恋のなやみに効くメディア

セックス・トイでもっと気持ちよく!選び方のコツとカップルで使う注意点

ミクニ シオリ

ミクニ シオリS.Mikuni

©gettyimages

目次

隠す

1:セックス・トイとは?どんな種類がある?

セックス・トイとは、セックスやひとりエッチの快感を増幅させるアイテムです。「大人のおもちゃ」と呼ばれることもあります。種類としては、振動で刺激を与える「ロータータイプ」や「バイブタイプ」などがあり、最近では「吸引タイプ」も人気です。

電池やコンセントで電力をとるタイプよりも、USBで充電できるものが主流になっていて使いやすく、自分の手でするよりも快感を感じやすいため、ひとりエッチ初心者の女子にもおすすめなのです。

2:初心者にも安心!セックス・トイの選び方5つ

セックス・トイとひと言に言っても、意外と種類が多いので何を買えばいいかわからない……という人も多いはず。そんな人のために、選ぶときの基準からお伝えしていきます。

(1)用途にあったタイプを選ぶ

まずは自分の用途に合うセックス・トイが何かを確認しましょう。ひとりエッチ用なら、自分が快感を得やすそうなものを選ぶ必要がありますし、中イキの練習用なら、膣に挿入するタイプがいいでしょう。また、セックスの時にふたりで使うなら「カップルトイ」と呼ばれるものがおすすめです。

(2)防水・静音などのオプションを確認

次に、自分が使うシチュエーションに合わせて、オプションを確認していきましょう。セックス・トイはモーターで動いているので、音が予想以上に大きいこともあります。誰かと同居しているなら、当然ながら、静音タイプのものがおすすめです。また、お風呂でも使いたい場合には、防水タイプかどうかの確認もしておきましょう。

(3)自分に合ったサイズを選ぶ

サイズも重要なポイント。特に挿入型のバイブやディルド(電動でない、男性のアソコの形をした模型のようなもの)は、大きすぎると痛いし、小さすぎると物足りない……ということも。通販で買う場合には、挿入部の長さと直径はしっかりチェックしましょう。

自分の膣内を測ることはできないので、正確に選ぶのは難しいですが……最初は日本男性の平均サイズに近い、14cm前後のものから試してみるのがおすすめです。

(4)多機能のものを選ぶ

機能性も重要です。振動の種類が豊富かどうか、強度設定があるかどうかはもちろんですが、ローター機能とバイブ機能を兼ね備えているものであれば、一石二鳥といえますし、最近では、スマホに連携できるものもあるんです。いつも使っているスマホで操作するほうが簡単!ということもあるでしょう。

「機能が多いほど高い」というわけでもなかったりするので、値段と相談しながら、最初は、なるべくいろんな使い方ができるものを選ぶといいでしょう。

(5)素材を確認

セックス・トイはデリケートな部分に使うもの。なので、素材選びも見逃せません。おすすめはシリコン素材。あたった感じが柔らかく、また冷たすぎもしないので、人肌に近いような感覚で使うことができます。安いセックス・トイの中には塩化ビニルなどが挿入部に使われていることもあります。ゴムにアレルギーのある人は注意してください。

3:カップルでセックス・トイを使うとき注意点5つ

恋人とのセックスでセックス・トイを使うときは、ひとりで使うときとは違う注意も必要です。

(1)ふたりで使えるものかどうか確認

まず、どのようにセックス・トイを使うのかを確認しましょう。ふたりで使うのなら、カップルトイと呼ばれる、コックリングなど、挿入中にお互いが快感を得られるものを購入するのがおすすめです。前戯の延長で使うのであれば、ひとりエッチに使うときと同じバイブやローターなどのセックス・トイでOK。

(2)使いっぱなしにしないように注意

よくあるのが、「セックス・トイを使いっぱなしにしたまま放置してしまう」こと。衛生管理は大事です。使用後は必ず専用のソープなどで洗浄し、よく乾かしてから収納しましょう。

(3)挿入タイプはしっかり前戯してから使おう

挿入して使うバイブタイプは、しっかりアソコを潤してから使ってください。濡れていない状態で無理やり入れると、中を傷つけてしまう可能性があります。

(4)調子にのりすぎないこと

多くのセックス・トイがバイブレーターの強度などを調整できますが、「誰がこれで気持ちいいの?」と思うくらい、唖然とするレベルまで用意されているものもあります。「気持ちいい」を通り超えて、痛みを感じてしまっては元も子もありません。

また、そもそもセックスで受ける刺激とは比べものにならないほど大きな刺激を感じることもあります。セックス中は盛り上がってしまって、ついついより強い刺激を試してしまいがちですが、パートナーにも「調子にのりすぎないでね」と先に注意しておくといいかも。

(5)必要に応じてコンドームやローションを使う

必要に応じてラブグッズも併用しましょう。思った以上にサイズが大きすぎてなかなか入らないときは、水溶性のローションが有効です。またセックス・トイにコンドームを被せて使用するだけでも、すべりがよくなりますし、衛生的にも安心です。

4:おしゃれ!かわいい!女性が取り入れやすいセックス・トイ3選

セックス・トイの保管にも悩む人も多いはず。ぱっと見ではわからない、可愛いセックス・トイなら、うっかり家族や恋人の目に触れてしまったときも安心です。

(1)定番だけど安心の日本製!「iroha」

この投稿をInstagramで見る

 

iroha公式(@iroha_pr)がシェアした投稿


筆者いちばんのおすすめは安心の日本製、オナホでおなじみの「TENGA」プレゼンツのセックス・トイ「iroha」です。外側からあてるロータータイプなら、ぱっと見ではセックス・トイとはわかりません。

機能も多く、さわり心地にも定評があります。初心者でも扱いやすいタイプといえます。

(2)ふたりで使うなら「SVR」

この投稿をInstagramで見る

 

TENGA(@tenga_pr)がシェアした投稿


恋人とふたりで快感を得たい人におすすめなのが、こちら。

男性器に引っ掛けて、挿入中にふたりで気持ちよくなることができます。保管しやすさとユニセックスなシンプルデザインが魅力です。

(3)インテリアとしても使える「カドリーバード」


ひよこのような見た目がかわいらしいこちらは、間接照明としても使える優等生。これならベッドの近くに置いてあっても、「普通」でしょう。しかも機能は話題の「クリトリス吸引タイプ」。「中ではイケない」という人でも快感を感じやすいと思います。

5:ひとりでも、ふたりでもたのしい

セックス・トイは、ひとりで使っても、ふたりで使ってもメリットがあります。「まだセックスやひとりエッチの快感がよくわからない」という人がセックスの練習と思ってセックス・トイに触れてみてもいいですし、カップルで使えばセックスのマンネリ解消にもなってくれます。

最初は購入に抵抗があるかもしれません。でも、筆者はセックス・トイを使いはじめてから、日々のひとりエッチが手軽になり、入眠がスムーズになりました(笑)。使い続けるうちに、セックスやひとりエッチという行為も、もっと楽しくハッピーなものに感じられるようになると思いますよ。