はわかず、知りたいとも思わないからです。「休日何してるの?」とか「好きな食べ物は?」など、プライベートな質問が多めなら、あなたに恋をしていると思ってよいでしょう。

(3)デートに誘う頻度が多い

女性の扱いには、ある程度慣れていることが予想されるバツイチ男性。「どうやってデートに誘えばいいの?」「どんなお店がいいの?」なんて悩むことは少ないはず。ふたりきりでのデートに頻繁に誘われるなら、それは脈ありかもしれません。

(4)LINEへの返信が早い

LINEを送ると返事がすぐに返ってくるなど、連絡のマメさも脈ありサイン。バツイチ男性は、離婚から立ち直っていない状態では、女性とLINEを頻繁にする元気もありません。それが頻繁でかつ速度も早いということは、立ち直って新たな恋を見つけた証拠かもしれません。

(5)包容力を見せる

バツイチ男性は離婚したときに、自分に何が足りなかったのかをしっかりと考えている傾向にあります。その結果、女性のことをもっと受け止めてあげられる自分になりたいという結論に至っていることも多いです。

そのため、本気の恋を見つけたら、今度こそうまくいかせるために包容力を見せようとしてくるはず。

4:アプローチを受けたどうする?バツイチ男性と付き合うときの注意点3つ

バツイチ男性からアプローチを受けて告白され、付き合うことに……。そうなったらどんなところに注意が必要なのでしょうか。

(1)過去のことを聞きすぎない

バツイチ男性と付き合うとなると、過去の恋愛についていろいろと聞きたくなる気持ちもわかります。ですが、まだお付き合いの初期段階なら、彼が話すまで過去のことは聞きすぎないのが賢明です。

交際が長く続いていけば、男性のほうから自然な流れで話してくれるときが来るはずです。

(2)結婚を急かさない

バツイチ男性にとって、結婚はあまりよい思い出ではありません。ですから、付き合ってすぐの頃から結婚を急かしたり、結婚についての夢を語ったりするのはやめましょう。

バツイチ男性は二度と離婚はしたくないと思っていることが多いため、結果を急ぐと離れていく可能性があります。

(3)離婚、バツイチ、元妻に対して軽く発言しない

女性のほうがバツイチに対してネガティブな感情を抱いていなくても、離婚やバツイチ、元妻に関する発言にはかなり慎重にならなければなりません。

「バツイチなんて珍しくないよ」「バツイチだからって気にしてないよ」など、気遣った発言に聞こえるものも、どこに地雷が埋まっているかわからないので気をつけましょう。

5:バツイチ男性が再婚を決意する瞬間3つ

バツイチ男性とのお付き合いが続いていくと、そろそろ結婚したいなと思うのは自然なこと。では、バツイチ男性が再婚を決めるのはどんなときなのでしょうか。

(1)ありのままを受け止めてくれた

バツイチ男性は、周りが思っているより深く傷ついているケースも。そのため、自分が相手からどんな風に思われているのかに敏感です。そんなバツイチ男性がもう一度結婚をしてみたいと思うのは、離婚したことも含めて、いまある自分のありのままをすべて受け入れてくれると感じたときです。

(2)うまくやっていけると自信がついた

離婚に限らず、何か大きなミスをしてしまって臆病になったときには、自信が回復するまで時間がかかります。バツイチ男性も、ある程度離婚から時間が経ち、女性との恋愛を長く続けることができると、それが段々と自信になっていきます。

恋愛で彼女を喜ばせることができたり、彼女の笑顔を日々見たりしているうちに、「次は大丈夫だろう」と確信できる瞬間が来るのです。

(3)子どもができた

子どもができたから再婚を決意するというバツイチ男性が多いのも事実です。バツイチ男性にとって、再婚は初婚より大きな壁であるため、彼女の妊娠はその壁を乗り越えるキッカケになることが多いようです。

6:リスクも知っておくべき!バツイチ男性と結婚する前に確認すること3つ

バツイチ男性は女性についてよくわかっていたり、結婚に夢を抱きすぎていなかったりなど、結婚するメリットもたくさんありますが、もちろんリスクもあります。

バツイチ男性との結婚を考えたとき、最低限これだけは確認しておくべきこととはなんでしょうか。聞きにくいこともあるかもしれませんが、後悔しないためにしっかりチェックしておきましょう。

(1)離婚の原因

まずは離婚の原因です。お互いの価値観が合わなかったなら問題はありません。しかしDVや借金癖、不倫などが原因で離婚に至っている場合、同じことを繰り返さないという保証はありません。離婚の原因をきちんと話してくれて、それについて反省している気持ちが確認できないと、リスクは高くなります。

(2)元妻との現在の関係

離婚しているとはいえ、元妻や元妻との間にできた子どもとの縁は完全に切れているわけではありません。

子どもがいる場合には、特に確認の必要があります。元妻との連絡の頻度や子どもと会う頻度なども聞いておけば、再婚後トラブルになる可能性を減らせます。

(3)借金や慰謝料・養育費の有無

バツイチかどうかに関わらず、結婚してから相手に借金が判明したケースはよくあります。借金がなくても、バツイチ男性なら慰謝料や子どもの養育費を毎月支払っているかもしれません。

結婚すれば家計を共にするわけですから、ここをハッキリさせておかないと離婚の危機にもなりかねません。

7:バツイチ男性だからこそよい面も!

バツイチの男性との結婚はリスクがあるとお伝えしましたが、バツイチだからこそよい面もたくさんあります。精神的に自立していることが多かったり、家事に慣れていたり。バツイチかどうかではなく、あくまで離婚経験を含めたその人自身を見るのがいいのではないでしょうか。