恋のなやみに効くメディア

苦しかった20代を越えて、30代の今がいちばん楽しいといえる理由「 バチェラー3」金子実加インタビュー【第21話・後編】ーシンデレラになれなかった私たちー

毒島 サチコS.Busujima

目次

隠す

Case21:「バチェラー3」で運命が変わった暴走シンガー

名前:金子実加(MIKA)30歳

京都出身。高校時代にフランスへ留学し、大学卒業後、歌手になる夢を実現するために上京。Amazon Prime Videoで配信中の婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン3に参加。「秘密主義」キャラで注目を集めるも、自己イメージとのギャップに悩み……。

自信を失う日々

「アーティストになりたい」と思いながら、上京して、曲を書き続けた20代。 30歳を間近に控え、友人たちが結婚していくのを見て、不安は膨らむばかり。

そのタイミングで飛び込んできたのが「バチェラー・ジャパン参加女性募集」の文字。

前編はコチラ

「ミステリアス」から「変わった子」そして「秘密主義」

オーディションを通過し、私は「運命の暴走シンガー」というキャッチコピーをつけてもらって、番組に参加しました。ところが、番組が放映されてすぐのこと。 番組を見た知人から、思いもよらないひと言が届きました。

「ミカって秘密主義なの?」

それは、番組の中で、ある人が私に対して放ったひと言がきっかけでした。とても驚いたことを覚えています。自分のことを「秘密主義」だと思ったことは、一度もなかったからです。

SNS上にも「陰湿そう」「言葉に裏がありそう」など、心無い言葉が並んでいました。それを見て、とても大きなショックを受けました。「ミステリアス」から「変わった子」、そして「秘密主義」というレッテル。私が発した言葉ではなく、知らない誰かの言葉を信じる他人が、私を追い詰めていきます。

番組によって独り歩きしていく、自分の知らない自分。 夢を追いかければ追いかけるほど、自分が自分でなくなっていく。私は、自分らしく素直でいることが、だんだんと怖くなっていきました。

「本当の私を表現しても、受け入れてくれないかもしれない」

SNSにあふれる誹謗中傷に傷つき、自問自答する日々が続きました。 私は、みんなが思っているような性格じゃないのに……。

何もする気が起きずに、ただ淡々と過ぎていく日々を過ごしているとき、撮影から帰国し、そのままになっていた荷物の中から、忘れかけていたものを取り出しました。

それは、番組参加中、自分の気持ちを書き留めていた、一冊のノートでした。

もやもやした思いを歌に

「バチェラー3」を撮影している間、参加者は、外部との接触を制限されます。 私は気持ちを整理するために、ノートに毎日、自分の想いを書きとめていました。

悲しいこと 苦しいこと 拭うのは自分で

誰かじゃない あなたじゃない いつかの誰でもない

そこには、そのとき感じていた、赤裸々な言葉が並んでいました。そして、今の自分の気持ちを昇華するために、歌を作りました。

タイトルは「ROSE」。

配信を開始してすぐ、思いがけないことが起こりました。

番組を見た多くの女性たちから、SNSでダイレクトメールが届くようになったのです。

「幸せな気持ちになりました」

「私も頑張ろうと思いました」

また、曲を聴いてくれた親友や家族からも、メッセージが届きました。

「ストレートでミカらしい歌詞。すごくいいね」

小学生の時から思い描いていた夢に、再び火がともった気がしました。

好きなバンドの曲を聴き漁った日々。あのときのような、幸せな気持ちをくれる存在に、私もなりたい……。「本当の自分ってなんだろう」と思いつめてつくった曲が、番組を見た人や大切な人たちの 心を動かしている……。

「ROSE」の中には、こんな歌詞があります。

変えていこう 今ここからLife is not all roses.

運命って 切り開くの また会えるでしょ…

悲しいこと 苦しいこと 拭うのは自分で

誰かじゃない あなたじゃない いつかの誰でもない

私は初めて、素直に、ありのままの自分を表現できた気がしました。

考察:つらい経験が女を強くする

金子実加さんは、取材のあと、こう語りました。

「以前は、個性や美しさを表現することが、成功につながるって思っていたんです。でも、今は考えが変わりました。誰かの役に立って、今ここに存在することを肯定する、つまり自分で自分を認めてあげることが、いちばん大切なんだって気づくことができたんです」

30歳を迎えて思うこと

「大切なことは、想いを届けること。行動すること。30歳になって、いっそう今を楽しく感じられます。恋愛観も変わりました。これまでは、情熱的で激しい恋愛ばかりしてきたけど、今はお互いが尊敬し、尊重しあえる男性との時間を大切にしています」

もがき苦しみながら手に入れた、表現者として、そして女性としての充実感を、今も彼女は歌い続けています。

【今回のゲスト】

金子実加

Amazon Prime Videoで配信中の婚活サバイバル番組『バチェ ラー・ジャパン』シーズン3に参加し、「運命の暴走シンガー」として注目を集める。現在、番組参加中に作詞作曲した「ROSE」が好評配信中。 オフィシャルHPも要チェック。

【筆者プロフィール】

毒島サチコ


photo by Kengo Yamaguchi

愛媛県出身。恋愛ライターとして活動し、「MENJOY」を中心に1000本以上のコラムを執筆。現在、Amazon Prime Videoで配信中の「バチェラー・ジャパン シーズン3」に参加。

【過去の連載はコチラ】

私が妄想恋愛ライターになるまで…毒島サチコの自己紹介【第3話・前編】

オーガズムに導く70歳の「イカせ屋」に会いに行った美人女医【第4話・前編】

セックスと愛は別物?セックスレス婚をする34歳女教師のこれから【第11話・前編】

バチェラー3で「一番になれるのは私だけ」と鮮烈な印象を残した李起林(イ・ギリム)インタビュー【第14話・前編】

アラサー処女が初体験を迎えた日【第15話・前編】

付き合うって何?セフレとどう違う?コロナ禍で悩むアラサー女子が出した答え【第17話・前編】