恋のなやみに効くメディア

セックスレスでも夫婦は続く?レスになる男女の心理と経験者に聞く解消法

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:20代、30代、40代…セックスレス夫婦の割合は?

『MENJOY』の過去記事『夫婦生活っていつまで?頻度と年齢を大公開!苦痛な場合の対処法も』で公開されている20代~40代の既婚者558人に行ったアンケート結果によると、セックスレスの数は557人中305人で、全体のおよそ54.6%という結果に。20代、30代、40代において半分以上の人がセックスレスに陥っていることになります。

また、一般的に20代より30代、30代より40代……と、年代が上がるにつれてセックスレスに陥る夫婦が増えるとされています。その背景としては、出産や子育てに追われ夫婦の時間をとりにくくなることや、年齢が上がるにつれて性欲が減退する人が多いことも挙げられるでしょう。

2:40代で夫が拒否?セックスレスになる夫の心理5つ

そんなセックスレスカップルが多いことが予想される40代。夫が拒否する場合の心理について見ていきましょう。

(1)妻に飽きた

残念な事実ですが、実際のところ「妻に飽きた」を理由にセックスレスになってしまう男性も少なくありません。結婚すると、よし悪しは別にしても、妻を「完全に自分のもの」と捉えてしまう男性もいます。そういったタイプほど、手に入れた女性に対して飽きてしまうこともあるようです。

(2)体力的な衰えで意欲がない……

年齢を重ねていくと、体力的に衰えを感じ、それまでのように性的な行為を求めなくなる男性も珍しくありません。

セックスという行為はそれなりに体力を使うもの。その体力が衰えてしまうと、「疲れているし、明日も早いし……」と、セックスへの意欲を撃退させていまいがち。それが原因で、セックスレスへと進んでいくこともあるでしょう。

(3)妻を女性として見られなくなった

出産を経ると、妻を女性として見られなくなる男性も多いと言われています。育児に追われている妻は女性というより、母親になってしまい性欲が湧かない……という話をよく聞きます。

また、結婚して何年も一緒に暮らしていると、家族という見方が強まったり、ただの同居人のような感覚に陥ったりする男性も。

(4)夫婦不仲

夫婦不仲に陥ってしまうと、セックスしたくないと思うのは当然の心理。夫婦生活をなんとか持続していくことはできても、そこにセックス を求めることはお互いにない状況です。性欲が強い男性であれば、浮気に走るタイプも見受けられます。

(5)仕事を優先したい

40代ともなれば、会社で立場がある仕事についている場合もあるでしょう。仕事を優先させたい気持ちから、セックスレスに陥るパターンも。仕事で疲れていたり、翌日の仕事のことを考えたり、仕事のことが頭から離れない男性は、それだけでセックスへの関心が薄れていくでしょう。

【関連記事】

セックスレスの期間が続くと別れもある…その原因や解消法

3:妊娠、出産がきっかけ?セックスレスになる妻の心理5つ

続いてはセックスレスになる妻の気持ちを解説。妊娠や出産がきっかけで、セックスレスになることが多いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

(1)夫を尊敬できなくなった

相手に尊敬の気持ちがないと、その気になれない……というのはよく耳にする女性心理。夫婦生活を続けるにつれて、夫の本性を知り、幻滅を積み重ねた結果として尊敬が薄れる話はあとをたちません。

特に「これ」という出来事があったわけではなくても、生活をともにしているうちにだんだんとその気になれなくなっていくのです。

(2)妊娠や出産を経て子どもを優先したい

妊娠や出産を経て、育児に追われるようになると、セックスどころではなくなる女性も多いのが現実です。体力的に限界を感じている女性ほど、少しでも時間ができると夫婦の時間よりも睡眠を優先したいのも心理でしょう。

(3)夫が浮気をしたorしていると思っている

夫が浮気をした、あるいは浮気をしていると思っている女性は、夫への嫌悪感からセックスレスに走りがちです。夫に対して復讐心が芽生える妻も少なくないでしょう。心情的にセックスどころではなく、夫が浮気をやめたあとも、ずっと拒絶し続ける話も多いです。

(4)年齢による欲求の減退

性的な欲求自体が、年齢を重ねることにより薄れる女性も多いです。夫への愛情が薄れたわけではなく、「スキンシップだけで十分」「キスをしていれば満足」と、セックス以外の夫婦間コミュニケーションを重視するようになる女性もいます。

(5)体調がすぐれない

女性は年齢を重ねると、体のリズムが崩れやすくなり、これが性欲に影響を及ぼす場合もあります。体調がすぐれないときには、セックスへの関心が薄れるもの。旦那さんに求められても「とてもそんな気分では」と思ってしまうのです。

【関連記事】

セックスレスでも仲のいい夫婦って何か問題ある?将来予測される危険性とレスの解消法

4:セックスレスを解決したい…経験者に聞く!セックス再開のきっかけ3つ

始まってしまったセックスレスが元どおりになるとき、そのきっかけはどんなものなのでしょうか。経験者に話を聞いてきました。

(1)2年間の単身赴任を経て新鮮な夫婦に

「うちは子どもがいないのですが、結婚3年目から完全なセックスレスに陥りました。そんな矢先、夫が単身赴任になり、2年間の別居生活に突入したんです。

単身赴任中も、特に仲が悪かったわけではないのですが、赴任明けで家に戻ってきてからは、離れていたのがよかったのか、新婚当時のようなラブラブ夫婦に戻りました。自然とセックスもするようになりました」(38歳女性/メーカー)

(2)義母と同居を機にデートの時間を作るように

「義母が年老いてきたので、同居をすることになりました。それまでは夫婦と子どもふたりの生活で、結婚5年目くらいからはセックスも皆無だったのですが……。

同居を機に、義母が子どもと留守番をしてくれると言ってくれたんです。夫婦で3か月に1回旅行に行けるようになりました。それから夫婦間のセックスが再開しました」(40歳女性/専業主婦)

(3)夫の浮気がきっかけで…

「変な話ですが、うちは夫の浮気が発覚したのを機にレスが解消しました。もちろん、浮気が発覚した当時は、夫への嫌悪感が強くて、とてもじゃないけれど、そんな気分にはなれませんでしたけど……。

夫が浮気相手との関係を完全に終えてから、1年ほど経ったときに、ふと“いろいろあったけれど、この人と結婚してよかったな”って思ったんですよ。そうしたら、無性に夫に抱かれたくなってしまって……。10年以上ぶりに私から誘ってセックスし、そこからレスとは無縁になりました」(43歳女性/不動産)

【関連記事】

セックスレスのブログ10選!これを読めば共感&セックスレス解消

5:離婚したくない!セックスレスでも夫婦円満を保つ極意5つ

セックスレスでも、離婚したくない!という人たちは多いでしょう。最後に夫婦円満を保つ秘訣についてまとめます。

(1)ホウレンソウは欠かさない

「ホウレンソウ」と言われる、報告・連絡・相談は夫婦間においても、円満な家庭を運営していくにあたり重要なポイント。ここを疎かにしないことで、相手が何を考えているのか、どこで何をしているのかが把握しやすく、夫婦間の信頼関係が継続しやすくなります。

(2)他愛のない会話を大事にする

食事の時間や、一緒にテレビを見ているときなどに、他愛のない会話を大事にするとセックスレスでも仲のいい夫婦を継続しやすいです。話題が見つからないときには、その日に食べたものなどをテーマにすると自然でしょう。

(3)適度なスキンシップ

セックスまではしなくとも、手をつないだりハグをしたりといった適度なスキンシップを継続することも、円満な夫婦でい続けるためには欠かせないコミュニケーションです。

(4)ふたりの非日常時間を設ける

たまにはふたりで映画を見たり、話題のレストランで食事をしたり、1年に何回かは旅行に行ったり……と、夫婦で過ごす非日常的な時間を作ることはとても大切です。日常の繰り返しによるマンネリを防ぎ、相手に対して新鮮な気持ちを持ち続けるうえでも大事です。

(5)無関心にならない

セックスレスになると、同時に相手への関心が互いに薄れてしまう夫婦も多いです。相手への関心を持ち続けることも、円満な夫婦関係の継続には不可欠。相手がいま、どんなものを食べたかったり、どんなことをしたいと思っていたりするのかを、注意深く知ろうとする努力も、夫婦間の信頼関係を継続する上では欠かせません。

6:まとめ

セックスレスに陥る夫婦は、あちらこちらで散見されますよね。一度レスに陥ると、改善を図るのに苦戦している男女も多いです。深刻なレスに至ってしまうほど、なかなか改善に踏み切れないこともあるので、早い段階で対策を打つことをおすすめします。