恋のなやみに効くメディア

果物狩りデートは「付き合う前デート」に最適ってホント?注意点やNG行動も

手嶌 ユリ

目次

隠す

1:果物狩りデートはおいしい&楽しいの一石二鳥!

おうちデートやご近所デートなども、そろそろマンネリ化してきますよね。過ごしやすい季節になってきたこともあり、新しい刺激やとっておきの思い出がほしい! そんなカップルには、果物狩りデートがおすすめです。

季節の果物を食べられる幸せと、ショートトリップならではの非日常感。バスツアーなども多く、手軽なレジャーとして、恋人たちの間でかなり注目が集まっているようですよ。

2:【季節別】デートで狩りたい♡果物5選

ではさっそく、どんな果物狩りデートが楽しめるのか、チェックしていきましょう。

(1)シャインマスカット・ぶどう狩り

黄緑色で大粒のシャインマスカットは、皮ごと食べられる手軽さと、みずみずしい味わいが特徴で、近年、人気急上昇中の高級フルーツです。巨峰などと同じく、8月中旬~9月下旬にかけてがベストシーズン。ワインも有名な山梨県甲州市には、巨峰やデラウェアなど多様なぶどう農園があります。

(2)梨狩り

梨の収穫時期は8月~10月中旬なので、真夏の暑さも落ち着き始めて、デートに最適といえるでしょう。全国各地で採れる梨ですが、関東圏では、東京からもアクセス良好な千葉県松戸市や埼玉県所沢市に、梨狩りスポットがあります。

(3)さくらんぼ狩り

6月中旬~7月上旬が季節のさくらんぼ。ベストシーズンはかなり短いので要注意。真っ赤なさくらんぼをお腹いっぱい食べられるのは、とても贅沢なデートですよね。エリアとしては、有名なブランドフルーツである「佐藤錦」が食べられる栃木県宇都宮市や、さくらんぼ農家が多くある群馬県みなかみ市などが良さそうです。

(4)いちご狩り

いちごの旬は1月~3月と寒い時期ですが、暖かくなり始める4月はいちご狩りの料金が安くなるので意外と狙い目。4月〜5月のいちごは水分を多く含み、真冬のいちごよりも果肉が柔らかいそうです。「とちおとめ」が有名な栃木県はもちろん、近いところでは神奈川県横浜市や埼玉県さいたま市でも堪能することができます。

(5)みかん狩り

みかん狩りの最盛期は10月下旬~12月上旬。寒い時期ではありますが、おいしいみかんを味わいつつ、「寒〜い♡」なんて身を寄せ合えば、愛も深まる素敵なデートになることでしょう。神奈川県小田原市や伊勢原市にはみかん農園がたくさんあります。また周辺には温泉地や観光地も。

3:【服装・足元etc.】果物狩りデートに行くときのポイント3つ

(1)露出は避けて

フレッシュな果物というのは、人間だけでなく、虫たちの大好物でもあります。デートだからといって、ショートボトムやノースリーブなどの露出は避けたほうが無難でしょう。ちなみに筆者がシャインマスカット狩りデートに行ったときは、蚊に6か所も刺されて痒すぎて、デートを楽しむどころではありませんでした。

(2)サンダルよりもスニーカー

桃やシャインマスカット狩りの季節は夏ですが、足元はサンダルよりもスニーカーがおすすめです。サンダルだと歩きにくいうえに、足元が汚れてしまいます。もしも前後の予定などで、どうしてもサンダルで行きたい場合は、ウェットティッシュやボディシートを常備して、すぐに汚れを拭き取れるようにしておきましょう。

(3)現金を用意する

果物狩りを楽しむには、少し都会から離れた場所に行くことが多いです。ICカード払いや、電子決済・クレジットカード決済が主流になりつつある昨今ですが、現金を持っておくべきでしょう。不慣れな土地でコンビニやATMを探すのも手間になります。ちょっとしたお土産や軽食を買う際に困りません。

4:果物狩りデートのNG行動3つ

(1)狩りすぎはダメ!

さくらんぼやいちごは、ひとくちでパクパクと食べられるので量のコントロールができますが、シャインマスカットや巨峰は、一回ハサミでパチンと切ったら、一房でだいぶお腹にたまります。制限時間のオーバーや、満腹で食べきれないという場合、グラムで買い取らなければならない農園もあるので気をつけましょう。

(2)ノープランで行くのはNG

果樹農園は予約制のところが多く、混雑状況も曜日ごとに異なるので、事前に電話で予約しておくと良いでしょう。併せて「軽くランチでも」となったときのために、近隣の飲食店も調べておくとスムーズ。定休日や営業時間が短いところも多いので、「行くところがなくて困った!」という状況を回避することができます。

(3)好きじゃない人とは行かない

果物狩りデートというのは、長めの時間を共に過ごすことになります。なので、付き合う前デートで選べば、相手のことをちゃんと知ることができる充実したデートに。しかし「この相手とまる一日デートはまだきついかも……」といった浅い関係性の場合、すぐには帰ることもできず、けっこう苦しい思いをする可能性も……。

5:まとめ

四季のある日本は、季節ごとに旬な果物を楽しめる豊かな国。フレッシュで栄養たっぷりな果物をカップルで食べれば、愛情もプラスされて、より一層おいしく感じることでしょう。